FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

カトゥッルス第14歌 気の利いた贈り物

Ni te plus oculis amarem,
iucundissime Calve, munere isto
odissem te odio Vatiniano:
nam quid feci ego quidve sum locutus,
cur me tot male perderes poetis?    5
isti di mala multa dent clienti,
qui tantum tibi misit impiorum.
quod si, ut suspicor, hoc novum ac repertum
munus dat tibi Sulla litterator,
non est mi male, sed bene ac beate,   10
quod non dispereunt tui labores.
di magni, horribilem et sacrum libellum!
quem tu scilicet ad tuum Catullum
misti, continuo ut die periret,
Saturnalibus, optimo dierum!      15
non non hoc tibi, salse, sic abibit.
nam, si luxerit, ad librariorum
curram scrinia, Caesios, Aquinos,
Suffenum, omnia colligam venena,
ac te his suppliciis remunerabor.     20
vos hinc interea valete abite
illuc, unde malum pedem attulistis,
saecli incommoda, pessimi poetae.

16 salse al false G : false O R

もし君を,自分の眼よりも大切にしていなきゃ,
親愛なるカルウゥス君,君のその贈り物のせいで,
僕は君を,ワーティニウス*1の憎しみ様で憎んでいるところだよ.
だって,君がこれほどの詩人でもって,僕をこっぴどく参らせるような事を,
この僕がしたり言ったりしただろうか.
君のそのお客さんに,神々がたっぷり災いを与えんことを,
これほどの不敬なものを君に送りつけたそのお客に.
しかしもし,僕は疑ってるのだが,この新しい掘り出し物の
贈り物を君に与えたのが,スッラ*2先生だったら,
僕は悪い気はしないで,かえって幸せ至極な気分だよ,
君の苦労が無駄にならないからね.
偉大な神々よ,なんとおぞましく不吉な本か!
そいつを君が,友たるカトゥッルスに送ったのは,
僕が一日中くたばっているように,とのことだろう,
最上の日,サートゥルナーリア祭*3に.
いや,いや,ふざけた奴め,こんな風には終わらせないぞ.
だって,明るくなったら,本屋の
本箱の所にひとっ走りして,カエシウスやアクィーヌスの類いや,
スッフェーヌスなど,あらゆる毒をかき集めて
そうしてこの罰を君に送り返してやるから.
ところでお前達は,さらばだ,ここから
あっちへ行ってしまえ,お前達が悪い足を引きずって来た所へ,
希代の悪災,最悪の詩人どもめ.


*1 カルウゥスはワーティニウスを弾劾している.第53歌参照.
*2 不詳.
*3 12月17日に始まり,数日続く祭りで,贈り物がされる.


【2006/10/30 19:44】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第37歌

Salax taberna vosque contubernales,
a pilleatis nona fratribus pila,
solis putatis esse mentulas vobis,
solis licere, quidquid est puellarum,
confutuere et putare ceteros hircos?     5
an, continenter quod sedetis insulsi
centum an ducenti, non putatis ausurum
me una ducentos irrumare sessores?
atqui putate: namque totius vobis
frontem tabernae sopionibus scribam.    10
puella nam mi, quae meo sinu fugit,
amata tantum quantum amabitur nulla,
pro qua mihi sunt magna bella pugnata,
consedit istic. hanc boni beatique
omnes amatis, et quidem, quod indignum est, 15
omnes pusilli et semitarii moechi;
tu praeter omnes une de capillatis,
cuniculosae Celtiberiae fili,
Egnati, opaca quem bonum facit barba
et dens Hibera defricatus urina.      20

色宿と,そこの君たち常連よ,
帽子冠った兄弟の神殿*1から9番目の柱よ,
君らだけに男根が付いていると思っているのか,
君らだけが,どんな女の子でも
姦淫する事ができて,残りの男は山羊だと見なしていいなどと?
それとも,無粋な君らは,
100人や200人も連なって座っているから,僕があえて
200人して座っている君らの口に,一度でアレを突っ込みは*2しないだろうと思ってるのか?
まあ,そう思っているがいい.なぜなら僕は,
宿の正面全体に,君らのアレを書くつもりだからさ.
なぜなら,僕の懐から逃げ出した,僕の彼女,
どの女もこれほど愛されることはないほど愛された彼女,
そのために,僕は大変な戦いをしてきたその彼女が,
そこに座っているのだ.その彼女を,善良で裕福な
君らがみんなして愛している,そして,実にけしからんことには,
屑の裏道の女たらしまでもが,みんなして愛しているのだ.
みんなの中で,とりわけ君がね,髪の長い男の代表よ,
家ウサギ住むケルティベーリアの地の息子,
もじゃもじゃの髭が色男に仕立てて,
スペインの小便で,その歯を磨き上げているエグナーティウス君*3


*1 カストルとポッルクスの兄弟の神殿.通常,この二人は帽子を冠った姿で描かれる.
*2 「馬鹿にする」を意味する俗語.
*3 39歌17-21行参照.


