FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

ティブッルス第1巻第5歌35-58行

haec mihi fingebam, quae nunc Eurusque Notusque 35
 iactat odoratos vota per Armenios.
saepe ego temptavi curas depellere vino:
 at dolor in lacrimas verterat omne merum.
saepe aliam tenui: sed iam cum gaudia adirem,
 admonuit dominae deseruitque Venus.     40
tunc me discedens devotum femina dixit,
 a pudet, et narrat scire nefanda meam.
non facit hoc verbis, facie tenerisque lacertis
 dovovet et flavis nostra puella comis.
talis ad Haemonium Nereis Pelea quondam    45
 vecta est frenato caerula pisce Thetis.
haec nocuere mihi. quod adest huic dives amator,
 venit in exitium callida lena meum.
sanguineas edat illa dapes atque ore cruento
 tristia cum multo pocula felle bibat:      50
hanc volitent animae circum sua fata querentes:
 semper, et e tectis strix violenta canat:
ipse fame stimulante furens herbasque sepulcris
 quaerat et a saevis ossa relicta lupis;
currat et inguinibus nudis ululetque per urbes,   55
 post agat e triviis aspera turba canum.
eveniet; dat signa deus: sunt numina amanti,
 saevit et iniusta lege relicta Venus.

これらを僕は自分に思い描いていた,その願いを今,東風と南風とが(35)
 香をもたらすアルメニアを通って吹き飛ばしている.
しばしば僕は苦悩を葡萄酒で追い払う事を試みた.
 だが,悲しみは全ての生酒を涙に変えた.
しばしば別の女を僕は抱いた.だが,今や歓喜へと至るという時,
 女主人への愛が忠告し,彼女を捨てた.(40)
その時,立ち去り際に,僕が呪われている女は呼んだ,
 ああ,恥ずかしい,そして,彼女は,僕の女が不吉な業を知っていると語った.
我が女(ひと)は,呪文ではなく,顔としなやかな四肢と
 黄金の髪とで,この呪いをかけたのだ.
このように,ネーレウスの娘,水色の目のテティスは,かつてハイモニアのペーレウスの(45)
 ところへと,手綱をつけた魚たちによって運ばれた.
これらも僕の障りとなったのだ.金持ちの愛人が彼女の所に来たせいで,
 僕の破滅のために,抜け目ない女衒がやって来たのだ.
その女が血にまみれた食事を食わんことを,そして血まみれの口で
 たっぷり胆汁のはいった苦い杯を飲まんことを.(50)
自分の運命を嘆く幽霊がこの女もまわりを常に
 飛び回らんことを,そして,屋根から恐ろしい梟*1が歌うように.
自ら餓えに駆られて狂い,墓の草や,
 獰猛な狼の食べ残した骨を求めんことを.
下半身を丸裸にして走り回らんことを,町中を吠え回らんことを,(55)
 さらに,猛々しい犬どもの群れが,そいつを辻から追い払わんことを.
そうなるであろう.神は徴を与えたもうた.愛する者には神威がついている,
 不正な仕方で捨てられたウェヌスは荒れ狂っているのだ.


*1 梟は子供の血を吸ったり,不吉をもたらすとされた.


【2007/01/25 00:30】 Tibullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/813-5ed13df3

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)