FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

カッリマコス『パッラスの入浴』(讃歌5) 131-142行(完結)

w$v fame/na kate/neue: to_ d 0 e0ntele/v, w{| k 0 e0pineu/sh|
77Palla/v, e0pei_ mw/na| Zeu_v to/ge qugate/rwn
dw~ken79Aqanai/ai patrw/i+a pa/nta fe/resqai.
77lwtroxo/oi, ma/thr d 0 ou1tiv e1tikte qea/n,
a0lla_ Dio_v korufa/. korufa_ Dio_v ou0k e0pineu/ei77135
77yeu/dea77777777777777777a( quga/thr.

e1rxet 070Aqanai/a nu=n a0treke/v: a0lla_ de/xesqe
77ta_n qeo/n, w} kw~rai, tw}rgon o3saiv me/letai,
su/n t 0 eu0agori/ai su/n t 0 eu1gmasi su/n t 0 o0lolugai=v.
77xai=re, qea/, ka/deu d 071Argeov70Inaxi/w.77140
xai=re kai_ e0cela/oisa, kai_ e0v pa/lin au]tiv e0la/ssaiv
77i3ppwv, kai_ Danaw~n kla~ron a#panta sa/w.

女神はこう言って頷いた.そして,パッラスが同意したことは,
 成し遂げられるのだ,なぜなら,ゼウスは,娘らのうち,
アテーナーだけに,これを許したのだ,父の全ての力を持つ事を.
 入浴係らよ,どの母親も,この女神を生まず,
ゼウスの頭が生んだ*1.ゼウスの頭は偽りに(135)
 頷く事はない…………(欠落)……………この娘が

アテーナーは今本当にやって来た.さあ,女神を
 迎えよ,娘達よ,その仕事をするべき者らよ,
吉兆の言葉と,祈りと,歓声と共に.
 ようこそ,女神よ,イナコス河*2のあるアルゴスを気にかけたまえ.(140)
ようこそ,来たりたもうた女神よ,そして,再び戻って馬を
 馳せ給え,そして,ダナオイ人の全ての領土を守りたまえ.


*1 ゼウスはメーティスの息子に取って代わられるという恐れから,メーティスを飲み込み,その後,ゼウスの頭からアテーナーが生まれる.
*2 アルゴスの傍を流れる河.


【2006/12/24 16:21】 Callimachus in Lavacrum Palladis | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/742-d2e38e19

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)