FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

カトゥッルス66歌 ベレニーケーの髪の房 51-68行

abiunctae paulo ante comae mea fata sorores
 lugebant, cum se Memnonis Aethiopis
unigena impellens nutantibus aera pennis
 obtulit Arsinoes Locridos ales equos,
isque per aetherias me tollens avolat umbras   55
 et Veneris casto collocat in gremio.
ipsa suum Zephyritis eo famulum legarat,
 Graiia Canopitis incola litoribus.
hic liquidi vario ne solum in lumine caeli
 ex Ariadnaeis aurea temporibus        60
fixa corona foret, sed nos quoque fulgeremus
 devotae flavi verticis exuviae,
uvidulam a fluctu cedentem ad templa deum me
 sidus in antiquis diva novum posuit.
Virginis et saevi contingens namque Leonis    65
 lumina, Callisto iuncta Lycaoniae,
vertor in occasum, tardum dux ante Booten,
 qui vix sero alto mergitur Oceano.

59 hic liquidi Friedrich : hi dii uen ibi codd. : inde Venus Postgate  lumine γ: limine θ: numine V

少し前に私から別れた兄弟の髪の毛は,その運命を
 嘆いていたが,その時,エチオピアのメムノーンの
兄弟*1が,打ち振る羽で空を漕ぎながら,
 ロクリスのアルシノエー*2の翼ある馬となって現れ,
そしてその彼は,私を乗せて夜の空を飛び去り,(55)
 そしてウェヌスの汚れ無き懐へと置いた.
ゼピュリウムの女神は,自ら自分の召使いをそのために使いにした,
 カノプス*3の岸に住むギリシアの女神は.
澄んだ空の様々な光の中で,
 アリアドネーの頭からとられた(60)
金の冠*4だけが懸かっているのではなく,
 金髪の頭からの捧げ物の品である私もまた輝くようにと,
波に濡れつつ,神々の神殿へとみまかった私を,
 女神は新しい星として古い星々の中に置いたのです.
私は乙女座と,獰猛な獅子座の(65)
 星に接しながら,リュカオーンの娘カッリストー*5の隣に居り,
私は歩みの遅い牛飼い座の前を先導しながら回って沈み,
 その星座はずっと遅れて,深い海に沈みます.


*1 カッリマコス古注によると,西風のゼピュロス.メムノーンもゼピュロスも,母親は曙の女神エーオース.下記*2も参照.
*2 プトレマイオス2世の妃で,神格化されてウェヌスと同一視された.アレクサンドリアの東のゼピュリウムに神殿がたてられていた.なぜ「ロクリスの」となっているのかについては不詳.
*3 ゼピュリウムの近くの町.
*4 テーセウスに捨てられた後,アリアドネーは,バッコスに助けられ,バッコスは結婚の祝いに彼女が頭につけていた宝石を星とする.
*5 ゼウスに愛されたカッリストーは,ヘーラーの恨みにより熊にされるが,ゼウスは彼女を大熊座に変える.


【2006/04/25 21:31】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/438-6e095461

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)