FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

ホラーティウス『談話集』2巻7歌1-20 奴隷によるホラーティウス批判

Davus. Iamdudum ausculto, et cupiens tibi dicere servus
pauca, reformido. Horat. Davusne? D. Ita, Davus, amicum
mancipium domino et frugi, quod sit satis, hoc est,
ut vitale putes. H. Age, libertate Decembri,
quando ita maiores voluerunt, utere; narra.      5
D. Pars hominum vitiis gaudet constanter et urget
propositum. pars multa narrat, modo recta capessens,
interdum pravis obnoxia. saepe notatus
cum tribus anellis, modo laeva Priscus inani,
vixit inaequalis, clavum ut mutaret in horas,     10
aedibus ex magnis subito se conderet, unde
mundior exiret vix libertinus honeste.
iam moechus Romae, iam mallet doctus Athenis
vivere, Vertumnis quotquot sunt natus iniquis.
scurra Volanerius, postquam illi iusta cheragra    15
contudit articulos, qui pro se tolleret atque
mitteret in phimum talos, mercede diurna
conductum pavit; quanto constantior isdem
in vitiis, tanto levius miser ac prior illo,
qui iam contento, iam laxo fune laborat.       20


(ダーウゥス) 私はもうずっと聞いています.そして,奴隷の分際ですがあなたに少々もの申したく
思いつつ,恐縮しています.(ホラーティウス) ダーウゥスか?(ダ) はい,ダーウゥスです,
ご主人に親しく,且つ実直な召使いです.それは十分な程度にそうです.すなわち,
短命ではなかろうとあなたが思う程度に*1.(ホ) さあ,12月の自由を,
その時期にはご先祖様たちもそうすることを望んだのだから,利用するがいい.語りたまえ.
(ダ) 人々の一部は,いつも悪徳を喜び,そして
その生き方を追求します.一部の人々は,多くの事を語り,時に正義を追い求め,
時に悪事に走ります.しばしば3つも指輪をつけて
目立っているプリースクスが,時に左手になにもつけず,
ちぐはぐな生き様をしている.すなわち,時間毎に条飾り*2を取り替え,
すぐに大邸宅からでて,ちゃんとした解放奴隷なら
とても上品には出てゆけないような所に身を置くような生き様です.
彼は時にローマではむしろ姦夫として,時にアテーナイではむしろ博識の者として生きることを
望んでいます,あらん限りの姿のウェルトゥムヌス*3に呪われて生まれたその男は.
幇間のウォラーネリウスは,当然の報いの痛風が彼を襲って
指を潰した後は,自分のかわりに骰子を取っては
それを壷に入れる者を,日銭で
雇って食わせています.その者は,悪徳において
より忠実であるのと同じ程,それだけ彼は惨めさもより少なく,
時に紐を引き締めた,時には緩めて気苦労する者よりもそれだけましなのです.

*1 あまりに実直すぎて,佳人薄命ということで,短命になる心配はする程でない程度に,ということ.
*2 元老院議員は,トゥニカの胸の真ん中に太い条飾りをつけ,騎士階級は細いそれをつけた.
*3 エトルリア起源のイタリアの神で,季節の変化を司り,多数の姿をもつとされる.



【2012/06/30 04:04】 Horatius Sermones | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ホラーティウス『談話集』2巻6歌97b-117 (完結)

               Haec ubi dicta
agrestem pepulere, domo levis exsilit; inde
ambo propositum peragunt iter, urbis aventes
moenia nocturni subrepere. iamque tenebat  100
nox medium caeli spatium, cum ponit uterque
in locuplete domo vestigia, rubro ubi cocco
tincta super lectos canderet vestis eburnos,
multaque de magna supressent fercula cena,
quae procul extructis inerant hesterna canistris. 105
ergo, ubi purpurea porrectum in veste locavit
agrestem, veluti succinctus cursitat hospes
continuatque dapes, nec non verniliter ipsis
fungitur officiis, praelambens omne quod affert.
ille cubans gaudet mutata sorte bonisque   110
rebus agit laetum convivam, cum subito ingens
valvarum strepitus lectis excussit utrumque.
currere per totum pavidi conclave, magisque
exanimes trepidare, simul domus alta Molossis
personuit canibus. tum rusticus 'haud mihi vita 115
est opus haec,' ait, 'et valeas; me silva cavusque
tutus ab insidiis tenui solabitur ervo.


