FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

明日死ぬかもと思って生きるほうがいいかも

 原発事故があってから,最近はいつも明日死ぬのではないかと思って,ホラーティウスの都会鼠の言うように,エピクロス的に生きようとおもうのですが,どうもついつい平凡に生きてしまいがちです.

 たまに放射線量監視などをやっています.というっても,下のサイトを眺める程度ですが.

  http://new.atmc.jp/

 もっとも政府の測定値はかなり低めなので(測定場所だけ除染してたりするので),たとえ安全値であっても,全然安心材料にもならないのですが,ここで高くでてたら間違いなく危ないとはいえるでしょう.確か0.1μSv/時が,危険値と通常値の境目です.
 もちろん,この測定値の放射線量は,外側から浴びるだけでの値ですから,放射性物質の塵や気体などを吸い込んだりして,そこから浴びる放射線量は入っていません.日本で放射線量があがっている場合には,爆発した原発からでた放射性物質の塵などが飛び散ってあがっているわけですから,測定値が0.1μSv/時あるとすれば,0.1μSv/時外から浴びつつ,放射性物質を呼吸などで体内にとりこみまくっている分は,追加で体の中から放射線を浴び続けます.こっちは汚染地からでても,体外に排出されるまで被曝はやみません.しかもとりこまれてしまえば同じ箇所にしつこく浴る(それだけ癌化の可能性が高くなる)ことになります.これが一番怖い内部被曝.もちろん放射性物質をとりこんでいる食材を食べても内部被曝します.
 ちなみに,ニュースなどを見ると,一生懸命お魚のセシウムを測って安全だとか言っていますが,魚のほうで怖いのはストロンチウム.福島原発でも汚染水の放射性物質を濾過する作業はやってますが,ストロンチウムは除去できません.たまにそれがもれて,トン単位で海に流れ込んでいます.なのに,通常の食品の放射性物質検査では普通はストロンチウムは測定してません.魚もなぜか同様です.ストロンチウムは吸収されると人体はカルシウムと間違って,骨の材料にしてしまいます.そうなると,セシウムと違って,まず二度と排出されません.最悪の場合,骨癌や白血病などをおこします.

 リアルタイムで見ていた映像.

  http://youtu.be/Jd0w8XNnY1c
  http://youtu.be/0S15pZvEOFk

 当時も夢のような感じでみていましたが,今みても夢の中のように見えます.しかし現実はこれです.この時にでた放射性物質の量もすごいのですが,その後も今日にいたるまで,一日たりとも,放射性物質を放出していない日はないそうです.

 まあこういう現実はありますが,放射線の影響はただちに影響がでるわけでもないので,なかなか明日死ぬなどと思って日々を充実させて生きるということは難しいですね.きっとそうは思っていない時に一気に,病と死が訪れるのでしょう.もっと色々古典を読んだり,翻訳しておけばよかったと思いますが,今からでも可能な範囲で読んでから死ねればと思います.


【2012/06/29 21:07】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/2047-10b31c62

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)