FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

カッリマコス『デーロス讃歌』215-227行

nu/mfa Dio_v baru/qume, su_ d 0 ou0k a1r 0 e1mellev a1pustov77215
dh_n e1menai: toi/h se prose/dramen a0ggeliw~tiv,
ei]pe d 0 e1t 0 a0sqmai/nousa, fo/bw| d 0 a0nemi/sgeto mu=qov:
79 3Hrh timh/essa, polu_ prou1xousa qea/wn,
sh_ me_n e0gw/, sa_ de_ pa/nta, su_ de_ krei/ousa ka/qhsai
gnhsi/h Ou0lu/mpoio, kai_ ou0 xe/ra dei/dimen a1llhn77220
qhlute/rhn, su_ d 0, a1nassa, to_n ai1tion ei1seai o0rgh=v.
Lhtw/ toi mi/trhn a0nalu/etai e1ndoqi nh/sou.
a1llai me_n pa~sai/ min a0pe/stugon ou0d 0 e0de/xonto:
70Asteri/h d 0 o0nomasti_ parerxome/nhn e0ka/lessen,
70Asteri/h, po/ntoio kako_n sa/ron: oi]sqa kai_ au0th/.77225
a0lla/, fi/lh, du/nasai ga/r, a0mu/nein, po/tnia, dou/loiv
u9mete/roiv, oi4 sei=o pe/don pate/ousin e0fetmh~|. 0

ゼウスの怒れる妻よ,あなたはだが長くは知らない(215)
ままでいなかった.あなたの使者が駆け寄って
そしてまだ激しく息をつきつつ,恐れとこの言葉を混ぜたのだった.
「畏れ多いヘーラー様,女神のうちで遥かに優れたお方,
私はあなたのものであり,全てのものもあなたのものであり,あなたはまた
オリュンポスの正当な支配者でおわします.そして我々は他の女性の(220)
力を恐れはしません.ですがあなたは,怒りの原因を知ることになるでしょう.
ええ,あのレートーが島の中で帯を解いています.
他の島は全て彼女を忌み嫌い,引き受けなかったのですが,
アステリエーは彼女を名をあげて呼んで渡らせたのです,
海を掃除する忌々しい帚が.あなた御自身もご存知でしょう.(225)
ですが,ご主人さま,あなたはおできになるのですから,恵み深く
あなたの下女たちはお守り下さい,あなたの命によって大地を歩いているのですから」


【2007/05/16 19:10】 Callimachus In Delum | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/973-6b5c41e5

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)