FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

ラテン語入門 19 第1変化名詞(ā 幹)名詞 第2変化(o 幹)名詞 (4) -us に終わる女性名詞,deus

 この第1変化名詞と,第2変化名詞で,母音幹名詞という,一まとまりの名詞のタイプがマスターできるわけです.通常,第2変化の男性名詞,第1変化名詞,第2変化の中性名詞という順でまとめられるので,ここでもそれにならって,既習の第2変化名詞 dominus, -ī, m. 「主人」, oppidum, -ī, n. 「町」といっしょにあげておきます(ただし字は小さくします).


第1変化名詞(ā 幹)名詞 stēlla, -ae, f. 「星」

       単数  複数
       単数    複数
 単数    複数
 主格  dominus  dominī
主格  stēlla 「星は」 stēllae「星々は」     
oppidumoppida
 属格  dominī  dominōrum    
属格  stēllae 「星の」 stēllārum 「星々の」
oppidīoppidōrum
 与格  dominō  dominīs
与格  stēllae 「星に」 stēllīs 「星々に」
oppidōoppidīs
 対格  dominum  dominōs
対格  stēllam 「星を」 stēllās 「星々を」
oppidumoppida
 奪格  dominō  dominīs
奪格  stēllā 「星で,から」  stēllīs「星々で,から」
oppidōoppidīs
 呼格  domine  dominī
呼格  stēlla 「星よ」 stēllae 「星々よ」
oppidumoppida


 第1変化名詞は,元々女性形と抽象名詞を作るための後接辞 ā に格語尾がついていたものです.しかし,古典ラテン語の時代には,本来の語尾の形は多く別の形に取って変られています.単数主格の形には,長母音の -ā は残っていません(ギリシア語には οἰκίᾱ 「家」で残っている)が,これは呼格から来たものと考えられています.単数属格,複数主格,複数属格も本来の形ではありません.複数与格・奪格の -īs は第2変化の語尾に付け替えられています.これについても後で書くことになると思いますが,今のところは変化している部分を格語尾として覚えてしまうのが楽だと思います.

 代表的な第1変化名詞をあげておくと:

puella, -ae, f. 「少女」 patria, -ae, f. 「祖国」 domina, -ae, f. 「女主人」
familia, -ae f. 「家族」 avāritia, -ae f. 「貪欲」 lacrima, -ae f. 「涙」
pecūnia, -ae f. 「お金」 silva, -ae f. 「森」 via, -ae, f. 「道」
vīta, -ae, f. 「人生,命」


 なお,fīlia, -ae, f. 「娘」と dea, -ae, f. 「女神」については,複数与格と奪格は,fīliābus, deābus の形があります.これは例えば,「息子らと娘らに」「神々と女神らに」のような表現をする時に,†fīliīs fīliīsque や †dīs dīsque (deus の変化については後述参照)のような,性の区別のつかない表現になってしまうので,これを避けて,複数与格・対格に区別のある数詞 duō 「2」の女性複数与格・奪格 duābus の語尾をかりて,fīliīs fīliābusque, dīs deābusque としたものです.元々はこのような対比を表す場合や特に女性であることを強調したい時に使われていたのですが,その後この語尾が fīlia, dea の複数与格・奪格形として定着します.なお,対比を表さない場合の dea の複数与格・奪格形は,dīs, diīs, deīs で,deus の場合と同じです(下記参照).

 なお,語基が -i- に終わるものは,第2変化名詞同様,複数与格・奪格で融合することは通常ありません.例えば,iniūria, -ae, f. 「不正」では,複数与格・奪格は iniūrs となります.ただし,grātia, -ae, f. 「好意,感謝」は,複数奪格で grāts が普通ですが,これが「無償で(=感謝でもって)」の意味になると,融合したgrātīs がむしろ普通になります(gratis は現代でも欧米諸言語で「無料で」の意味で使われています).

 第1変化名詞は大半が女性ですが,男性名詞も少なくはありません.基本的な語彙では次のようなものが男性名詞です.

  agricola, -ae, m. 「農夫」 nauta, -ae, m. 「水夫」 poēta, -ae, m. 「詩人」
  collēga, -ae, m. 「同僚」 incola, -ae m.「住民」 convīva, -ae, m. 「会食者」


 第1変化名詞はこういった所でだいたい終わりです.少しだけ,第2変化名詞で取り残していた部分をやりましょう.

 第2変化名詞の男性名詞では,稀にある中性名詞(vulgus, -ī n. 「大衆」など)をすでに学びましたが,この他,少数ですが,-us に終わる女性名詞もあります.次のようなものに見られます.

1. 樹木 
  mālus, -ī, f. 「リンゴの樹」 pōpulus, -ī, f. 「ポプラ」(populus, -ī, m. 「人民」と区別!)
  alnus, -ī, f. 「ハンノキ」 pīnus -ī, f. 「松」
2. 地名
  Corinthus, -ī, f. 「コリントゥス」 Aegyptus, -ī, f. 「エジプト」 Dēlus, -ī, f. 「デーロス島」
3. その他
  humus, -ī, f. 「地面」

 deus, -ī, m. 「神」は,別形などがあります.

