FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

プロペルティウス 4巻7歌 キュンティアの幽霊(2/4)

foederis heu taciti, cuius fallacia verba
 non audituri diripuere Noti.
at mihi non oculos quisquam inclamavit euntis:
 unum impetrassem te revocante diem.
nec crepuit fissa me propter harundine custos, 25
 laesit et obiectum tegula curta caput.
denique quis nostro curuum te funere vidit,
 atram quis lacrimis incaluisse togam?
si piguit portas ultra procedere at illuc
 iussisses lectum lentius ire meum.      30
cur ventos non ipse rogis, ingrate, petisti?
 cur nardo flammae non oluere meae?
hoc etiam grave erat, nulla mercede hyacinthos
 inicere et fracto busta piare cado.
Lygdamus uratur; candescat lamina vernae:    35
 sensi ego, cum insidiis pallida vina bibi,
ut Nomas arcanas tollat versuta salivas;
 dicat damnatas ignea testa manus.
quae modo per vilis inspecta est publica nostes,
 naec nunc aurata cyclade signat humum.    40
et graviora rependit iniquis pensa quasillis,
 garrula de facie si qua locuta mea est,
nostraque quod Petale tulit ad monumenta coronas,
 codicis immundi vincula sensit opus.
caeditur et Lalage tortis suspensa capillis,  45
 per nomen quoniam est ausa rogare meum.
te patiente meae conflavit imaginis aurum,
 ardente e nostro dotem habitura rogo.

37 ut recc.: aut O

ああ,秘密の関係よ,その偽りの言葉を
 聞く気のない南風が攫っていった.
だが,だれも私のために,今際の際の眼に叫んでくれはしなかった.
 もしあなたが呼び戻したら,1日は手に入れられたのに.
見張りも割れた葦で私のために音をたててくれなかったし,(25)
 傷んだ瓦のせいで頭がごつごつして痛くなったわ.
その上,誰か私の葬儀の時に,あなたがしゃがんでいるのを見た人いる?
 誰か黒い上着が涙で濡れて暖かくなったのを見た人が?
もし門の外に出て行くのがいやなら,それでもそこまで
 私の床をもっとゆっくりともっていくように命じられたでしょうに.(30)
どうして自分で薪に風を呼ばなかったの,不実な人,
 どうして私を燃やす炎がナルドの薫りがしなかったの?
これも酷い事だったわ,一文もしないヒヤシンスを
 投げ込んで,壊れた土瓶で墓を浄めたことも.
リュグダムスは焼かれなさい,奴隷のために金属板を赤く焼きなさい.(35)
 罠で死をもたらす葡萄酒を私が飲んだ時,それと分かったのよ.
例えノマスが秘密の毒汁を片付けたとしても,
 焼いた煉瓦が,その手に罪があることを語るだろう.
かつて夜中安い娼婦として見定めされていた
 その女が今や金のドレスを地面に引きずっている.(40)
そして不公平な割り当ての羊毛をバスケットに量る,
 おしゃべりな女がもし私の顔について喋ったら.
ペタレーが私のお墓に花輪を持っていったので,
 お婆さんなのに汚い木の皮の戒めを受けたよ.
ララゲーは巻き髪で吊るされてむち打たれたわ, (45)
 私の名前で大胆にもお願いしたせいで.
あなたも止めることなく,彼女は私の像の金を融かして,
 私が燃える薪から婚資を得ようとしたわ.


【2005/08/11 04:13】 Propertius | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/38-02f40e63

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)