FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

暑い昼下がりに…… オウィディウス『恋愛詩』1巻5歌

Aestus erat mediamque dies exegerat horam;
  apposui medio membra levanda toro.
pars adaperta fuit, pars altera clausa fenestrae,
  quale fere silvae lumen habere solent,
qualia sublucent fugiente crepuscula Phoebo (5)
  aut ubi nox abiit nec tamen orta dies.
illa verecundis lux est praebenda puellis,
  qua timidus latebras speret habere pudor.
ecce, Corinna venit tunica velata recincta,
  candida dividua colla tegente coma.(10)
qualiter in thalamos formosa Semiramis isse
  dicitur et multis Lais amata viris.
deripui tunicam, nec multum rara nocebat,
  pugnabat tunica sed tamen illa tegi,
cumque ita pugnaret tamquam quae vincere nollet,(15)
  victa est non aegre proditione sua.
ut stetit ante oculos posito velamine nostros,
  in toto nusquam corpore menda fuit.
quos umeros, quales vidi tetigique lacertos!
  forma papillarum quam fuit apta premit! (20)
quam castigato planus sub pectore venter!
  quantum et quale latus! quam iuvenale femur!
singula quid referam? nil non laudabile vidi,
  et nudam pressi corpus ad usque meum.
cetera quis nescit? lassi requievimus ambo. (25)
  proveniant medii sic mihi saepe dies!

夏だった,そして日は正午を過ぎていた.
  僕は体を休めるために寝台の真中に置いた.
窓の一方は開き,もう一方は閉じていた.
  それはちょうど森が持つような光のよう,
太陽が落ちて,ほのかに明るむ夕暮れのよう,(5)
  あるいは夜が去ってしかし日はまだ現れない時のよう.
その光は恥ずかしがりの女の子に捧げられるべきもの,
  それで臆病な羞恥心が隠れ場所を持つ事を望むように.
見よ,コリンナがやって来た,帯を解いた上衣で体を覆って
  白い首回りを二つに別れた髪で覆って.(10)
ちょうど美しいセミラーミスが,また多くの男に愛されたラーイスが
  そのように閨に行ったと人が伝えるように.
僕は上衣を剥ぎ取った.しかしそれは薄かったので殆ど邪魔では無かったが,
  しかしそれでも彼女は上衣で覆おうと抗った,
だが彼女はあたかも勝つ事を望まないように抗ったので (15)
  自らの裏切りのため,ひどい負け方はしなかった.
彼女が私の目の前で覆いを置いて立った時
  全身のどの場所にも欠点はなかった.
なんという肩を,どのような手足を私は見,触った事か!
  なんと乳房は揉まれるに相応しい形だった事か!(20)
素晴らしい胸の下の腹は何と平らだったか!
  なんと長く美しい脇か!何と若々しい腿だったか!
どうして僕は一つ一つを語っているのか?見たもの全てが賞賛すべきものだった,
  そして僕は裸の彼女を僕の身体に重ね合わせた.
誰が残りの事を知らないだろう?僕ら二人は疲れ果てて休んだのだ.(25)
  こんな昼下がりが何度も僕にやって来て欲しいもの.


【2005/07/30 14:22】 Ovidius | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/2-a8b15816

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)