FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

カッリマコス『デーロス讃歌』249-259行

h9 me_n e1fh: ku/knoi de_ qeou~ me/llontev a0ozoi/
Mh|o/nion Paktwlo_n e0kuklw/santo lipo/ntev77250
e9bdoma/kiv peri_ Dh~lon, e0ph/eisan de_ loxei/h|
Mousa/wn o1rniqev, a0oido/tatoi petehnw~n
- e1nqen o9 pai~v tossa/sqe lu/rh| e0nedh/sato xorda/v
u3steron, o9ssa/ki ku/knoi e0p 0 w0di/nessin a1eisan:
o1gdoon ou0ke/t 0 a1eisan, o9 d 0 e1kqoren, ai9 d 0 e0pi_ makro/n77255
nu/mfai Dhlia/dev, potamou~ ge/nov a0rxai/oio,
ei]pan70Eleiqui/hv i9ero_n me/lov, au0ti/ka d 0 ai0qh/r
xa/lkeov a0nth/xhse diaprusi/hn o0lolugh/n.
ou0d 073Hrh neme/shsen, e0pei_ xo/lon e0ce/leto Zeu/v.

249 me/llontev a0ozoi/ Meineke : me/lpontev a0oidoi/ codd.

彼女は言った.するとその神の付き添いとなる定めの白鳥が
メーオニア*1のパクトルス川*2を去って
デーロス島の回りを7度旋回し,このムーサらの鳥達,
翼あるもののうち最もよき歌い手は,出産に際して歌を歌った.
そこからこの子神は後に,産みの苦しみの際に白鳥が歌った回数と
同じ数の(7本の)弦をリュラに張った.
まだ8回目を歌わない時に,彼は飛び出した.そして遠くにまで
デーロス島のニンフら,古の河*3の子孫は,
エイレイテュイア*4の聖なる調べを歌った,そして青銅の
空はよく通る叫びを反響させた.
だが,ヘーレーは妬まなかった,なぜならゼウスは怒りを取り去ったから.

*1 リュディア.
*2 リュディアのカウストロス川.
*3 イーノーポス川(206行参照).
*4 お産の女神.


【2007/05/18 18:28】 Callimachus In Delum | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/978-125d1190

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)