FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

ホラーティウス「イアムボス集」5歌 83-102行(完結)

sub haec puer iam non, ut ante, mollibus
 lenire verbis impias,
sed dubius, unde rumperet silentium,    85
 misit Thyesteas preces:
'venena magnum fas nefasque, non valent
 convertere humanam vicem.
diris agam vos: dira detestatio
 nulla expiatur victima.          90
quin, ubi perire iussus exspiravero,
 nocturnus occurram Furor
petamque vultus umbra curvis unguibus,
 quae vis deorum est Manium,
et inquietis adsidens praecordiis      95
 pavore somnos auferam.
vos turba vicatim hinc et hinc saxis petens
 contundet obscenas anus,
post insepulta membra different lupi
 et Esquilinae alites,           100
neque hoc parentes, heu mihi superstites
 effugerit spectaculum.'

この後に,少年はもはや,前のようには,穏やかな
 言葉で不敬な女たちを宥めようとはせず,
どこから沈黙を破ろうか迷いつつ,(85)
 テュエステースの祈り*1を発した.
「毒が大きな正義と不正を変えることが出来ても,
 人間の因果を変えることは出来ない.
呪いによって,僕はあなた方を追いつめよう.恐ろしい呪いは
 いかなる生け贄によっても,宥めることは出来ない.(90)
それどころか,死を命じられて僕が息を引き取ったなら,
 夜の復讐神となって現れるだろう,
そして幽霊となって,鈎爪で顔を襲うだろう,
 それは死霊の神の力なのだが,
そして,心に巣食って安らぐ事をなくし,(95)
 恐怖によって眠りを奪うだろう.
群衆は通りから通りへあちこちに,石もて追って
 ふしだらな老女のあなた方を打つ事だろう.
その後,埋葬されずにその体は狼や
 エスクィリアエ*2の鳥が引きずりまわし,(100)
そして,僕の両親も,ああ,長生きして,
 この見せ物を見逃さないでしょう」


*1 テュエステースは,アトレウスによって,知らずに自分の子を食わされ,アトレウスを呪う.
*2 ローマの東の最も大きい丘で,墓地として使われていた.


【2006/02/13 01:01】 Horatius Iambi (Epodi) | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

おつかされさまです


 どもどもおつかれさまです。さっそく印刷して通読させてもらいました。翻訳を読だけで難解さが伝わってくる詩ですね。。。だからホラティウスくんは(涙)
 まだラテン語の方を読んでいないので、何もいえないのですが、一つだけ気がついた点として、最初は「カニディア」になっていて、次からは「カニーディア」になっています。…ってなんて些細な指摘なんだ(涙)!時間を見つけてラテン語の方も読みたいと思います。


【2006/02/13 08:07】 URL | にく #- [ 編集]

ありがとうございます


いやいや,印刷までしてくださるとは…….泣きながら翻訳したので,大分間違いあると思います.遠慮なく指摘して下さい.
カニディアは直しました.これもありがとうございます.
それにしても,イアムボスは読むの大変なので,簡単な原典講読用の注釈と語彙ノートなんかも作ろうかなあと思っています.


【2006/02/13 12:14】 URL | メレアグロス #1N3OCQkI [ 編集]

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/365-0616b7ef

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)