FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

キケロー『カエリウス弁護』10



(10) nam quod Catilīnae familiiaritās obiecta Caeliō est, longē ab istā suspiciōne abhorrēre dēbet. hoc enim adulēscente scītis cōnsulātum mēcum petīsse Catilīnam. ad quem sī accessit aut sī ā mē discessit umquam—quamquam multī bonī adulēscentēs illī hominī nēquam atque improbō studuērunt—tum exīstimētur Caelius Catilīnae nimium familiāris fuisse. "at enim posteā scīmus et vīdimus esse hunc in illīus etiam amīcīs." quis negat? sed ego illud tempus aetātis, quod ipsum suā sponte īnfirmum, aliōrum autem libīdine īnfestum est, id hoc locō dēfendō. fuit adsiduus mēcum praetōre mē; nōn nōverat Catilīnam; Āfricam tum praetor ille obtinēbat. secūtus est tum annus, causam dē pecūniīs repetundīs Catilīna dīxit. mēcum erat hic; illī nē advocātus quidem vēnit umquam. deinceps fuit annus, quō ego cōnsulātum petīvī; petēbat Catilīna mēcum. numquam ad illum accessit, ā mē numquam recessit.

カティリーナとの親交のことがカエリウス君に対して非難されたことについていえば,彼はあなた方の疑惑からは遥か遠くに離れていなければなりません.というのも,彼が青年の時に,あなた方もご存知の通り,カティリーナは私と共に執政官職に志願したのですが,そのカティリーナに,彼が近づくか,あるいは私から一度でも離れたということが,仮にあったとすれば——多くの善良な青年らがかの下劣で不正な人物に入れあげていたのですが——,そういうことがあれば,カエリウス君がカティリーナにあまりにも密な親交があったと,考えられてもよろしい.「だが実際,のちに彼がその男の友人たちの中にいたことを我々も知っているし,見ているのだ」誰が否定できましょう?しかし,私としては,それ自体も自分の意思では未熟であるが,しかし他人の欲望により危険にもなる,この年端の時点について,この場所で弁護しているのです.私が法務官であった時*1,彼はずっと私と共にいたのです.彼はカティリーナを知りませんでした.かの人物はその時属州総督としてアフリカを持っていたのです.続く年には,カティリーナは財物強奪の告発を受けました.彼は私と共にいました.かの人物のために,決して弁護を買ってでたことはありませんでした.続く年に,私は執政官職を志願しました*2.カティリーナは私と共に志願していました.彼は決してかの人物のところに近づかず,決して私の元を離れませんでした.

*1 前66年,カエリウス16歳.

*2 前64年.


【2018/03/06 00:20】 Cicero Pro Caelio | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/2383-c9f309ad

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)