【2006/10/29 20:56】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第25歌 

Cinaede Thalle, mollior cuniculi capillo
vel anseris medullula vel imula oricilla
vel pene languido senis situque araneoso,
idemque, Thalle, turbida rapacior procella,
cum diva †mulier aries† ostendit oscitantes,  5
remitte pallium mihi meum, quod involasti,
sudariumque Saetabum catagraphosque Thynos,
inepte, quae palam soles habere tamquam avita.
quae nunc tuis ab unguius reglutina et remitte,
ne laneum latusculum manusque mollicellas  10
inusta turpiter tibi flagella conscribillent,
et insolenter aestues, velut minuta magno
deprensa navis in mari, vesaniente vento.

オカマのタッルス*1よ,飼いウサギの毛よりも,
あるいは家鴨の骨の髄よりも,あるいは耳たぶよりも,
あるいは老人のしなだれたナニよりも,蜘蛛の巣よりも軟弱なやつよ,
そんな奴のくせに,……が開いているのが見える時には,
渦巻く嵐よりも強欲なやつよ,
僕に君がかっぱらった僕の上着をかえせ,
サエタビス*2製の汗拭きと,色とりどりの手ぬぐい*3を,
ぐうたらめ,これらをお前は,父祖伝来のもの見たいに,いつも堂々と持っているが.
そいつをお前の爪から引き離して,返せ,
お前の羊毛のように柔らかい脇腹と,軟弱な手に
鞭が醜く焼き痣を刻み込んで
尋常じゃなく焼かれる思いをしないようにね.ちょうど大海原でちっぽけな
船が,荒れ狂う風に捕まるようにさ.


*1 不詳.
*2 亜麻製品で有名であったスペインの都市.
*3 原文のThynosは不詳.

韻律:Iambic tetrameter catalectic
U ― U ― U ― U ― U ― U ― UU




【2006/10/29 14:05】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第50歌 詩に負かされて

Hesterno, Licini, die otiosi
multum lusimus in meis tabellis,
ut convenerat esse delicatos:
scribens versiculos uterque nostrum
ludebat numero modo hoc modo illoc,  5
reddens mutua per iocum atque vinum.
atque illinc abii tuo lepore
incensus, Licini, facetiisque,
ut nec me miserum cibus iuvaret
nec somnus tegeret quiete ocellos,   10
sed toto indomitus furore lecto
versarer, cupiens videre lucem,
ut tecum loquerer simulque ut essem.
at defessa labore membra postquam
semimortua lectulo iacebant,      15
hoc, iucunde, tibi poema feci,
ex quo perspiceres meum dolorem.
nunc audax cave sis, precesque nostras,
oramus, cave despuas, ocelle,
ne poenas Nemesis reposcat a te.    20
est vemens dea: laedere hanc caveto.

リキニウス*1よ,昨日徒然に
僕らは書板の上で沢山戯れた,
羽目を外そうと決めていた通りにね.
僕ら二人は短詩を書きながら,
ある時はこの韻律,ある時はあの韻律で遊んだ,
冗談と酒を交えつつ,お互いに返り歌をしながら.
そうしてそこから,君の気の利いた
ウィットに,リキニウスよ,刺激されて帰ってから,
僕は惨めなことに,食べ物もおいしくなくなったし,
眠って眼を休めることも出来なくなった.
怒りをおさえられなくてベッド中を
転げ回り,君と話をして,一緒にいられるよう,
夜明けが来るのを待った.
だが,疲労で疲れきって
死にかけた身体をベッドに横たえてから,
善き友よ,この詩を君に作ったのだ.
そこから僕の苦しみを君が見て取れるようにね.
今,君は出しゃばらないよう気をつけろ,僕のお願いに,
お願いだから,つばを吐きかけないでくれ,愛しの友よ,
復習女神が君に罰を要求しないようにね.
彼女は気性激しい女神だ,気分を害さぬよう気をつけろ.


