FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

ソピステース
ぼちぼちソピステースを読み始めていますが,まともな注釈がないというのはちょっときついですね.クリトーンや弁明などは日本ですら注釈が出ていて,ちょっと掻き集めれば数冊手に入りますが,ソピステースはStallbaumの一冊のみ.それもそんなに詳しくはない上,再版は活字が擦り切れていて目に厳しい上に,ラテン語…….結局は語学的注釈は自分のギリシア語能力という,極めておぼつかない物になってしまいそうです.哲学的な注釈としては,納富信留『ソフィストと哲学者の間:プラトン『ソフィスト』を読む』が,かなり役立ちそうですが…….

【2005/09/29 03:02】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

Sophistesの注釈


『ソフィステース』の注釈としては、F. M. Cornford, Theory of Knowledgeがあると思うのですが、いかがでしょうか?これは『テアイテトス』と『ソフィステース』についてのrunnnig commentaryです。昔『テアイテトス』を読む際使った記憶からいうと「文献学的注釈」とはいいがたいかも知れませんが。


【2005/11/08 19:48】 URL | SA #- [ 編集]

情報ありがとうございます


SA様,コメントありがとうございました.

Francis M. Cornford. <em>Plato's theory of knowledge : the Theaetetus and the Sophist of Plato.</em>translated with a running commentary. London : Routledge & K. Paul, 1951

ですね?まだ入手はしていませんが,図書館にあるので,見てみようと思います.
 ソピステースの注釈は,最近ようやくCampbellの注釈(Lewis Campbell. <em>The Sophistes and Politicus of Plato.</em>With a Revised Text and English notes. Oxford: Clarendon Press, 1867 (!). Reprinted New York: Arno Press, 1973.)を入手しました.ラテン語注釈以外は,これぐらいしか使える注釈はないようですが,いくら何でも前々世紀のものとは…….
 そろそろ読みはじめようと思っているのですが,最初の1ページほど読んだところで止まったきりです.Campbellの注釈もまだ使ってはいないので,少し読み進んでから記事を投稿しようと思っています.


【2005/11/09 00:37】 URL | メレアグロス #2P4Bp8Z2 [ 編集]

文献学者の野望(あるいは妄想?)


僕が乏しいプラトンの読書経験は『テアイテートス』と『国家』に限られているのですが、ギリシア語を読むのに役立つ語学的注釈は、『テアイテートス』についてはCampbellのもの(1861年)、『国家』についてはAdamのもの(1920, 1921)と、CampbellとJowettのもの(1894)でした。他に見渡しても僕の目に入ってくるのは、Doverの『饗宴』とDoddsの『ゴルギアス』とAris & Phillip社の幾冊かの注釈書が比較的新しいくらいです。(僕の知識は生半可なので割り引いて見てください)

ということはプラトンのテキストはアップデートされた知識が十分適用されていない可能性があり、文学畑の人間や文献学者が介入する余地がまだあると思えるのですが、いかがでしょう。

とりあえず、メレアグレスさんの翻訳を楽しみにしています。


【2005/11/10 23:03】 URL | SA #- [ 編集]

文(献)学者の介入の余地……


あまりプラトンを語学学習的な意味以外で読んだ経験はありませんが,饗宴などを読んだ限りでは,ちらほらテクストの問題はあって,それも高度な哲学的知識が必要な問題というわけでもないようだったので,ひょっとするとプラトンなら少しは相手にできそうな気はしますね(というと哲学専門の方から笑い声が聴こえてきそうですが).
アリストテレスになると,テクストの問題を論ずるにはもはやギリシャ・ラテン語だけでなくて,アラビア語の翻訳も相手にしなければならないらしいので,もう読む前から腰が引けてしまいます(笑).
『国家』は最近Oxford Classical Textで,バーネットに代わる新版が出たそうなので,これから順次コメンタリーも充実するのではないでしょうか.

ソピステースの翻訳を始めるのは,年明けぐらいになるでしょうか.取りあえずギリシア語はカッリマコスなどを済ませようかと…….そもそもギリシア語は(というか「も」ですが)あまり速くは読めないもので,数行のエピグラムなどでも十分苦しんでいます(昔読んでいるのに……).


【2005/11/10 23:59】 URL | メレアグロス #1N3OCQkI [ 編集]

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/156-9d0bfa53

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)