FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

ホラーティウス『詩論』309-332

scribendi recte sapere est et principium et fons.
rem tibi Socraticae poterunt ostendere chartae, 310
verbaque provisam rem non invita sequentur.
qui didicit patriae quid debeat et quid amicis,
quo sit amore parens, quo frater amandus et hospes,
quod sit conscripti, quod iudicis officium, quae
partes in bellum missi dulcis, ille profecto    315
reddere personae scit convenientia cuique.
respicere exemplar vitae morumque iubebo
doctum imitatorem et vivas hinc ducere voces.
interdum speciosa locis morataque recte
fabula nullius veneris, sine pondere et arte,   320
valdius oblectat populum meliusque moratur
quam versus inopes rerum nugaeque canorae.
Grais ingenium, Grais dedit ore rotundo
Musa loqui, praeter laudem nullius avaris.
Romani pueri longis rationibus assem      325
discunt in partes centum diducere. 'dicat
filius Albini: si de quincunce remota est
uncia, quid superat? poteras dixisse.' 'triens.' 'eu.
rem poteris servare tuam. redit uncia, quid fit?'
'semis.' an haec animos aerugo et cura peculi  330
cum semel imbuerit, speremus carmina fingi
posse linenda cedro et levi servanda cupresso?


正しく良識を持つことは,書くことの基本であり源泉です.
素材は,ソークラテースの書籍があなたに明らかにすることができます.
言葉は素材が準備されれば,大いに喜んでついて行きます.
祖国に何を負い,友人たちには何を負っているか,
いかなる愛情をもって両親を,兄弟を,客を愛すべきか,
元老院議員の職責,裁判官の職責は何か,
戦場に送られた将軍の務めは何かを学んだ者は,疑いなく
それぞれの人物にぴったり合った性格づけの仕方を知っています.
私は,模倣に習熟した者には,生き様や習慣の手本を
観察し,生きた声をここから引き出すようにと言います.
金言によって魅力的であり,いかなる愛嬌もない
正しく道徳的である劇は,しばしば,重みも技巧もなくとも,
素材の貧困な詩句,声麗しき戯れ言よりも,
人々を喜ばすにより力強く,人々をよりよく劇に引き止めておけます.
ギリシア人には天才を,ギリシア人には洗練された語り口で語ることを,
ムーサはお授けになりましたが,彼らは賞賛以外にはいかなるものにも頓着しませんでした.
ローマ人の子供たちは,長々と計算をして,1アスを
100に割ることを学びます.「言いたまえ,
アルビーヌスの息子よ.12分の5から
12分の1を引けば,いくつ残るかね?君はもう言えたはずだ」「3分の1です」「よし.
君は自分の財産を管理できるだろう.12分の1を戻したら,どうなる?」
「2分の1です」財産に対する,この害毒であり欲望であるものが
一度心を穢したなら,ヒマラヤ杉の油*1が塗られて,
滑らかに磨かれた糸杉*2に保管されるべき詩が作られることを,我々は望めますかどうか.


*1 ヒマラヤ杉は古来建築用にもちいられ,その油は害虫の食害予防のために,パピュロスなどに塗られた.
*2 保存用の糸杉製の本箱のこと.古注によると,これも普通の保管以上に,害虫の食害予防効果があると考えられたらしい.



【2012/09/11 14:53】 Horatius De arte poetica | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/2145-f0bb6cef

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)