FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

ホラーティウス『談話集』2巻6歌40-58

septimus octavo proprior iam fugerit annus,      40
ex quo Maecenas me coepit habere suorum
in numero, dumtaxat ad hoc, quem tollere reda
vellet iter faciens, et cui concredere nugas
hoc genus: 'hora quota est?'―'Thraex est Gallina
   Syro par?'―
'matutina parum cautos iam frigora mordent;'―    45
et quae rimosa bene deponuntur in aure.
per totum hoc tetmpus subiectior in diem et horam
invidiae noster. ludos spectaverat una,
luserat in Campo: 'fortunae filius!' omnes.
frigidus a Rostris manat per compita rumor:     50
quicumque obvius est, me consulit: 'o bone (nam te
scire, deos quoniam propius contingis, oportet),
numquid de Dacis audisti?' 'nil equidem.' 'Ut tu
semper eris derisor!' 'at omnes di exagitent me,
si quicquam.' 'quid, militibus promissa Triquetra    55
praedia Caesar, an est Itala tellure daturus?'
iurantem me scire nihil mirantur, ut unum
scilicet egregii mortalem altique silenti.


マエケーナースが私を彼の仲間の数に初めて入れてから,
7年目が過ぎ8年目のほうに近くなる*1が,
せいぜい,旅行する時にこの私を馬車に
拾いあげる気になったり,そして私に冗談の言葉をかけるくらいである,
それはこんな感じだ.「何時かね?」「トラキア戦士*2ガッリーナは
                 シュルスに敵うかな?」
「朝の寒気はあまり注意してないと堪えるぞ」
とか,隙間だらけの耳にためておいても大丈夫なことだ.
この間中,私のほうは,日を追う毎にますます
羨望にさらされることになった.一緒に競技を見,
マールス競技場*3で運動したなら,皆が「幸運の申し子!」と言う.
ショッキングな噂がロストラから*4巷へと広まってゆくと,
道行く人がだれでも,私に伺いをたてる.「おお善き人よ,だってあなたは
神々に,より近くにいて接しているのだから,知っているのが当然だ,
ダキア人たち*5についてまさか聞いてはいまいな?」「私としては何も」「お前はなんと
いつも人をからかうやつだ!」「だが神々皆が私を叱責するでしょう,
もし何か私が聞いていたら」「ではどうだ,カエサルは約束の三角島*6の地所を
兵士に下さるつもりか,それともイタリアの地からか?」
何も知らないと誓う私に彼らはあきれるのだ,
おそらく最も卓越した非常に口の堅い人間の一人のごとくに.


*1 ローマ式の年の数え方は,始まった時点を含むので,ここでは6年と半分以上が経っていたことになる.
*2 剣闘士のスタイルの一つ.
*3 地図の北西,ティベル川の東岸にあった.
*4 ロストラは,フォルムの演説台.敵船から奪った船嘴がつけられていた.要するに,フォルムから,ということ.
*5 アクティウムの戦い(前31年9月)の後に,ダキア人によるイタリア侵攻の危惧があった.ダキアは概ね現在のルーマニア.
*6 シチリア島のこと.



【2012/06/26 20:03】 Horatius Sermones | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/2039-c4da8186

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)