FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

ホラーティウス『歌集』3巻25歌

Quo me, Bacche, rapis tui
 plenum? quae nemora aut quos agor in specus
velox mente nova? quibus
 antris egregii Caesaris audiar

aeternum meditans decus        5
 stellis inserere et consilio Iovis?
dicam insigne, recens, adhoc
 indictum ore alio. non secus in iugis

exsomnis stupet Euhias
 Hebrum prospiciens et nive candidam 10
Thracen ac pede barbaro
 lustratam Rhodopen, ut mihi devio

ripas et vacuum nemus
 mirari libet. o Naiadum potens
Baccharumque valentium        15
 proceras manibus vertere fraxinos,

nil parvum aut humili modo,
 nil mortale loquar. dulce periculum est,
o Lenaee, sequi deum
 cingentem viridi tempora pampino.  20


韻律:第4アスクレピアデース風ストロペー

  ― ― ― UU ― U x
   ― ― ― UU ― || ― UU ― U x
  ― ― ― UU ― U x
   ― ― ― UU― || ― UU ― U x


どこに僕を,バッコスよ,ひっさらって行くのか,あなたに
 満ちた僕を?どの森へ,あるいはどの洞穴へと僕は急ぎ駆り立てられて行くのか,
新たな精神に満ちて?どの洞穴で
 聞かれるだろうか,比類なきカエサルの

永遠なる誉を
 星星の中とまたユッピテルの計画に植え込むことを考えている僕は?
私は歌おう,素晴らしく,新しく,今まで
 余人の口によっては語られた事のないものを.まさにこの様に,尾根で

眠らぬエウホイの叫び手*1は,
 ヘブロス河*2を見,そして雪に輝く
トラーキアを,さらに異人の足にて
 歩き回られたロドペー山*3を見て驚嘆したのだ,ちょうど私が好んで道を外れて

岸辺と人のいない森を
 驚き眺めるように.おお,ナーイス*4たちと
そびえ立つトネリコの樹々を手にて引き抜く
 力もあるバッコス信女らを支配する神よ,

決して小さなもの,卑しい様のもの,
 通俗のものを私は歌うまい.甘美な冒険だ,
おお,酒桶の神よ,
 青々した葡萄の蔓を額にまいて,神に付き従うことは,


*1 バッコス信女.
*2 トラーキアの東部の河.
*3 トラーキアの西部の山.
*4 河の妖精.


【2009/01/28 20:17】 Horatius Carmina | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/1857-645ad248

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)