FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

プロペルティウス 4巻7歌 キュンティアの幽霊(1/4)

Sunt aliquid manes: letum non omnia finit,
 luridaque evictos effugit umbra rogos.
Cynthia namque meo visa est incumbere fulcro,
 murmur ad extremae nuper humata viae,
cum mihi somnus ab exsequiis penderet amoris,   5
 et quererer lecti frigida regna mei.
eodem habuit secum quibus est elata capillos,
 eodem oculos: lateri vestis adusta fuit,
et solitum digito beryllon adederat ignis,
 summaque Lethaeus triverat ora liquor.     10
spirantisque animos et vocem misit: at illi
 pollicibus fragiles increpuere manus:
'Perfide nec cuiquam melior sperande puellae,
 in te iam vires somnus habere potest?
iamne tibi exciderant vigilacis furta Suburae  15
 et mea nocturnis trita fenestra dolis?
per quam demisso quotiens tibi fune pependi,
 alterna veniens in tua colla manu!
saepe Venus trivio commissa est, pectore mixto
 fecerunt tepidas pallia nostra vias.      20

霊は確かに存在するのだ.死は全てを終わらせるわけではないし
 青白い霊魂は火葬の薪を逃れて打ち勝つのだ.
なぜなら,キュンティアが僕の枕元を覗き込んでいるのが見えたのだ,
 道の脇の人がざわめくところで最近葬られた彼女が.
それは葬儀の後に愛の夢を見つつあるとき,(5)
 そして我が寝台の王国が冷たいのを嘆いている時.
葬送の時とおなじ髪と
 同じ眼をしていた.服の脇は焦げていた,
そしていつも指にしていた緑柱石は火に食われ,
 唇の先は三途の川の水が侵していた.(10)
彼女は活き活きした怒りを声を発した.だが彼女の
 もろい手は指のぽきぽきいう音をたてた.
「不実で,どの女にもましになるのは望めない男,
 あんたにまだ夢が力を持つことができるの?
眠らぬスブーラでの隠れた逢い引きはもう忘れたの?(15)
 夜の欺きで擦れた私の窓も?
その窓を通って,あなたのために私はおろした縄からぶら下がり
 手を交互に動かして降りてあなたの首にまで行ったのに.
何度も道ばたで愛を交わし,胸を重ねていた時
 我々の上着は道をあたためていたのよ.(20)


【2005/08/10 13:59】 Propertius | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます


このコメントは管理人のみ閲覧できます


【2013/05/02 09:10】 | # [ 編集]

Re: 第一行目の訳


1行の「何がしかのもの」にコメントをいただいています.どうもありがとうございます.

ここは翻訳難しいところですが,aliquis というのは原義は「何らかの」で,ここでは中性名詞として
使われていて「何らかの意味のあるもの」ということだと思います(OLD旧版の9a).この行の意味は
「霊が存在するのは確かだ」という意味でしょうか.Hutchinson の注釈では"Sunt aliquid: 'exist'"
となっているので思い切って「霊は存在するのだ」でいいのかもしれません(個人的にはもうすこし
曖昧さを残したい気持ちもありますが).とりあえず訳し直してみましたが,いい翻訳があったら入れ
替えたいと思います.


【2013/05/03 11:29】 URL | メレアグロス #- [ 編集]

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/36-26e2a1f7

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)