FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

ラテン語入門 20 第3変化 (子音幹,u幹) 動詞の直説法現在時制能動態の人称変化

 今回で20回も続いているのに第3変化動詞の現在までしか来ていません.あり得ないぐらい遅いラテン語入門で申し訳ないです.

 さて,第3変化動詞の直説法現在時制能動態です.このタイプは語幹末母音子音または u に終わり,人称語尾との間には i または u (-nt の前)の母音が挿入されます.

第3変化動詞 legō, legere, lēgī, lēctum 「読む,集める」直説法現在時制能動態
  単数 複数
一人称 legō 「私は読む」  legimus 「私達は読む」
二人称 legis 「君は読む」 legitis 「君達は読む」
三人称 legit 「彼(彼女,それ)は読む」 legunt 「彼ら(彼女ら,それら)は読む」


第3変化動詞 metuō, metuere, metuī, metūtum 「恐れる」直説法現在時制能動態
  単数 複数
一人称 metuō 「私は恐れる」  metuimus 「私達は恐れる」
二人称 metuis 「君は恐れる」 metuitis 「君達は恐れる」
三人称 metuit 「彼(彼女,それ)は恐れる」 metuunt 「彼ら(彼女ら,それら)は恐れる」


これはラテン語以前の段階では,-e- または -o- の幹母音(語幹部分と語尾の接触による,語幹と語尾の境界の不明瞭化と,発音の困難を避けるために挿入されていた母音)に由来します.この -e/o- (幹母音はスラッシュを使ってこのように表記されるのが普通です)は,ラテン語が語頭に強い強アクセントを持っていた時期に,弱化を起こして,-e- は -i- に,-o- は -u- になりました(つまり,*leges > legis*, leget > legit, ... *legont > legunt).その結果,上の変化表のようになったわけです(前にも書いたように,厳密にいえばすこし違う由来のものもあるのですが,説明が入門範囲を大きく超えるので,別の機会にします).不定詞の legere, metuere には,この幹母音の本来の形が残っています(これは r の前では,全ての開音節の短母音は弱化の結果 e の音になるためなので,厳密に言えば弱化が起こっていないわけではないのかもしれませんが).

 多少理屈はありますが,これも学習時には,そんなことを抜きにして,変化する部分を「変化語尾」として覚えてしまうほうが楽かもしれませんね.


第3変化動詞の直説法現在時制能動態の変化語尾
  単数 複数
一人称 -ō -imus
二人称 -is -itis
三人称 -it -unt


 第3変化で覚えるべきことはこの程度ですが,うっかり三人称複数 legunt を †legint あるいは metuunt を †metuint などにしないよう,少し注意が必要ではあります.また,辞書の見出しに使われている形は,第1変化動詞と,一人称単数の作り方が同じなので,混同しないように,最低でもしっかり不定詞の形 legere, metuere のところまではよく見ておく必要があります.
 なお,第3変化動詞は,完了形やスピーヌムの作り方が様々なタイプがあるので,できれば4基本型全部を早いうちから記憶し始めておいたほうがいいです.後々格段に楽になります.

あとは練習あるのみですね.上の表の legō と metuō の直説法現在時制能動態の人称変化を作ってみて下さい.


     単数複数
一人称 
二人称 
三人称 
  
 
 

      


以下の第3変化の動詞でも,同じようにしてみてください.○にだけ解答を付けています.

agō, agere, ēgī, āctum 「行う」○ (grātiās + 与格 + agō 「与格に感謝する」)
scrībō, scrībere, scrīpsī, scrīptum 「書く」
discō, discere, didicī, — 「学ぶ」
mittō, mittere, mīsī, missum 「送る」○
bibō, bibere, bibī, — 「飲む」○
canō, canere, cecinī, cantātum 「歌う」
vomō, vomere, vomuī, vomitum 「吐く」


名詞のほうも復習に.さすがに解答は不要だと思います.わからなかったら前回までの名詞を復習して下さい:

     単数複数
主格 
属格 
与格 
対格 
奪格 
呼格 
  
 
 
 
 
 

      



Rōmānus, -ī, m. 「ローマ人」
deus, -ī, m. 「神」,dea, -ae, f. 「女神」(変化は前章参照)
discipulus, -ī, m. 「生徒」
lingua Latīna, linguae Latīnae, f. 「ラテン語」
lingua Graeca, linguae Graecae, f. 「ギリシア語」
fīlius, -ī, m. 「息子」
puella, -ae, f. 「少女」
epistula, -ae, f. 「手紙」
grātia, -ae, f. 「感謝」 与格 + grātiās agō 「(与格に)感謝する」
servus, -ī, m. 「奴隷」
liber, librī, m. 「本」
vīnum, -ī, n. 「葡萄酒」
invidia, -ae, f. 「ねたみ」
vulgus, -ī, n. 「大衆」
īnsidiae, ārum, f.pl. 「待ち伏せ」(プルーラーリア・タントゥム)


ラテン語は日本語に,日本語はラテン語に訳してみて下さい.

Rōmānī mihī grātiās agunt.   
  mihī 私に(与格の形)
dīs deābusque grātiās agimus.   
quid mihī grātiās nōn agis?   
我々は君に(tibī)感謝している.   
君たちは我々に(nōbīs)感謝していない.   
studiōsē discitis.   
  studiōsē 熱心に
discipulī linguam latīnam discunt.   
fīlius studiōsē discit.   
少年たちは熱心に学んでいる.   
お前はギリシア語を学んでいる.   
nunc puella legit epistulam.   
  nunc 「今」
Rōmānī legunt operam poētae.   
fīliī epistulam puellae legunt.   
君は本を読んでいる.   
生徒は詩人らの本を読んでいる.   
poētae librōs scrībunt.   
dominus epistulam scrībit.   
scrībitisne epistulās ?   
  -ne 「……か?」
君は本を書いているのか?   
我々は手紙を書いていない.   
vīnum bibis et canis.   
saepe vīnum bibunt et vomunt.   
君たちはしばしば葡萄酒を飲み,歌を歌う.   
īnsidiās magnopere metuimus.   
  magnopere 非常に
servī dominum metuunt.   
nōn metuō invidiam.   
しばしば君たちは大衆のねたみを恐れている.   
ローマ人は待ち伏せを恐れている.   


最後に原典から.第3変化動詞がでてくると,少し読めるものが増えますね.

valent puerī, studiōsē discunt. 子供達は元気で,熱心に学んでいる.(キケロー『クィントゥス宛書簡』3.3.1)
  valeō, valēre, valuī, valitūrus 「元気である」 puer, puerī, m. 「子供」
 ちなみに,上の文では and にあたる et や -que などがなく文がつながれていますが,ラテン語ではよくあります(アシュンデトン asyndeton と言われます).

arma virumque canō ... 武器と男を私は歌う.(ウェルギリウス『アエネーイス』1.1)
  arma, -ārum, n.pl. 「武器」(プルーラーリア・タントゥム) vir, virī, m. 「男」
  -que 「そして」(つなぎ方は A Bque = A et B)
 有名な『アエネーイス』の冒頭です.


【2013/11/10 22:14】 ラテン語入門 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/2254-55516db9

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)