FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

オウィディウス『イービス』45-66行

prima quidem coepto committam proelia versu, 45
 non soleant quamvis hoc pede bella geri.
utque petit primo plenum flaventis harenae
 nondum calfacti militis hasta solum.
sic ego te nondum ferro iaculabor acuto,
 protinus invisum nec petet hasta caput,  50
et neque nomen in hoc nec dicam facta libello,
 teque brevi, qui sis, dissimulare sinam.
postmodo, si perges, in te mihi liber iambus
 tincta Lycambeo sanguine tela dabit.
nunc, quo Battiades inimicum devovet Ibin,  55
 hoc ego devoveo teque tuosque modo,
utque ille, historiis involvam carmina caecis,
 non soleam quamvis hoc genus ipse sequi.
illius ambages imitatus in Ibide dicar
 oblitus moris iudiciique mei.        60
et, quoniam, qui sis, nondum quaerentibus edo,
 Ibidis interea tu quoque nomen habe.
utque mei versus aliquantum noctis habebunt,
 sic vitae series tota sit atra tuae.
haec tibi natali facito Ianique kalendis    65
 non mentituro quilibet ore legat.

私は,始められた詩句*1を使って,初めての戦いをしよう,(45)
 この詩脚では戦いは行われないのが普通だが.
ちょうど,黄色い砂で満たされた地面を,
 まだ体の暖まっていない兵士の槍が最初に突くように*2
そのように,私はまだ鋭い切っ先でお前を突かないだろうし,
 すぐには槍も憎いお前の命を襲わないだろう.(50)
そして,この本の中では,お前の名前も仕業も語らないだろう,
 そして,少しの間,お前に,お前が誰かを偽装することを許そう.
後になっても,もしお前が同じ事を続けるなら,我がイアンブス詩の本が
 リュカンベースの血で染めた槍を,お前に投げつけるだろう*3
今は,バットゥスの子*4が敵対するイービスを呪ったのと(55)
 同じやりかたで,私もお前とお前の身内を呪う.
ちょうど彼のように,謎めいた話で私の歌を包もう,
 この種のことを自分でするのは不慣れではあるのだが.
彼のイービスの謎をまねて,私は
 自分の習慣と審美眼を忘れたと言われよう.(60)
そして,私は,お前が誰なのか訊かれても,明かす事はないのだから,
 その間,お前もまた,イービスの名前を持つがよい.
そして,ちょうど私の詩句が,なにがしかの暗闇を持つであろうように,
 そのようにお前の一連の人生も暗くなればよい.
これをお前の誕生日や元旦の贈り物にすればよい,(65)
 だれであれ,偽らぬ口でこれを読む者が.


*1 今まで書いたところの詩の韻律,すなわち,エレゲイア詩脚によって,ということ.
*2 おそらく,準備の軽い練習の動作.cf. Cic.De or.2.78.36. ait idem (sc.Philippus), cum bracchium concalfecerit, tum se solere pugnare. 「フィリップスは言った,手が温まってから,自分は戦うのが常だ,と」
*3 アルキロコスは,彼とその娘の婚約を破棄したリュカンベースに対して攻撃するイアンボス詩を書き,娘はそのために自殺したという.
*4 カッリマコスのこと.バットゥスの名はカッリマコスの出身地であるキュレーネーの創始者同名で,その血を引くとされる.


【2006/04/30 14:28】 Ovidius Ibis | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/466-d3de2dd9

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)