FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

カッリマコス『パッラスの入浴』(讃歌5) 119-130行

w} e9ta/ra, tw~| mh/ ti minu/reo: tw~|de ga_r a1lla
77teu= xa/rin e0c e0me/qen polla_ meneu=nti ge/ra,77120
ma/ntin e0pei_ qhsw~ nin a)oi/dimon e0ssome/noisin,
77h] me/ga tw~n a1llwn dh/ ti perisso/teron.
gnwsei~tai d 0 o1rnixav, o4v ai1siov oi3 te pe/tontai
77a1liqa kai_ poi/wn ou0k a)gaqai_ pte/rugev.
polla_ de_ Boiwtoi=si qeopro/pa, polla_ de_ Ka/dmw|77125
77xrhsei=, kai_ mega/loiv u3stera Labdaki/daiv.
dwsw~ kai_ me/ga ba/ktron, o3 oi9 po/dav e0v de/on a)cei~,
77dwsw~ kai_ bio/tw te/rma poluxro/nion,
kai_ mo/nov, eu]te qa/nh|, pepnume/nov e0n neku/essi
77foitasei=, mega/lw| ti/miov79Agesi/la|. 0 077130

おお,友よ,それ故に,嘆いてはならぬ.というのも,この者と
 お前のために,別に私からの多くの贈り物が待っているのだから.(120)
なぜなら,私は彼を,後々の人々に歌われる予言者にするだろうから.
 それも他のものらよりも遥かに際立った者にしよう.
彼は鳥どもを見極めるだろう,予兆を成して飛ぶか,
 意味なく飛ぶか,そして,その羽根が凶兆成すような鳥かを.
多くの神託をボイオーティア人に,多くの神託をカドモスに(125)
 与えるだろう,そして,後には偉大なラブダコス*1の子孫に.
私はまた,大きな笏を与えよう,それで足を必要な折に導くために.
 私はまた,人生の終わりがずっと長く先にあるようにしよう,
そして,彼だけが,死んだ時に,死者の中に彷徨いながら意識を
 保ち,偉大なハーゲシラース*2にも讃えられよう.」(130)


*1 カドモスの孫.
*2 冥王ハーデースの別称.「導く者」の意味.


【2006/12/24 03:41】 Callimachus in Lavacrum Palladis | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/741-9e88b382

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)