FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

カトゥッルス68歌105-16

quo tibi tum casu, pulcerrima Laudamia,   105
 ereptum est vita dulcius atque anima
coniugium: tanto te absorbens vertice amoris
 aestus in abruptum detulerat barathrum,
quale ferunt Grai Pheneum prope Cyllenaeum
 siccare emulsa pingue palude solum,    110
quod quondam caesis montis fodisse medullis
 audit falsiparens Amphytryoniades,
tempore quo certa Stymphalia monstra sagitta
 perculit imperio deterioris eri,
pluribus ut caeli tereretur ianua divis,     115
 Hebe nec longa virginitate foret.

その出来事によって,最も美しいラーウダミーアよ,(105)
 お前から命よりも心よりも甘い物であった
夫が奪い取られたのだ.これほどまでの愛の渦によって,お前を
 巻き込んだ波は,お前を切り立った深淵へと流し込んだ,
ちょうどギリシア人が言うように,キュッレーネー山の麓ペーネウスの町*1のそばで,
 豊かな沼から水を絞りだして,土を乾かしたあの深淵のよう,(110)
その深淵は,かつて,山の髄を切って
 偽の父親アムピトリオーンの息子*2があえて掘ったもの,
それは自分よりも劣った主人の命令*3で,過たぬ矢によって
 ステュンパルスの怪物*4を射殺したときのこと.
そうして,天の門はより多い神々によって通られ,(115)
 へーべーも,長い処女性を持たなくなった*5


*1 両者とも北アルカディアにある.ここで沼地の水を引いたのは,ヘーラクレースの仕事とされる.
*2 ヘーラクレースの父は実はゼウスで,アムピトリオーンは名目上の父.
*3 12の苦行を与えたエウリュステウスのこと.
*4 ステュンパルスも北アルカディアの町.この近くに,畑を荒らす鳥が住み着き(あるいは人肉を食らう鳥),それを退治することがエウリュステウスによって命ぜられた.12苦行の一つ.
*5 ヘーラクレースは死後神となり,ヘーベーと結ばれる.


【2005/12/26 01:55】 Catullus 68 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/251-eb48fc56

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)