FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

カッリマコス『デーロス讃歌』316-326行(完結)

70Asteri/h polu/bwme polu//llite, ti/v de/ se nau/thv
e1mporov Ai0gai/oio parh/luqe nhi_ qeou/sh|;
ou0x ou3tw mega/loi min e0pipnei/ousin a0h~tai,
xreiw_ d 0 o3tti ta/xiston a1gei plo/on, a0lla_ ta_ lai/fh
w0ke/ev e0stei/lanto kai_ ou0 pa/lin au]tiv e1bhsan,77320
pri_n me/gan h2 se/o bwmo_n u9po_ plhgh~|sin e9li/cai
r9hsso/menon kai_ pre/mnon o0dakta/sai a9gno_n e0lai/hv
xei=rav a0postre/yantav: a4 Dhlia_v eu3reto nu/mgh
pai/gnia kouri/zonti kai_70Apo/llwni gelastu/n.

i9sti/h w} nh/swn eu0e/stie, xai~re me_n au0th/,77325
xai/roi d 070Apo/llwn te kai_ h4n e0lo/xeusato Lhtw/.

多くの祭壇もち,多く祈られるアステリエーよ,どの水夫が
エーゲ海の旅路にあって,船速くしてあなたを通り過ぎるだろうか?
そうするようにと強風が彼を後押しすることもなく,
たとえできる限り速い航海の必要に迫られていようと,彼らは急いで
帆をあげ,再びまた船旅を続けることはない,(320)
あなたの偉大な祭壇の回りを,打たれながら踊りつつ,
祭壇を踏みならし,そして,後ろ手に縛られて,
聖なるオリーブの根元にかじりつくよりも前には.これらはデーロスのニンフが
幼いアポッローンの遊びと笑いのために考えたのだ.

おお,島々のよきかまどよ,あなた自身もご機嫌よろしく,(325)
そしてアポッローンも,またレートーが生んだ女神*1もご機嫌よきことを!



*1 アルテミス.


【2007/05/25 18:02】 Callimachus In Delum | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/990-f5900a65

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)