FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

ラテン語入門 2 文字と発音など (2) 五つの母音とその長短,y

 ラテン語の母音の音色は a e i o u の五つで,それぞれに長母音 ā ē ī ō ū があります.概ね日本語のアエイオウ,アーエーイーオーウーにあたります.

 短母音           
  i [ɪ]        u [ʊ]
    e [ɛ]   o [ɔ]
      a [a]

 長母音
  ī [i:]        ū [u:]
    ē [e:]   ō [o:]
      ā [a:]

 細かい違いを言うと,実は a 以外の母音は,長短で音色がやや異なり,上で添えられている発音記号のように,短母音は開いた音色,長母音は閉じた音色になります.例えば短母音の e は,aのほうに近い開口母音の [ɛ] で,長母音の ē は i のほうに近い,閉口母音の [e:] です.それから,短母音の o も開口母音の [ɔ],長母音の ō は閉口母音の [o:] です.(国際音標文字のサイトで違いを確認できます.http://web.uvic.ca/ling/resources/ipa/charts/IPAlab/IPAlab.htm).入門のうちは日本語式のアイウエオで発音していいでしょう(というかここまで正確に発音する専門家がいるかどうかもわかりませんが).

 なお,ラテン語では,入門の間は,通常すべての長母音に長音記号(マクロン)がつけられますが,先に述べたように,通常のラテン語の本文では長短を表す記号は普通は使われません.ラテン語では長短によって,意味が変ってくるどころか,場合によっては文法的な違いも生じるので,入門の間にマクロンに頼り切らないで,それぞれの単語とその語形について,長短をしっかりと覚えることが重要になります(これを怠ると最終的に学習を続ける時に膨大な時間の無駄が生じると思います).なお,英語の辞書では,学習者にとっては長短の表記が不十分なものが多く,残念なことに,Oxford Latin Dictionary も例外ではないので注意して下さい.
 短母音には特別な記号は入門であっても普通つけませんが,もし短母音であることをはっきり示したい場合には短音記号(ラテン語式にはブレウェ?というはずですが,フォント名としてはブレーヴェと呼ばれるようです)をつけます.例えば ă ĕ のようになります.長短両方が可能であることを示す時には,長音記号の上に短音記号をのせることがあります(HTMLではうまく表示できないので省略).
 長短で意味の変るペアを挙げてみますと……

  pila「ボール」pīla「投げ槍(複数)」ピラ,ピーラ
  levis「軽い」lēvis「滑らかな」レウィス,レーウィス
  malus「悪い」mālus「マスト」マルス,マールス
  os「骨」ōs「口」オス,オース
  manus「手(単数主格)」manūs「手(単数属格・複数対格)」 マヌス,マヌース
  rosa「薔薇(単数主格)」rosā「薔薇(単数奪格)」ロサ,ロサー

 以上の5母音が本来のラテン語の母音ですが,ギリシア語由来の外来語では,ギリシア語のユプシーロンの文字(Y, y)で表される母音が登場します.この母音は,ドイツ語の ü の音と同じで,発音記号では [y] となります(国際音標文字のサイト:http://web.uvic.ca/ling/resources/ipa/charts/IPAlab/IPAlab.htm).概ね日本語のユの音と思っていいと思います.本来のラテン語の文字にはなく,ギリシア語由来の外来語の表記のために,共和制末期になって,文字表の最後に z とともに付け加えられました.例を挙げると……

  hydra「水蛇」ヒュドラ
  mystērium「秘密」ミュステーリウム
  Cȳrus「キューロス(王)」キュールス

ただしより古い外来語は u で取り入れられているのが普通で,後の y をつかった表記と並存していることがよくあります.

  cupressus / cypressus「糸杉」クプレッスス/キュプレッスス
  murtus / myrtus「ミルテ」ムルトゥス/ミュルトゥス



【2013/10/09 20:05】 ラテン語入門 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/2223-c1987568

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)