FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

カッリマコス『パッラスの入浴』(讃歌5) 97-118行

79 9di=a gu/nai, meta_ pa/nta baleu~ pa/lin o3ssa di 0 o0rga/n
77ei}pav: e0gw_ d 0 ou! toi te/knon e1qhk 0 a0lao/n.
ou0 ga_r70Aqanai/a| glukero_n pe/lei o1mmata paidw~n
77a(rpa/zen: Kro/nioi d 0 w{de le/gonti no/moi:77100
o3v ke tin 0 a)qana/twn, o3ka mh_ qeo_v au0to_v e3lhtai,
77a)qrh/sh|, misqw~ tou=ton i0dei~n mega/lw.
di~a gu/nai, to_ me_n ou0 palina/greton au]qi ge/noito
77e1rgon, e0pei_ Moira~n w{d 0 e0pe/nhse li/na,
a(ni/ka to_ pra~to/n nin e0gei/nao: nu=n de_ komi/zeu,77105
77w} Eu0hrei/da, te/lqov o0feilo/menon.
po/ssa me_n a( Kadmhi_v e0v u3steron e1mpura kausei=,
77po/ssa d 070Aristai=ov, to_n mo/non eu0xo/menoi
pai=da, to_n h9bata_n70Aktai/ona, tuflo_n i0de/sqai.
77kai_ th=nov mega/lav su/ndromov70Arte/midov77110
e1ssetai: a)ll 0 ou0k au0to_n o3 te dro/mov ai3 t 0 e0n o1ressi
77r9useu=ntai cunai_ ta~mov e9kaboli/ai,
o9ppo/ka k 0 ou0k e0qe/lwn per i1dh| xari/enta loetra/
77dai/monov: a)ll 0 au0tai_ to_n pri_n a1nakta ku/nev
touta/ki deipnhseu=nti: ta_ d 0 ui9e/ov o0ste/a ma/thr77115
77lecei=tai drumw_v pa/ntav e0perxome/na:
o0lbi/stan d 0 e0re/ei se kai_ eu0ai/wna gene/sqai
77e0c o0re/wn a)lao_n pai=d 0 u9podecame/nan.

「高貴な女よ,怒りに任せてお前が言った限りの事を
 全て考え直すがよい.私はお前の子を盲目にしたのではない.
というのも,子らから眼を奪うことはアテーナーにとっては
 楽しい事ではないから.だが,クロノスの法はこのように語られているのだ.(100)
『誰であろうと,不死なる神々のだれかを,神自身が選んでいない時に,
 見たならば,その者を見た事は,大きな代償を払うだろう.』
高貴な女よ,それは再び取り返しのつかないことだ,
 なぜなら,最初にお前が彼を生んだ時から,
モイラ女神らの糸はそのように紡がれたのだから.だが,今,お前は(105)
 エウエーレースの子よ,お前に定められた罰を受けよ.
どれほど多くの捧げ物をカドモス*1の娘が後に火に焼くだろうか,
 どれほど多くをアリスタエウス*2は焼くだろうか,彼らの
一人息子,若盛りのアクタイオーンを,たとえ盲目でも見るために祈って*3
 彼もまた,偉大なアルテミスの狩り仲間と(110)
なるであろう.だが,その狩りも,山で共に
 行われた射撃も,彼を守りはしないだろう,
望まないにせよ,彼が女神の美しい入浴を
 見るその時には.だが,彼自身の犬どもは,以前の主を
その時宴にするだろう.そして,息子の骨を母は(105)
 あらゆる茂みの中に入って集めるだろう.
彼女は,山から盲目の息子を受け取った
 お前を最も幸せで恵まれた者と呼ぶだろう.


*1 アウトノエー.アリスタイオスとともに,アクタイオーンを生む.
*2 アポッローンの子.
*3 アリスタエウスは狩りの間にアルテミスの裸身を見て,自分の連れていた犬たちに八つ裂きにされる.


【2006/12/23 23:34】 Callimachus in Lavacrum Palladis | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/739-19089527

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)