FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

ホラーティウス「イアムボス集」5歌 47-66行

hic irresectum saeva dente livido
 canidia rodens pollicem
quid dixit aut quid tacuit? 'o rebus meis
 non infidelis arbitra          50
Nox, et Diana, quae silentium regis,
 arcana cum fiunt sacra,
nunc, nunc adeste, nunc in hostilis domos
 iram atque numen vertite!
formidulosis dum latent silvis ferae     55
 dulci sopore languidae,
senem, quod omnes rideant, adulterum
 latrant Suburanae canes
nardo perunctum, quale non perfectius
 meae laborarint manus.         60
quid accidit? cur dira barbarae minus
 venena Medeae valent,
quibus superbam fugit ulta paelicem,
 magni Creontis filiam,
cum palla, tabo munus imbutum, novam  65
 incendio nuptam abstulit?

58 latrant Housman : latrent codd.

この時,カニーディアは荒々しく,鈍色の歯で,切られていない
 親指の爪を噛みながら*1
何を言い,何を黙っていたのか?「おお,私の技に
 実に忠実な証人たる (50)
夜よ,秘密の聖儀が行われている時に
 静寂を支配しているディアーナよ,
今こそ,今こそ,来たりませ,今こそ,憎き家に
 怒りと神威を向けたまえ.
獣たちが恐ろしい森の中,甘き眠りに(55)
 ぐったりとして隠れる時,
皆の笑いぐさだけど??,老いぼれ姦通者に
 スブウーラ*2の雌犬どもは吠えかかっている.
私の手がもっと完璧に仕上げることは出来ないほどよく出来た
 香油を塗りたくっていたというのに.*3(60)
何が起こったのか?どうして,野蛮なメーデーアの
 おぞましい毒の効き目がなかったのか,
それを使って,彼女は傲慢な姦婦,
 権力者クレオーンの娘に報復して逃げたのだ,(65)
毒汁に浸した贈り物の衣が,新婦を
 炎で亡き者にしている時に*4


*1 怒りの象徴.
*2 ローマの中でも,最もいかがわしい場所.
*3 この4行は解釈が非常に難しい.ここでは,カニーディアが,自分の所に引き戻す効用のある魔法の香油を塗った彼女の夫が,それにもかかわらず,相変わらずスブーラで漁色をしている(つまり,そこにいる番犬に吠えかかられている),という意味に理解した(この場合,58の写本の読みのlatrentの代わりに,latrant(Housman)を採用しなければならない).
*4 コリントゥスの王クレオーンは,ペーレアスを殺したイアーソーンとメーデーアを受け入れるが,そこでイアーソーンはメーデーアを捨て,クレオーンの娘と結婚することにする.メーデーアは,贈り物と称して,毒をつけた衣をクレオーンの娘に贈り,それで焼き殺す.


【2006/02/11 22:01】 Horatius Iambi (Epodi) | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/361-0d1fd480

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)