                  この言葉が
田舎鼠を駆り立てると,鼠は家からさっさと飛び出した.そうして
二匹は予定通り旅路を行った.夜に都の
城壁をくぐり抜けようと思っていたのだ.そして今や
夜が天の真ん中を占めた時,二匹とも
裕福な家に足を踏み入れた.そこには赤いベリーで
染められた上掛けが,象牙の寝台の上で輝いていた.
そして,昨日の大きな宴から沢山の盆が残っており,
それは離れたところの山と積まれた篭の中にあった.
そうして,紫の上掛けの上に田舎鼠を寝かせると,
あたかも裾をからげた主人のごとく,走り回って
宴を続け,そして実に甲斐甲斐しく自らの
義務を果たし,供する物はすべて先に味見した.
彼の方は寝そべって運命が変わったのを喜び,
高級品に囲まれて愉しい宴客を演じた.その時,急に
観音開きの戸のとてつもない音が二人を寝台から放り出そた.
彼らは怯えて部屋中を走り回り,そして
モロッシス犬*1どもの声で家が響き渡るやいなや,ますます
肝をつぶして震え上がる.その時,田舎鼠は『僕にはこんな人生は
必要ない』と言った.『ではお元気で.僕の方は,森と罠からの心配のない
洞穴が貧しいエンドウ豆で慰めてくれるだろう』」


*1 モロッシスはギリシアはエピロスの中央部(地図Bc).大型の,番犬にも使われる牧羊犬で有名.



【2012/06/28 02:08】 Horatius Sermones | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ホラーティウス『談話集』2巻6歌77-97a

Cervius haec inter vicinus garrit anilis
ex re fabellas. si quis nam laudat Arelli
sollicitas ignarus opes, sic incipit: 'olim
rusticus urbanum murem mus paupere fertur   80
accepisse cavo, veterem vetus hospes amicum,
asper et attentus quaesitis, ut tamen artum
solveret hospitiis animum. quid multa? neque ille
sepositi ciceris nec longae invidit avenae,
aridum et ore ferens acinum semesaque lardi   85
frustra dedit, cupiens varia fastidia cena
vincere tangentis male singula dente superbo;
cum pater ipse domus palea porrectus in horna
esset ador loliumque, dapis meliora relinguens.  89
tandem urbanus ad hunc: 'quid te iuvat,' inquit, ' amice,
praerupti nemoris patientem vivere dorso?
vis tu homines urbemque feris praeponere silvis?
carpe viam, mihi crede, comes, terrestria quando
mortalis animas vivunt sortita, neque ulla est
aut magno aut parvo leti fuga: quo, bene, circa,  95
dum licet, in rebus iucundis vive beatus,
vive memor quam sis aevi brevis.'


隣人ケルウィウス*1はそうこうする間に,そのことに関連して
老婆から聞いた話をしゃべる.すなわち,だれかアレッリウス*1の財を,
それが心悩ますことも知らず讃えると,このように語り始めるのだ.「かつて
田舎の鼠が都会の鼠を貧しい穴蔵に
迎え入れたという.古い友の主人が,古い友を迎えたのである.
彼は野卑で,蓄えには締まり屋であったが,しかし友の
緊張した気持ちを解きほぐせる程度ではあった.何をこれ以上言おう?彼は
溜め込んだ空豆も長い燕麦もうらやましがらずに,
自分は乾いたベリーとベーコンの食べかけだけ口にくわえたまま,
それらを振る舞って,宴の趣向を変えて,傲慢にも一つも歯牙にかけない
鼠の気乗りのなさを克服しようとしたのだが.無駄であった.
そうして,その家の主人が取れたばかりの籾殻のなかに横になり,
宴のよりよいものは残して,スペルト麦*2とドクムギ*3を食べていると,
ついに,都会鼠はこの者に言った.『何が楽しいのか,友よ,
切り立った森の尾根で,我慢して生きることが?
君は人々や都を,荒涼とした森よりも上に置きたいと思わないか?
旅に出よう,僕にまかせてくれ,友よ,地上にあるものは
死すべき魂を付与されて生きており,また死を逃れることは
大きい者にも小さい者にもできないのだから*4.それゆえ,善き友よ,
できるうちに,愉しき事々の中で恵まれて生きるがよい,
君の人生はいかに短いかを忘れずに生きるがよい』


