FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

ティブッルス第1巻第6歌25-42行

saepe, velut gemmas eius signumque probarem, 25
 per causam memini me tetigisse manum:
saepe mero somnum peperi tibi, at ipse bibebam
 sobria supposita pocula victor aqua.
non ego te laesi prudens: ignosce fatenti.
 iussit Amor: contra quis ferat arma deos?   30
ille ego sum, nec me iam dicere vera pudebit,
 instabat tota cui tua nocte canis.
quid tenera tibi coniuge opus? tua si bona nescis
 servare, frustra clavis inest foribus.
te tenet, absentis alios suspirat amores     35
 et simulat subito condoluisse caput.
at mihi servandam credas: non saeva recuso
 verbera, detrecto non ego vincla pedum.
tum procul absitis, quisquis colit arte capillos,
 et fluit effuso cui toga laxa sinu:        40
quisquis et occurret, ne possit crimen habere,
 sit procul aut alia stet, precor, ante via.

42 Mueller : stet procul ante aut alia stet procul ante via codd. alii alia

しばしば僕は,あたかも彼女の宝石や印章を鑑定するかのように,(25)
 それを口実に彼女の手に触ったのを覚えている.
しばしば僕はお前を生酒で眠らせた,だが,お前を出し抜いた僕自身は
 水を注いで酔わない杯を飲んでいた.
僕は意図してお前をひどい目にあわせたわけではない.自白している僕を許してくれ.
 アモルが命じたのだ.だれが神々に向けて武器をとることができよう.(30)
僕がその男だ,僕は今や告白することを恥じるまい,
 一晩中お前の番犬が吠えかかっていたのは.
たおやかな妻が,お前になんの役にたつのか?もしお前がその宝を守ることを
 知らなければ,鍵を門にかけても無駄だ.
彼女はお前を抱くが,彼女はそこにいない別の愛人に溜め息をつく,(35)
 そして,すぐさま頭が痛いふりをするのだ.
だが,彼女には僕が仕えるべきだということを信じたまえ.僕はひどい鞭も
 拒みはしないし,僕は足枷も退けはしない.
その時,お前達は遠くに離れよ,髪の毛を巧みに整えてるような奴は皆,
 たっぷりした裾の緩いトガをまとっている奴も.(40)
そして,出会うやつらは皆,犯罪に巻き込まれないよう,
 先に遠くに離れているか,別の道に,お願いだ,立っていてくれ.


【2007/01/28 14:36】 Tibullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/828-87d176ad

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)