FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

ブログ移転

お世話になっているcomcさんのブログがちょっと前から新規開設されています:

  http://d.hatena.ne.jp/comc2008/

それにしても,理系で一つの専門をものにした方が古典の世界に入ってくると,本当に一回りスケールが違った取り組み方をされるものですね.いずれ我々西洋古典プロパーを遥かに超える古典理解をされるのではないかと,びくびくしながら楽しみにしております(というか,僕のレベルなどはもう超えているのではないかと思います).


【2008/09/27 04:22】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

ご紹介ありがとうございます


いつもお世話になっております。
いやぁ、古典への取り組みなどというレベルには全くほど遠いです。ブログの内容も、翻訳書や他のサイトなどを引き写しているだけですし...。
ただ、こちらのサイトのおかげで、西洋古典とのつながりができて、本当に良かったと感謝しています。もともと少しは興味があったものの、ここと巡り合えなければ、立ち消えになるところでした。拙ブロクに、ヘーシオドスのパクりみたいなお恥ずかしいタイトルを付けたのも、単純に、西洋古典が好きになり、末長くお付き合いしたい、という気持ちからです。
どうぞ今後ともよろしくお願いします。


【2008/09/27 05:24】 URL | comc #SPMC4aww [ 編集]

no subject


こちらではお久しぶりです.
僕は専門として古典をやり始めたときは,ともかく学問だから,何か新しい事をという意識でやっていて,語学能力も培う暇もなく,汲々としていました.そのため,むしろどこにも通用しない奇説に傾きがちで,古典を理解していないということでなければ誤解していたほうが多いですね.多かれ少なかれ,西洋古典の専門家にはこうしたことは職業病的にあるもので,こうした弊害に染まらない立ち位置で古典を見る事のできる方々が実はうらやましくあります.
ともあれ,是非久保正彰先生の講演会,楽しまれますよう.
ヘーシオドスのお話がでていたので,ちょっとヘーシオドスともつながっているホラーティウスの歌を投稿してみました.


【2008/09/27 14:03】 URL | メレアグロス #YOGZRu26 [ 編集]

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/1606-e0b9befa

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)