*1 ホラーティウスの隣人.実在したか架空の設定か?
*2 ここでadorと呼ばれているのは,triticumとも呼ばれる.スペルト小麦.殻が固く強い.
*3 イネ科の雑草.日本でも普通に生えているようであるが,ウィキペディア記事によると帰化したものとのこと.http://ja.wikipedia.org/wiki/ドクムギ属参照.
*4 エピクロス派的アドバイス.



【2012/06/27 18:19】 Horatius Sermones | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ホラーティウス『談話集』2巻6歌59-76

perditur haec inter misero lux non sine votis:
o rus, quando ego te aspiciam? quandoque licebit 60
nunc veterum libris, nunc somno et inertibus horis
ducere sollicitae iucunda oblivia vitae?
o quando faba Pythagorae cognata simulque
uncta satis pingui ponentur holuscula lardo?
o noctes cenaeque deum! quibus ipse meique   65
ante larem proprium vescor vernasque procacis
pasco libatis dapibus. prout cuique libido est,
siccat inaequalis calices conviva, solutus
legibus insanis, seu quis capit acria fortis
pocula, seu modicis uvescit laetius. ergo     70
sermo oritur, non de villis domibusve alienis,
nec male necne Lepos saltet; sed quod magis ad nos
pertinet et nescire malum est agitamus: utrumne
divitiis homines an sint virtute beati;
quidve ad amicitias, usus rectumne, trahat nos;  75
et quae sit natura boni, summumque quid eius.


こうした事々の間に,惨めな私の日は,まさにこんな祈りと共につぶれてゆく.
おお,田舎よ,いつ私はお前を目にするだろう?いつ許されるだろう,
時には古の人々の本の中で,時には眠りと怠惰な時のうちに,
悩み多き人生の心地よい忘却を堪能することが?
おお,いつピュータゴラースの親類たる豆*1が,そして一緒に
十分脂ののったベーコンに浸された野菜が出されるだろう*2
おお,神々の夜と宴よ!その時,私自身と仲間は
家神の前で自分たちのものを食べ,図々しい奴隷たちには,
献酒後の宴を食べさせる.それぞれの望みに応じて,
大きさの違った杯を宴客となって飲み干す.
ばかばかしい宴の規則*3なぞから解放されて,酒の強い者は濃い酒の
杯をとり,またあるものは弱い杯でより楽しく飲む.そうして
おしゃべりが起こるが,それは他人の別荘や家についてではないし,
レポス*4の踊るのが下手かどうかでもない.そうではなく,もっと我々に
関わりのあること,そして,知らずにいるのがよくないことを,我々は議論するのだ.
財産によって人は幸福になるのか,それとも美徳によってなのか.
何が我々をして,友情へと引き連れるのか,利益なのかそれとも正義なのか.
そして善の本質は何か,それの最上のものは何か.


*1 ピュータゴラースは豆と肉を食べることを禁じた.肉は生まれ変わった人間が宿った動物の体の肉を食べる事になるからという理由だが,ホラーティウスは冗談で豆のほうも同じ理由をつけている.
*2 当時の典型的な田舎料理は,ベーコンによる油を染みさせた野菜であった.
*3 ギリシア式の宴会では,宴の主(dominus/rex cenae)を決めて,宴会を取り仕切らせる.
*4 当時有名であった踊り手.



