FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

キケロー『カエリウス弁護』18




(18) reprehendistis ā patre quod sēmigrārit. quod quidem in hāc aetāte minimē reprendendum est. quī cum ex pūblicā causā iam esset mihi quidem molestam, sibi tamen glōriōsam victōriam cōnsecūtus et per aetātem magistrātūs petere posset, nōn modo permittente patre sed etiam suādente ab eō sāmigrāvit et, cum domus patris ā forō abesset, quō facilius et nostrās domūs obīre et ipse ā suīs colī posset, condūxit in Palātiō nōn magnō domum. quō locō possum dīcere id, quod vir clārissimus, M. Crassus, cum dē adventū rēgis Ptolemaeī quererētur, paulō ante dīxit:

(18) あなた方は,彼が父の元から引っ越したことを非難しました.そのこと自体はこの年齢では殆ど非難されるべきことではありません.公事のために,今や私には手にあまることになっていますが,しかし自分自身に栄誉ある勝利を手中にし,そしてその年齢によって政務官を志願できるようになってから,父の許可を得たのみならず,父から勧められさえして,彼の元から引っ越し,父の家はフォルムから遠く離れていたので,それだけ容易に我々の家々にやってきて,また自ら自分の仲間より表敬訪問をうけられるようにと,パラーティーヌス丘にさほど高くなく家を借りたのです.ここで私は,マールクス・クラッススが先ほど,プトレマイオス王の来訪について嘆いた時に言ったことを言うことができましょう*1

  Utinam nē in nemore Pēliō—

ac longius mihi quidem contexere hoc carmen liceret:

  nam numquam ēra errāns

hanc molestiam nōbīs exhiberet

  Mēdēa animō aegrō, amōre saevō saucia.

sīc enim, iūdicēs, reperiētis quod, cum ad id locī vēnerō, ostendam, hanc Patātīnam mēdēam migratiōnemque hanc adulēscentī causam sīve malōrum omnium sīve potius sermōnum fuisse.

  ペーリオンの山でこのことが起こらなければ——

さらにもっと長くこの歌を続けるのがこの私に許されるのなら:

  というのも,女主人は決して過ちを犯さず……

この悶着を我々に引き起こしたのは

  病んだ心の,凄まじい愛に痛めつけられたメーデイア

このように,裁判官諸君,あなた方は,私がここに来た時に示そうとしたことを見出すことでしょう.すなわち,パラーティーヌスのメーデイアと,この転居が,若者にとって全ての悪,あるいは,それよりはむしろ,噂の原因であるということをです.

*1 クラッススはキケローの前に弁護の演説をしており,その時に以下のエンニウスの詩行を引用している.クラッススは,エジプトからの使者らへの攻撃とディオーンの殺害(この容疑がカエリウスにかけられている)を語る際に引用したが,キケローはパラーティーヌス丘をペーリオン山にかけて,そこにカエリウスがいなければクローディア(メーデイアにかけている)もカエリウスに問題を起こすことがなかったはずだということを語っている.





【2018/03/25 22:51】 Cicero Pro Caelio | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/2398-ad7ee4bf

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)