FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

電気ショックを与えた時に夫が手を握るとストレス解消

ヤフーのニュースでちょっと有名になった,「夫が手を握るとストレス解消」の記事の真相解説です.ブログ自体は,山口ともみさんという,文化人類学者の方のブログです.

  http://diary.jp.aol.com/mywny3frv/349.html

にくさんのブログに行っている方ならもうご存知だと思いますが,いや,すごいですねー.実は電気ショックの際のストレス解消.平気でこんな実験をするというのはちょっと信じがたいですが,やりかねないという気もしないでもありません.
 専門的なことは分かりませんが,別に電気ショックなどしないで,歯医者さんを予約している患者さんに,配偶者同伴で来てもらったら,電気ショックの道具もいらないし,被験者も適度にばらつくとおもうのですけどね.しかし,こんな実験がまかり通る国にすむほうが余程のストレスでしょうねえ.確かに結婚でもしていないと,やっていられないかも.
 リサーチデザインは山口さんのおっしゃるとおり,かなり変なような気がしますが,これは西洋古典でも同じですね.常日頃から方法論を吟味していないと,とてつもなくへんてこな論文になってしまうので,気をつけなければいけません.

[追記]
そういえばすごく昔の話ですが,よくある超能力系の番組で,「植物が人間の痛みや恐怖などに共感する実験」というのをやっていました.植物に電極などをつけておいて,何も知らない被験者の人間を呼んで,指を切ってから絆創膏を貼る(!),という一連の動作を,植物の前で行って,その際にどういう反応が植物から得られるかというものです.本当に指を切っているので,大学の先生なら謹慎処分は確実でしょう.書類送検もあるかもしれません.しかも,実験内容は知らされていないので,手に傷を付けることに,事前の承諾もなかったのではないかと思います(やらせでなければ).植物につけている電極かなにかから取って来る記録は,ちゃんとそれに反応していたのですが,この実験をやっている人,すごくてきぱきと実験を進めていたのが印象的でした.植物のほうが人間に同情的だという実験のように見えましたよ(案外あたっているかもしれません).


【2006/12/24 00:06】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/740-a7faebc1

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)