FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

岩波ベストテン

4月 9日? 4月15日岩波書店の文庫週刊ベストテンですが,なんとプラトーンの『弁明』とマルクス・アウレーリウス『自省録』がランクインしていました.

  http://www.iwanami.co.jp/best/index.html

古典の人気も捨てたものではない……と一瞬喜びましたが,時期をよく考えてみたら,多分大学の哲学などの講義の読本として大量に購入されているためだと,容易に想像がつきます.それにしても,プラトーンなどベスト5ですから,すごいものです.せめてせっかく古典の名作に触れた学生が,講義の後にも古典に興味を持ってくれるように,先生方がいい授業をされることを望みます.僕の時は二度とプラトーンなど読むか,と思いましたが,今では時々ですがギリシア語で読んでいたりするので,人生不思議なものです.

岩波文庫では,もうこのブログでも取り上げていますが,遂にリーウィウスが登場します.

鈴木一州 訳『リーウィウス:ローマ建国史(上)』岩波文庫.東京:岩波書店,2007年4月26日刊

ところが,某所で拝見したのですが,鈴木一州先生はこの1月にお亡くなりになってしまわれたそうです.本当に残念なことです.鈴木先生は他にこのような本も訳出されております.

E.マイヤー著 ; 鈴木一州訳『ローマ人の国家と国家思想』東京 : 岩波書店,1978.

絶版ですが,図書館などで容易に入手できると思います.

 それにしても,古典をライフワークにすると,本当に完成するのは難しいのだということを思い知らされます.いや,ライフワークというほど,僕は真面目にやってはいませんが…….


【2007/04/24 23:17】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

鈴木先生は・・・


お亡くなりになってしまわれたのですか・・・
それは残念でした。一度学会でご尊顔を拝見し、
日本に帰ったらまたお目にかかる機会もあろうと思っておりましたのに。
今さらながら、謹んでご冥福をお祈りいたします。

鈴木先生のリウィウスは、私も家人に頼んで、
イギリスに送って貰っているところです。
以前、紀要をコピーして持っていましたが、
ちゃんと岩波から本になって出た、というのは実に楽しみです。


【2007/05/01 08:58】 URL | 馨子 #tQ725RIE [ 編集]

リウィウス


馨子さま,おひさしぶりです.また『ローマ帝国』も第二弾がでて,楽しみです.来月にはトリロジーが完結ですね(笑).
 残念ながら鈴木一州先生のことも全然知らなかったのですが,翻訳を読んでみて,かなりいい翻訳だと思いました.細かい所は原文と照らし合わせなければいけないですが,流れのよい日本語で,歴史研究をされる方には値千金でしょうね.岩波では最初の5巻分が文庫3冊に入るようですから,多分そこでお亡くなりになったのですね.改めて全巻が翻訳されなかったのを残念に思います.


【2007/05/01 11:42】 URL | メレアグロス #joBkeTOc [ 編集]

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/956-b914466f

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)