*1 ガーイウス・リキニウス・カルウゥス.カトゥッルスとほぼ同年代で,カトゥッルス同じく,アレクサンドリア風の詩を書く(断片のみ現存).弁論家でもあった.


【2006/10/29 12:03】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第7歌 どれほど多くの口づけが

Quaeris, quot mihi basiationes
tuae, Lesbia, sint satis superque.
quam magnus numerus Libyssae harenae
laserpiciferis iacet Cyrenis
oraclum Iovis inter aestuosi    5
et Batti veteris sacrum sepulcrum;
aut quam sidera multa, cum tacet nox,
furtivos hominum vident amores:
tam te basia multa basiare
vesano satis et super Catullo est,  10
quae nec pernumerare curiosi    
possint nec mala fascinare lingua.

君は尋ねている,どれほど多くの君の口づけが,
レスビアよ,僕にとって充分いっぱいになるのかと.
ラーセルピーキウム*1もたらすキューレーネー*2
灼熱のユッピテルの神殿*3
古のバットゥス*4の聖なる墓の間にある
リビアの砂の莫大な数ほど,
あるいは夜が黙している時に,
人々のお忍びの愛を見ている星々の数ほど,
それほど多くの口づけを君がするなら,
恋に狂ったカトゥッルスには充分いっぱいになるんだ.
そいつを穿鑿好きなやつらが
数え尽くしたり,悪意ある舌が呪いをかけられないほどに多くのがね*5


*1 大ウイキョウ.薬剤に使われていた.現在でもスパイスなどで使われている.
*2 リビアの都市.カッリマコスの生地.
*3 ユッピテルと同一視されたエジプトの神アンモンの神殿.
*4 キューレーネーの開祖.
*5 正確な数を知る事で,呪いをかけて災いをもたらすことができると信じられていたらしい.cf. Catul.5.11-3.


【2006/10/29 02:19】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第108歌

Si, Comini, populi arbitrio tua cana senectus
 spurcata impuris moribus intereat,
non equidem dubito, quin primum inimica bonorum
 lingua exsecta avido sit data vulturio,
effossos oculos voret atro gutture corvus,  5
 intestina canes, cetera membra lupi.

もし,コミヌスよ,白髪の老年に達したお前が,
 日頃の悪行故に民意で罰されて死んだなら,
僕としては確信してる,まず善良な人々の憎む
 その舌が切り落とされて貪欲な猛禽に与えられ,
眼はくりぬかれて鴉が黒い喉で飲み込み,
 内臓は犬どもが,残りの身体は狼が貪ることをね.


【2006/10/28 22:46】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第109歌 愛の誓い

Iucundum, mea vita, mihi proponis amorem
 hunc nostrum inter nos perpetuumque fore.
di magni, facite ut vere promittere possit,
 atque id sincere dicat et ex animo,
ut liceat nobis tota perducere vita     5
 aeternum hoc sanctae foedus amicitiae.

我が命の女よ,君は僕らの間のこの僕らの愛が
 楽しく永遠に続くと約束している.
偉大な神々よ,彼女が本当に約束できるように,
 そして,それを心の底から真剣に言う事ができるようにし給え,
そうして,終生僕らの間にこの聖なる愛の誓いが
 永遠に続く事ができるように.



【2006/10/28 22:27】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第35歌 

Poetae tenero, meo sodali,
velim Caecilio, papyre, dicas
Veronam veniat, Novi relinquens
Comi moenia Lariumque litus.
nam quasdam volo cogitationes  5
amici accipiat sui meique.
quare, si sapiet, viam vorabit,
quamvis candida milies puella
euntem revocet, manusque collo
ambas iniciens roget morari.   10
quae nunc, si mihi vera nuntiantur,
illum deperit impotente amore.
nam quo tempore legit incohatam
Dindymi dominam, ex eo misellae
ignes interiorem edunt medullam. 15
ignosco tibi, Sapphicca puella
musa doctior; est enim venuste
Magna Caecilio incohata Mater.

わが友たる,柔弱な詩人,
カエキリウス*1に,パピュロスの手紙よ,お前は告げてくれ,
ノウゥム・コームムの城壁とラーリウスの岸*2を離れて
ウェーローナ*3に来るように告げてくれ.
なぜなら,彼に,彼の友達と僕の友達の
ある考えを聞いてもらいたいからなのだ.
だから,もし話の分かる奴なら,彼は道を飛んでくるだろう,
たとえ色白の彼女が千回も
出て行くかれを呼び戻そうと,両手を首に
まわして,ここにいてくれと頼もうともね.
その彼女は今,もし僕に本当のことが知らされているなら,
猛り立つ愛情で彼にぞっこんなのだ.
というのも,書き始められた
『ディンデュムスの女主人』*4を彼女が読んだときから,哀れな彼女の
骨の中の髄まで,火が蝕んでいるのだ.
僕は君を許そう,サッポーのムーサよりも
博識な乙女よ.なぜなら,
『偉大な地母神』は,カエキリウスによって魅力的に書き始められたから.


