FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

納富 信留『プラトン:ソクラテスの弁明』購入!

 ようやく購入.

納富 信留『プラトン:ソクラテスの弁明』光文社古典新訳文庫.東京:光文社,2012年9月12日

 じっくりは読んでいませんが,手に取った印象のみ書きます.

 まず,注が見開きの左ページ端についているだけで,こんなに読みやすくなるのかと感動しきり.活字も大きめで,レイアウトもきれいなものです.本書の半分は翻訳,半分は丁寧な解説になっています.p.171からは,『プラトン対話篇を読むために』という章になっており,初学者のための対話篇全体の概説と,対話篇の内容の極簡単な紹介があって,懇切丁寧なつくりです.全体については一通り読んでからまた書くかもしれませんが,こういう配慮をみているだけで,心が温かくなる一冊といえるでしょうか.

 ほんのちょっと,当たってるかどうかわからない難癖を.冒頭の1文と一番最初の注には,感心しつつも,ちょっと違和感はあるでしょうか.「アテナイの皆さん,皆さんが私の告発者たちによってどんな目にあわれたか,私は知りません」(p.16)というのが冒頭の1文の納富先生訳ですが,さすがに「どんな目にあわれたか」はないのではないかと.

 これには注がついており(注1: p.17),πάσχωの用例の平行例「害悪を被る」(33d, 35a)「罰を受ける」(36d, 37b),「報いを受ける」(42a)との対応から,このように訳されているとのことですが,LSJのπάσχω II.2 "of the influence of passion or feeling, to be affected in a certain way, be (or come to be) in a certain state of mind" 簡単にいえば「ある気持ちの状態になる,ある気持ちの状態にさせられる」というカテゴリーがあって,ここの例が引用されていますし,用例もプラトン内外にそれなりにあるようです(点検はしてませんが).「告発者たちによってどんな気持ちにさせられたか」,あるいは現在完了の意味も汲み取りつつ,もうちょっと強く訳すなら「どんな気持ちにさせられてしまっているか」という感じでしょうか.

 もっとも納富先生が同じ注でご指摘の通り,従来訳の「どのような印象をもったか」は,やっぱりあまりにも弱々しい訳し方でしょうね.まあ「意訳」と呼ばれる誤訳でしょう.当のソクラテスが「あやうく自分自身を忘れる」程度の影響力ですから,「印象をもたせられる」どころではないと思います……

 などとえらそうなことを書いてしまいましたが,これを書いている時点でなんかこのブログでも昔,『弁明』の冒頭を訳したような気がしてきたので,ブログ検索で探してみると,やっぱり訳してました.

  http://litterae.blog8.fc2.com/blog-entry-1742.html

 なにを血迷ったか,「信じ込まされているか」などと訳してます…….やっぱり「意訳」と呼ばれる誤訳?人のことなど言えません.申し訳ございませんでした.


【2012/09/17 00:33】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/2160-10a0869a

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)