【2012/06/27 00:00】 Horatius Sermones | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ホラーティウス『談話集』2巻6歌40-58

septimus octavo proprior iam fugerit annus,      40
ex quo Maecenas me coepit habere suorum
in numero, dumtaxat ad hoc, quem tollere reda
vellet iter faciens, et cui concredere nugas
hoc genus: 'hora quota est?'―'Thraex est Gallina
   Syro par?'―
'matutina parum cautos iam frigora mordent;'―    45
et quae rimosa bene deponuntur in aure.
per totum hoc tetmpus subiectior in diem et horam
invidiae noster. ludos spectaverat una,
luserat in Campo: 'fortunae filius!' omnes.
frigidus a Rostris manat per compita rumor:     50
quicumque obvius est, me consulit: 'o bone (nam te
scire, deos quoniam propius contingis, oportet),
numquid de Dacis audisti?' 'nil equidem.' 'Ut tu
semper eris derisor!' 'at omnes di exagitent me,
si quicquam.' 'quid, militibus promissa Triquetra    55
praedia Caesar, an est Itala tellure daturus?'
iurantem me scire nihil mirantur, ut unum
scilicet egregii mortalem altique silenti.


マエケーナースが私を彼の仲間の数に初めて入れてから,
7年目が過ぎ8年目のほうに近くなる*1が,
せいぜい,旅行する時にこの私を馬車に
拾いあげる気になったり,そして私に冗談の言葉をかけるくらいである,
それはこんな感じだ.「何時かね?」「トラキア戦士*2ガッリーナは
                 シュルスに敵うかな?」
「朝の寒気はあまり注意してないと堪えるぞ」
とか,隙間だらけの耳にためておいても大丈夫なことだ.
この間中,私のほうは,日を追う毎にますます
羨望にさらされることになった.一緒に競技を見,
マールス競技場*3で運動したなら,皆が「幸運の申し子!」と言う.
ショッキングな噂がロストラから*4巷へと広まってゆくと,
道行く人がだれでも,私に伺いをたてる.「おお善き人よ,だってあなたは
神々に,より近くにいて接しているのだから,知っているのが当然だ,
ダキア人たち*5についてまさか聞いてはいまいな?」「私としては何も」「お前はなんと
いつも人をからかうやつだ!」「だが神々皆が私を叱責するでしょう,
もし何か私が聞いていたら」「ではどうだ,カエサルは約束の三角島*6の地所を
兵士に下さるつもりか,それともイタリアの地からか?」
何も知らないと誓う私に彼らはあきれるのだ,
おそらく最も卓越した非常に口の堅い人間の一人のごとくに.


*1 ローマ式の年の数え方は,始まった時点を含むので,ここでは6年と半分以上が経っていたことになる.
*2 剣闘士のスタイルの一つ.
*3 地図の北西,ティベル川の東岸にあった.
*4 ロストラは,フォルムの演説台.敵船から奪った船嘴がつけられていた.要するに,フォルムから,ということ.
*5 アクティウムの戦い(前31年9月)の後に,ダキア人によるイタリア侵攻の危惧があった.ダキアは概ね現在のルーマニア.
*6 シチリア島のこと.



【2012/06/26 20:03】 Horatius Sermones | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ホラーティウス『談話集』2巻6歌16-39

