FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

キケロー『カエリウス弁護』11



(11) Tot igitur annōs versātus in forō sine suspiciōne, sine īnfāmiā, studuit Catilīnae iterum petentī. quem ergō ad fīnem putās custōdiendam illam aetātem fuisse? nōbīs quidem ōlim annus erat ūnus ad cohibendum bracchium togā cōnstitūtus, et, ut exercitātiōne lūdōque campestrī tunicātī ūterēmur, eademque erat, sī statim merēre stipendia coeperāmus, castrēnsis ratiō ac mīlitāris. quā in aetāte nisī quī sē ipse suā gravitāte et castimōniā et cum disciplīnā domesticā tum etiam nātūrālī quōdam bonō dēdenderet, quōquō modō ā suīs custōdītus esset, tamen īnfāmiam vēram effugere nōn poterat. sed quī prīma illa initia aetātis integra atque inviolāta praestitisset, dē eius fāmā ac pudīcitiā, cum iam sēsē conrōborāvisset ac vir inter virōs esset, nēmō loquēbātur.

(11) したがって,これほど長い年月の間,彼は疑惑もなく,醜聞もなく,公事に携わったのちに,再度志願したカティリーナに入れ込んだのです.それでは,どの期限まで,あなた方は,彼の若年を監視すべきだとお思いでしょうか.我々の場合は実際,かつては一年が,腕をトガで抑えておくため*1,また,トゥニカを纏って肉体訓練と(マールスの)野での教練を用いるため*2,定められており,そして,陣営と軍事の同様のやりかたが,もし我々が直ちに軍人給与を稼ぎ始めた場合には,定められていました*3.その年齢の時に,ある者が自分自身の重みと慎ましさと,家での躾に加え,さらに将来の何らかの善良さによって我が身を守ることなしには,その人物は,いかなりやり方で身近な人々により監督されていても,それでも本当の悪評を逃れることはできなかったでしょう.しかし,その最初の年齢を真っ当に毀損なく保ったような者については,自分がしっかり成熟し一人前の男として人々の中に交わった後も,誰もその名声と貞節について話すことはしなかったものです.


*1 大げさな身振りをせず,トガの中に手を抑えて話すのが慎ましい振る舞いとされた.
*2 ティベル川の東側のマールスの野(campus Mārtius)は軍事教練に使われた.マールスの野はこの地図(<https://legacy.lib.utexas.edu/maps/historical/shepherd_1911/shepherd-c-022-023.jpg>)のティベル川の北の東側にある.
*3 つまり,ローマにとどまって慎ましやかに過ごしつつ軍事教練を受ける若者が一方でおり,他方で,直ちに軍に入って給与を取り始めて,同じように振る舞いを学びつつ軍事教練を受けるものがおり,一年がその期間とされたということが言われているようである.


【2018/03/07 02:36】 Cicero Pro Caelio | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/2385-a1ccfc98

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)