*1 不詳.
*2 植民市コームムと,ラーリウス湖はウェローナから西北西120kmほど離れた所にある.
*3 カトゥッルスの生地.イタリアの付け根の辺り.
*4 地母神キュベレーをテーマにした歌.ディンデュモスはプリュギアの山脈.キュベレー崇拝の中心地.


【2006/10/28 20:23】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第2歌 小雀

Passer, deliciae meae puellae,
quicum ludere, quem in sinu tenere,
cui primum digitum dare appetenti
et acris solet incitare morsus,
cum desiderio meo nitenti     5
carum nescio quid lubet iocari,
et solaciolum sui doloris,
credo, ut tum gravis acquiescat ardor:
tecum ludere sicut ipsa possem
et tristis animi levare curas!    10

小雀よ,僕の彼女のお気に入りよ,
彼女はいつもお前と戯れては,お前を懐に入れ,
突つきたがりやのお前に指の先を差し出しては
わざとひどく噛み付かせている,
それは私の輝ける憧れの女が
何か暖かい遊びをしたい時に,
そして,思うに,自分の悲しみの慰めをし,
そうして激しい恋しさを宥める時にすること.
彼女のように,僕もお前と戯れ,
苦しい心労を和らげられればいいのに!


カトゥッルスの代名詞とも言うべき有名な詩.


【2006/10/28 14:03】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第36歌

Annales Volusi, cacata carta,
votum solvite pro mea puella.
nam sanctae Veneri Cupidinique
vovit, si sibi restitutus essem
desissemque truces vibrare iambos,   5
electissima pessimi poetae
scripta tardipedi deo daturam
infelicibus ustulanda lignis.
et hoc pessima se puella vidit
iocose lepide vovere divis.        10
nunc o caeruleo creata ponto,
quae sanctum Idalium Vriosque apertos
quaeque Ancona Cnidumque harundinosam
colis quaeque Amathunta quaeque Golgos
quaeque Durrachium Hadriae tavernam, 15
acceptum face redditumque votum, 
si non illepidum neque invenustum est.
at vos interea venite in ignem,
pleni ruris et inficetiarum
annales Volusi, cacata carta.      20

ウォルシウスの『年代記』よ,糞拭き紙よ,
僕の彼女の代わりに,誓いを果たしてくれ.
なぜなら,彼女は聖なるウェヌスとクピードーとに
誓った,もし僕が彼女の元に戻り,
荒々しいイアンボス詩を投げつけるのを止めたら,
最低の詩人の選りすぐりの
作品を,不吉な薪にて燃やされるべく,
足萎えの神*1に与えよう,とね.
そして,最低の女は,自分が神々にした誓いが
面白く気の利いたものだと思った.
今,おお,青き海より生まれた女神*2よ,
聖なるイーダリウム*3と,開けたウーリイー*4
そしてアンコーナ*5と葦茂るクニドゥス*6
そしてアマトゥース*7とゴルゴイ*8
そしてアドリア海の宿たるドゥッラキウム*9におわす女神よ,
この願いを聞き入れ,叶え給え,
もしそれが本当に気が利いた愛らしいものなれば.
だが,お前のほうは,火の中に行くが良い,
田舎臭さと悪趣味に満ちた,
ウォルシウスの『年代記』よ,糞拭き紙よ.


*1 火の神ウゥルカーヌス.
*2 ウェヌス.
*3 アマトゥース,ゴルゴイとともに,キプロス島の町.いずれもウェヌス崇拝で有名.
*4 アプリアの町(イタリアのふくらはぎの突起部分にある).ウェヌスとのつながりは未詳.
*5 ローマから北北東方向のアドリア海岸の町.ウェヌス崇拝が知られている.
*6 小アジアの南西部.3つのウェヌスの神殿があった.
*7, *8 *3参照.
*9 イタリアの靴のかかとの部分の向かい側にある,ギリシアはマケドニアの港湾都市.ウェヌスは航海の神でもある.


【2006/10/27 23:19】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ




PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)