ergo ubi me in montis et in arcem ex urbe removi,
quid prius illustrem saturis Musaque pedestri?
nec mala me ambitio perdit nec plumbeus Auster
autumnusque gravis, Libitinae quaestus acerbae.
Matutine pater, seu Iane libentius audis,      20
unde homines operum primos vitaeque labores
instituunt (sic dis placitum), tu carminis esto
principium. Romae sponsorem me rapis. 'heia,
ne prior officio quisquam respondeat. urge!'
sive Aquilo radit terras seu bruma nivalem     25
interiore diem gyro trahit, ire necesse est.
postmodo quod mi obsit clare certumque locuto,
luctandum in turba et facienda iniuria tardis.
'quid tibi vis, insane, et quam rem agis?' improbus urget
iratis precibus; 'tu pulses omne quod obstat,    30
ad Maecenatem memori si mente recurras.'
hoc iuvat et melli est, non mentiar. at simul atras
ventum est Esquilias, aliena negotia centum
per caput et circa saliunt latus. 'ante secundam
Roscius orabat sibi adesses ad Puteal cras.'    35
'de re communi scribae magna atque nova te
orabant hodie meminisses, Quinte, reverti.'
'imprimat his cura Maecenas signa tabellis.'
dixeris, 'experiar:' 'si vis, potes,' addit et instat.


それゆえ,私が都から山中の城に引きこもった今,
諷刺詩と歩調のムーサ*1にて,まず何を公にしよう?
悪しき野心も,鉛のような南風も,私を破滅させることはない,
鬱陶しいリビティーナの稼ぎ時*2たる鈍重な秋もだ.
父たる暁よ,あるいはヤーヌス*3と呼ばれるほうを好まれるか,
人の仕事と人生の最初の労苦が始まるところの
お方よ(これが神々の嘉したもうこと),あなたは歌の
最初となりたまえ.ローマではあなたは私を付き人としてひっさらう.「おい,
誰も先に仕事を請け負わぬよう,急げ!」
あるいは,北風が大地を掃く時も,あるいは真冬が
より内側を回って雪の日をもたらす時も,行かねばならないのだ.
後になって,自分に差し障りのあることを明らかに確かに言った日には,
群衆のなかで争ったり,のろのろしている人々に迷惑をかけねばならなかった.
「なにをしたいんだ,馬鹿やろう,またお前は何をしてるんだ?」厚かましい者は
怒って悪態をつき,私を苛む.「お前ときたら,なんでも邪魔なものを突き飛ばせる,
マエケーナースのことを忘れずに走り回っている時にはな」
この言葉は,偽りなく,私にはうれしくもあり蜜のようだ.だが,ひとたび黒き
エスクィリアエ*4に行けば,関係ない仕事が百も,
頭ごなしに,また脇の周りを飛び交うのである.「明日第2時の前に,
ロスキウスが,お前にプーテアル*5のところで立ち会って欲しいとお願いしていた」
「秘書たちが,大事な新しい共通の用事の件で,お前が
今日戻って来るのを忘れずにとお願いしている」
「マエケーナースに,この蝋板に印章を押すよう,取りはからってくれ」
「善処しましょう」君が言ったとする.「やろうと思えばできる」と彼は執拗に付け加える.

*1 散文で,ということ.
*2 死の女神Libitinaの神殿では,料金をとって死体をしかるべき仕方で埋葬していた(エスクィリーナエに会ったと想定されている).すなわち,秋は死者が出てその神殿が儲かる季節だが,その秋も私を死なせはしないということがこの行で語られている.
*3 門を神格化した,二面をもち,物事の始まりを司る神.
*4 ローマの北東のあたりの丘(地図北東部分参照)で,この区域は墓として用いられていた.そのために,「黒き」の形容詞がついている.後にマエケーナースにより公園に転用され,マエケーナース自身そこに居住していた.
*5 フォルムの雷に打たれて泉状に凹んだ部分.神聖視され,柵で囲われていた.法務官席Tribunalの近くであり,「プーテアルのところで立ち会う」というのは裁判に立ち会うということ.



