FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

オウィディウス『恋愛詩』1巻12歌……1巻11歌とのペア

Flete meos casus: tristes rediere tabellae
 infelix hodie littera posse negat.
omina sunt aliquid: modo cum discedere vellet,
 ad limen digitos restitit icta Nape.
missa foras iterum limen transire memento (5)
 cautius atque alte sobria ferre pedem.
ite hinc, difficiles, funebria ligna, tabellae,
 tuque, negaturis cera referta notis.
quam, puto, de longae collectam flore cicutae
 melle sub infami Corsica misit apis. (10)
at tamquam minio penitus medicata rubebas:
 ille color vere sanguinulentus erat.
proiectae triviis iaceatis, inutile lignum,
 vosque rotae frangat praetereuntis onus.
illum etiam, qui vos ex arbore vertit in usum, (15)
 convincam puras non habuisse manus.
praebuit illa arbor misero suspendia collo,
 carnifici diras praebuit illa cruces;
illa dedit turpes raucis bubonibus umbras,
 vulturis in ramis et strigis ova tulit. (20)
his ego commisi nostros insanus amores
 molliaque ad dominam verba ferenda dedi?
aptius hae capiant vadimonia garrula cerae,
 quas aliquis duro cognitor ore legat;
inter ephemeridas melius tabulasque iacerent, (25)
 inquibus absumptas fleret avarus opes.
ergo ego vos rebus duplices pro nomine sensi:
 auspicii numerus non erat ipse boni.
quid precer iratus, nisi vos cariosa senectus
 rodat, et immundo cera sit alba situ? (30)


18 diras Heinsius : duras codd.

我が災難に涙を流し給え.悲しき書板が帰って来た,
 不幸な文字は,今日はダメと言っている.
予兆は意味があったのだ.いま出て行こうとした時に
 戸口でナペーは指を打って立ち止まった.
こんどお前が外に送られた時は,戸口を注意深くくぐるように
 そしてしゃんとして高く足を運ぶように気をつけろ.
ここから出て行け,つれない書板よ,火葬の薪よ,
 お前もだ,断りの書き付けに満たされた鑞よ.
それは思うに,コルシカの蜂が長い毒人参の花から集めて
 悪名高い蜜の中に混ぜたもの.
だが,お前はあたかも朱でたっぷり浸されたように赤かった.
 あの色はまさしく血塗られたものであった.
辻に投げ出されていろ,能無しの木切れめ,
 お前もまた,通り過ぎる車輪の重みが砕くがいい.
お前を木から使えるように切り出したその男もまた,
 悪事に手を染めていたことを,僕は立証したい.
その木は,哀れな首に,つり下がる場所を提供した,
 その木は処刑人に残酷な十字架を提供した,
その木はしわがれ声の木菟(みみずく)に恥ずかしくも蔭を与え,
 禿鷹と梟の卵を枝に持ったのだ.
僕が馬鹿だったのか,僕の愛とをこの書板に委ねたのが,
 女主人への愛の言葉を持って行くように与えたのが?
この鑞は口煩い裁判出席確認書を持つのがより相応しい,
 だれか厳しい口の法廷執行人が読むような.
これらは出納帳や,書き付けの間にあるのがいい,
 それを見て,欲張りが使われた財産を嘆くような.
それゆえ,僕はお前がその名に相応しく,二面的なことが分かった.
 それ自体が,よい前兆の数ではなかったのだが.
なにを腹立ちまぎれに僕は祈ろうか,お前をよぼよぼの老年が
 蝕み,そして汚い染みで鑞が白くなることの他に?


【2005/08/06 19:54】 Ovidius | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/23-f03fdc93

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)