主格 deus, (diī, deī)
属格 deīdeōrum
与格 deōdīs, (diīs, deīs)
対格 deumdeōs
奪格 deōdīs, (diīs, deīs)
呼格 —, (dīve), (Deus 教会)  , (diī, deī)

 単数呼格の †dee はまず用いられず,欠落していると見られています(理由はわかっていないようですが,単数の場合にはその神の固有名詞で呼びかけるのが普通だったからではないかと思います).代用で dīve が用いられることがあります.これは形容詞 dīvus, -a, -um 「神の」の呼格ですが,deus も dīvus も由来は同じで,主格と斜格で語尾の音との接触による音変化のために別の道を歩み,名詞用と形容詞用に分かれたもので,実は本来的な形です.一方,主格を呼格として使う deus は教会ラテン語です(近代の本文では Deus と大文字書きされるのが慣例になっているようです).
 複数主(呼)格,複与格・奪格は,dī, dīs が通常の形です.一見不規則には見えますが,音変化が正常に働いた本来の形です(これについては別の機会に説明します).diī, diīs は韻律の都合で使われる古い別形で,さらに deī, deīs のほうは,一見規則的に見えますが,deus の語幹から類推でできた新しい形で,これも韻律の都合で使われます.
 なお,呼格の代わりに主格をつかうケースは,他の -us に終わる第2変化名詞でもたまに見られます.

 練習に移りましょう.第1変化名詞の stēlla を変化させてみて下さい.

     単数複数
主格 
属格 
与格 
対格 
奪格 
呼格 
  
 
 
 
 
 

      


次の名詞でも練習してみてください.○付きだけ解答を入れています.

 luxuria, ae, f. 「贅沢」(シングラーリア・タントゥム)
 puella, -ae, f. 「少女」○
 fīlia, -ae, f. 「娘」○
 agricola, -ae, m. 「農夫」
 fābula, -ae, f. 「物語」
 statua, -ae, f. 「像」
 poēta, -ae, m. 「詩人」
 aqua, -ae, f. 「水」(普通単数.複数は「泉,(療養)温泉」の意味)
 rosa, -ae, f. 「薔薇」
 ignāvia, -ae, f. 「怠惰」(シングラーリア・タントゥム)
 cūra, -ae, f. 「心配」
 custōdia, -ae f. 監視○
 tābula, -ae, f. 「板,絵馬,書板」
 dea, -ae, f. 「女神」○

こちらは第2変化の復習.

 Rōmānus, -ī. m. 「ローマ人」
 dominus, -ī. m. 「主人」
 praemium, -ī, n. 「褒美」○
 liber, librī m. 本○
 vir, virī m. 男○
 deus, -ī, m. 「神」(解答は上の表参照)

動詞の直説法現在時制能動態も復習してみてください.

cantō, cantāre, cantāvī, cantātum 「歌う」○
taceō, tacēre, tacuī, tacitum 「黙る」○
saltō, saltāre, saltāvī, saltātum 「踊る」
dēsīderō, dēsīderāre, dēsīderāvī, dēsīderātum 「望む,切望する」
castīgō, castīgāre, castīgāvī, castīgātum 「叱る」
narrō, narrāre, narrāvī, narrātum 「物語る」
voveō, vovēre, vōvī, vōtum 「捧げる」
dōnō, dōnāre, dōnāvī, dōnātum「贈る」
līberō, līberāre, līberāvī, līberātum「(対格を 奪格から)解放する」

     単数複数
一人称 
二人称 
三人称 
  
 
 

      



ラテン語は日本語に,日本語はラテン語にして下さい.

puellae cantant.   
fīlia tacet.   
agricolae cantant et puella saltat.   
少女らは黙っている.   
水夫らは踊り,詩人は歌っている.   
agrīcolae aquam dēsīderant.   
nauta pecūniam dēsīderat.   
Rōmānī glōriam magnopere dēsīderant.   
 magnopere 非常に
大衆(vulgus, -ī, n.)は贅沢を大いに望む.   
我々は栄光を望まない.   
dominus fīliae praemium dōnat.   
poēta puellīs librōs dōnant.   
少女たちは少年らに薔薇を贈る.   
fīlia deae tābulam vovet.   
saepe poēta fīliīs fīliābusque fābulās narrat.   
virī dīs deābusque statuās vovent.   
詩人はムーサ(Mūsa, -ae, f.)たちに小巻子(libellus, -ī, m.)を捧げる.   
dī castīgant avāritiam nautārum.   
poēta dīligentiam agrīcolae laudat.   
女神は農夫らの怠惰(ignāvia, -ae, f.)を叱っている.   
dea puellam cūrā līberat.    
fīliās custōdiā līberāmus.   
男たちは少女達を監視から解放する.   
主人は娘を心配から解放する.   


最後にことわざ.

  fāma volat.「噂は飛ぶ」
    fāma, ae, f. 「噂」 volō, volāre, volāvī, volātum 「飛ぶ」


【2013/11/08 23:47】 ラテン語入門 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/2252-f655b74c

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)