【2012/06/26 17:55】 Horatius Sermones | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ホラーティウス『談話集』2巻6歌1-15 ホラーティウスの望み

Hoc erat in votis: modus agri non ita magnus,
hortus ubi et tecto vicinus iugis aquae fons
et paulum silvae super his foret. auctius atque
di melius fecere. bene est. nil amplius oro,
Maia nate, nisi ut propria haec mihi munera faxis. 5
si neque maiorem feci ratione mala rem,
nec sum facturus vitio culpave minorem;
si veneror stultus nihil horum: 'o si angulus ille
proximus accedat, qui nunc denormat agellum!
o si urnam argenti fors quae mihi mostret, ut illi, 10
thesauro invento qui mercennarius agrum
illum ipsum mercatus aravit, dives amico
Hercule!' si quod adest gratum iuvat, haec prece te oro:
pingue pecus domino facias et cetera praeter
ingenium, utque soles, custos mihi maximus adsis! 15


これが願掛けの言葉にあった.畑の大きさはさほど大きくはなく,
それは家の近くに菜園と滾々と水わく泉と,
これらに加えて森がちょっとあるような場所に,と.さらに神々は
より大きく,よりよくして与えてくれた.結構なことだ.これ以上は何も私は望まない.
マイヤより生まれし者*1よ,この贈り物を私自身の物とする以外のことは.
もし私が悪い了見で,より大きなものを望んだことがなく,
そして悪徳や過誤により,小さくするつもりもなく,
もし愚かにも,こういったことを祈願することなければ.「ああ,もしこの
すぐ隣の隅っこが付け加わったら!それは今畑の形を歪めているのだが.
ああ,もしなにかの幸運が,私にお金のつまった壷を見つけさせてくれたら!ちょうど
お宝を見つけて,畑自体を買い取って
耕すのを止めた,ヘーラクレース*2が友であったおかげで金持ちになった
小作人のように!」あるもので私が嬉しく満足なので,これを私はあなたに祈り願う.
主人に家畜やその他のものを,ただ才能は除き*3,太らせたまえ,
そしていつもの如く,私に最大の守り手としておわしたまえ!」


*1 商売などの神,メルクリウスのこと.
*2 ヘーラクレースは隠れた宝を教える神ではないが,古注によると,ある小作農がヘーラクレースに祈ったところ,ヘーラクレースがメルクーリウスに引き合わせてくれ,宝を見つけたという民話があった.ホラーティウスはヘーラクレースだけをあげて,それをここで引用したらしい.
*3 才能は鈍重にしないでほしい,ということ.



【2012/06/26 00:38】 Horatius Sermones | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ホラーティウス『談話集』2巻5歌99-110 (完結)

cum te servitio longo curaque levarit,
et certum vigilans, 'quartae sit partis Ulixes'   100
audieris 'heres': 'ergo nunc Dama sodalis
nusquam est? unde mihi tam fortem tamque fidelem?'
sparge subinde, et, si paulum potes, illacrimare: est
gaudia prodentem voltum celare. sepulchrum
permissum arbitrio sine sordibus exstrue; funus 105
egregie factum laudet vicinia. si quis
forte coheredum senior male tussiet, huic tu
dic, ex parte tua seu fundi sive domus sit
emptor, gaudentem nummo te addicere.—sed me
imperiosa trahit Proserpina: vive valeque!    110


彼があなたを長く続いた奉仕と苦労から解放し*1
確かに目覚めた状態で*2,「4分の1はウリクセースが
相続人たるべし」というのをあなたが聞いたら,「それでは今は親友のダーマ*3
どこにもいないのか?どこから私にかくも逞しくかくも忠実な友を得れば?」
という言葉を繰り返しまき散らすべし.そして,もし少しでもできれば,涙に暮れよ.
喜びをばらしまう顔を隠すことができる.墓は
裁量に任されているなら,瑕疵のないものを作れ.葬儀は
すばらしく執り行い,隣人たちに褒めさせよ.もし誰か
共同相続人がたまたま年上でひどく咳をしているなら,この者にお前は
言え,「もし私の地所や家の持ち分からの
買い手になるなら,喜んで私はびた一文で売ります」と.——だが私を
支配者プロセルピーナ*4が引きもどしている.さらばお元気で!


*1 要するに死んでしまって,ということ.
*2 夢ではなく,現実にということ.
*3 この名前は18行で登場している解放奴隷の金持ちのこと.
*4 冥界の女王.



