FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

カッリマコス『パッラスの入浴』(讃歌5) 85-96行

a( nu/mfa d 0 e0bo/ase:79 9 ti/ moi to_n kw~ron e1recav7785
77po/tnia; toiau=tai, dai/monev, e0ste_ fi/lai;
o1mmata/ moi tw~ paido_v a)fei/leo. te/knon a!laste,
77ei]dev70Aqanai/av sth/qea kai_ lago/nav,
a)ll 0 ou0k a0e/lion pa/lin o1yeai. w@ e0me_ deila/n,
77w@ o1rov, w@79Elikw_n ou0ke/ti moi parite/,7790
h[ mega/l 0 a0nt 0 o0li/gwn e0pra/cao: do/rkav o0le/ssav
77kai_ pro/kav ou0 polla_v fa/ea paido_v e1xeiv. 0 0
a( me_n <a3m 0> a)mfote/raisi fi/lon peri_ pai~da laboi=sa
77ma/thr me_n goera~n oi]ton a)hdoni/dwn
a}ge baru_ klai/oisa, qea_ d 0 e0le/hsen e9tai/ran.7795
77kai/ nin70Aqanai/a pro_v tod 00 e1lecen e1pov:

77777793 a3m 0 suppl. Schneider

だが,ニンフは叫んだ.「あなたはなにを私の息子にしたのですか,(85)
 女神よ?あなた方神様はこのような形で親しいのですか?
あなたは私のこの子の眼を奪った.哀れな我が子よ,
 お前はアテーナーの胸と腹を見たのだ,
だが,お前は再び日の目を見る事はないだろう.おお,哀れな私,
 おお,山よ,私が再び通り過ぎることのないヘリコーンよ,(90)
お前はどれほど大きな事を,つまらないことの代わりに行ったことか.羚羊と
 ノロジカを僅かにお前は失ったが,息子の眼をお前は持っている」
母親は両腕で我が子を抱いて
 夜啼き鶯の悲痛な嘆きを
激しく泣きながら続けていた.一方女神はその付き人を哀れみ,(95)
 そしてアテーナーは彼女にこの言葉を投げかけた.


【2006/12/22 08:57】 Callimachus in Lavacrum Palladis | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/736-412592c7

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)