FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

ティブッルス第1巻第1歌45-68行

quam iuvat immites ventos audire cubantem 45
 et dominam tenero continuisse sinu
aut, gelidas hibernus aquas cum fuderit Auster,
 securum somnos imbre iuvante sequi!
hoc mihi contingat: sit dives iure, furorem
 qui maris et tristes ferre potest pluvias.   50
o quantum est auri pereat potiusque smaragdi,
 quam fleat ob nostras ulla puella vias.
te bellare decet terra, Messalla, marique,
 ut domus hostiles praeferat exuvias:
me retinent vinctum formosae vincla puellae, 55
 et sedeo duras ianitor ante fores.
non ego laudari curo, mea Delia: tecum
 dum modo sim, quaeso, segnis inersque vocer.
te spectem, suprema mihi cum venerit hora,
 et teneam moriens deficiente manu.     60
flebis et arsuro positum me, Delia, lecto,
 tristibus et lacrimis oscula mixta dabis.
flebis: non tua sunt duro praecordia ferro
 vincta, nec in tenero stat tibi corde silex.
illo non iuvenis poterit de funere quisquam   65
 lumina, non virgo sicca referre domum.
tu manes ne laede meos, sed parce solutis
 crinibus et teneris, Delia, parce genis.

どれほど楽しい事か,吹きすさぶ風の音を寝転がって聞き,(45)
 やわらかく懐の中に女主人を抱く事が,
あるいは,冬の南東風が冷たい雨を注ぐ時に,
 楽しい雨とともに,心安く夢をみる事が.
これが叶えられて欲しい.金持ちになってしかるべきだ,
 海の恐怖とつらい雨を耐える事ができる者は.(50)
おお,むしろ,あらん限りの黄金,あらん限りのエメラルドが滅びん事を,
 私の旅のせいで,だれか女が泣くよりは.
メッサッラ*1よ,あなたには,陸と海とで戦うのが相応しい,
 そうしてあなたの家が,敵からの獲物を見せびらかすように.
私は,美しい乙女の縛めがつなぎ止めており,(55)
 そして堅い門の前で,私は門番として座っている.
私は賞賛されることに気遣いはしない,わがデーリアよ.お前とともに
 いる限りは,怠惰で腰抜けと呼ばれることを望む.
最期の時が来た時には,私はお前を見たい,
 そして,死につつある時には,力ない手でお前を抱きたい.(60)
そして,お前は焼かれる担架に置かれている私に泣いてくれよう,
 悲しみの涙の混じった口づけをお前はしてくれるだろう,
お前は泣くだろう.お前の心は堅い鉄で
 縛られてはいないし,お前の柔らかな心臓には燧石があるわけではない.
その埋葬から,どの若者も,どの乙女も,(65)
 乾いた眼をして家に帰ってくる事はないだろう.
お前は私の霊を苦しめるな,だが解いた髪を傷つけるな,
 デーリアよ,そして柔らかい頬は傷つけるな*2


*1 ティブッルスのパトロン.アクティウムの戦いで重要な役割を果たす.
*2 葬儀の際には,女性は髪をとき,胸を打ったり,身体を傷つけたりしたが,あまりに悲しむことは,逆に死者の霊を苦しめると考えられた.


【2006/12/26 23:20】 Tibullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/747-d33c90bc

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)