【2012/06/25 03:05】 Horatius Sermones | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ホラーティウス『談話集』2巻5歌70-98

illud ad haec iubeo: mulier si forte dolosa   70
libertusve senem delirum temperet, illis
accedas socius; laudes, lauderis ut absens;
adiuvat hoc quoque, sed vincit longe prius ipsum
expugnare caput. scribet mala carmina vecors:
laudato. scortator erit: cave te roget; ultro  75
Penelopam facilis potiori trade. Ulix. putasne
perduci poterit tam frugi tamque pudica,
quam nequiere proci recto depellere cursu?
Tir. venit enim magnum donandi parca iuventus
nec tantum Veneris, quantum studiosa culinae. 80
sic tibi Penelope frugi est, quae si semel uno
de sene gustarit tecum partita lucellum,
ut canis a corio numquam absterrebitur uncto.

me sene quod dicam factum est: anus improba Thebis
ex testamento sic est elata: cadaver      85
unctum oleo largo nudis umeris tulit heres,
scilicet elabi si posset mortua; credo,
quod nimium institerat viventi. cautus adito,
neu desis operae, neve immoderatus abundes.
difficilem et morosum offendet garrulus; ultra  90
non etiam sileas; Davus sis comicus, atque
stes capite obstipo, multum similis metuenti.
obsequio grassare; mone, si increbuit aura,
cautus uti velet carum caput; extrahe turba
oppositis umeris; aurem substringe loquaci.   95
importunus amat laudari; donec 'ohe iam!'
ad caelum manibus sublatis dixerit, urge,
crescentem tumidis infla sermonibus utrem.


これらに加えて,以下のことも言おう.もしたまたま奸計に長けた女や,
解放奴隷が耄碌した老人を牛耳っていたら,あなたは彼らに
加わって仲間になるべし.褒めたまえ,いなくなっても褒められるようにするために.
これもまた効き目があるが,しかし遥かにより早く効くのは,
本丸自体を攻略することだ.彼がとち狂ってひどい詩を書くとする.
褒めるがよい.女誑しとする.彼が君に頼むなどということのないようにせよ.自分から
気安くペーネロペーをその恋敵に引き渡すがよい.(ウ) お前は
かくも実直な,そしてかくも貞淑な彼女が,惑わされることがあると思うのか?
その彼女を,求婚者達は正しい道から逸脱させることはできなかったのだぞ.
(テ) なぜなら,沢山の贈り物にはあまり走らぬ若者が来ているのだし,
また食事に熱心なほど,色恋に熱心ではなかったからだ.
ペーネロペーはあなたには実直であったが,もし彼女がひとたび一人でも
老人から,あなたとともに利益を分け合って味わったなら,
犬の如くに,脂ぎった皮から決して引き離すことはできないだろう.

私が老いたころ,こういったことが起こった.低劣な老婆がテーバイで,
遺言により,こんな風に野辺送りされた.すなわち遺体は
たっぷりのオリーブ油を塗られ,それを相続人がはだけた肩に背負って運んだのだ.
恐らく,彼女は死んでから滑り落ることができたらと思ってのことであった.思うに,
生きている時,あまりにも彼が付きまといすぎたせいだ.用心深く近づけ,
また仕事の手を抜きもせず,度を超えてやりすぎもするな.
おしゃべりは,気難しく不機嫌な者の気に障るだろう.度を超えて
黙っているのもまた駄目だ.喜劇にでてくるダウゥス*1になるべし,そして
常に頭を下げて立つべし,恐縮至極でいるが如くに.
おべんちゃらで攻撃せよ.もし風が吹き付けてきたら,
要人して大切な頭を覆うように,忠告せよ.肩で押し分けて
大衆から彼を引き離せ,おしゃべりしている時には耳をそばだてよ.
厚かましく追従されるのを好むとあらば,「もういい!」
と天に両手を上げて言うまで,責め立てよ,
絢爛な言葉で,革袋を膨らませて大きくせよ.


*1 喜劇によく出てくる,忠実な奴隷のstock figure.



【2012/06/24 22:37】 Horatius Sermones | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ホラーティウス『談話集』2巻5歌23-44

Tir. dixi equidem et dico: captes astutus ubique
testamenta senum, neu, si vafer unus et alter
insidiatorem praeroso fugerit hamo,      25
aut spem deponas aut artem illusus omittas.
magna minorve foro si res certabitur olim,
vivet uter locuples sine gnatis, improbus, ultro
qui meliorem audax vocet in ius, illius esto
defensor; fama civem causaque priorem    30
sperne, domi si gnatus erit fecundave coniunx.
'Quinte,' puta, aut 'Publi' (gaudent praenomine molles
auriculae) 'tibi me virtus tua fecit amicum;
ius anceps novi, causas defendere possum;
eripiet quivis oculos citius mihi, quam te     35
contemptum cassa nuce pauperet; haec mea cura est,
ne quid tu perdas, neu sis iocus.' ire domum atque
pelliculam curare iube; fi cognitor ipse.
persta atque obdura, seu 'rubra Canicula findet
infantis statuas,' neu pingui tentus omaso    40
Furius 'hibernas cana nive conspuet Alpis.'
'nonne vides,' aliquis cubito stantem prope tangens
inquit, 'ut patiens! ut amicis aptus! ut acer!'
plures adnabunt thynni et cetaria crescent.


私はむろん語ったのだが,また語るとしよう.あなたは抜け目なく,至る所
老人の遺言状を狩るがよい,また,もし狡猾なやつが一人二人
エサだけかじり取って,罠をかけた者を逃れても,
騙されたとて望みを捨てたり手管を怠ることなかれ.
大事小事にかかわらず法廷で訴訟が争われていて,
どちらかが子孫なしで裕福に生きており,ぬけぬけと,自分から
より理があるほうを,傲慢にも法廷に呼び込む者であったら,その者の
弁護士となるべし.名声の点で,そして訴訟上,有利な者は
もし家に子供がいたり,子を孕む妻がいれば,放っておけ,
たとえば「クゥイントゥスよ」あるいは「プーブリウスよ」(名前のほうが
耳は感じよく喜ぶのだ)「君の美徳は私をして友人にならしめた.
法律のあいまいさを私は知っている.私は裁判を弁護できよう.
だれかが君を貧乏に陥れて空っぽの胡桃*1と馬鹿にされるより先に,
私から目を奪い取る方が早いだろう.私の心配していることは,
君が何かを失ったり,笑い種になったりするのではないかだ」そして家に帰り,また
体をいたわるように言え.君自身が身内となるがよい.
辛抱強く持ちこたえるがよい,「灼熱の犬座が
もの言わぬ像を割ろうとも」あるいは脂ぎった臓物でたらふくの
フーリウス*2が「白い雪で冬のアルプスに唾しようとも」.
「見えるだろう?」だれかがそばに立っている者を肘で突きながら
言う,「何と忍耐強いんだ!何と友人に相応しいんだ!何と鋭いんだ!」
多くのマグロが泳ぎ寄り,生簀罠は大きくなるだろう*3


*1 「つまらない人物」を表す諺.
*2 キケローと同時代の詩人フーリウス・ビバークルスで,この詩が書かれた時も存命.「脂ぎった臓物でたらふくの」は彼の悪趣味でぎょうぎょうしいスタイルのこと.前後の引用は彼の失われた詩からの引用で,後者はクィンティリアーヌスに批判されている(付記).
*3 現代日本語の表現では,「鴨が葱をしょって来る」のようなものか.





付記:41行の引用=クィンティリアーヌス『弁論術教程』 8.6.17

sunt et durae, id est a longinqua similitudine ductae, ut capitis nives et

  iuppiter hibernas cana nive conspuit Alpes.

また,不快な(比喩が)ある,すなわち,あまりにも遠い類似性から比喩されているものである.たとえば,山頂の雪と,

  ユッピテルは白い雪で冬のアルプスに唾した

のごとく.



【2012/06/23 19:19】 Horatius Sermones | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ




PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)