FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

ネット上の博士論文

ドイツの博士論文は原則出版が義務づけられているようですが,出版の際にはかなりの大金を払う(一種の自費出版になるらしい)ようです.ネットが登場してからは,費用がかからないネット上の発表も出版に準ずるとされることもあるようで,そういうのがドイツの大学図書館のレポジトリーに入っていたりします.

 これはあがるまさんの情報なのですが(情報ありがとうございます!),こういったネット上のドイツの博士論文を検索する方法です:

1. まず,

  DEUTSCHE NATIONAL BIBLIOTHEK: NETZPUBLIKATIONEN
  http://www.d-nb.de/netzpub/index.htm


にアクセス.

2. 左コラムの下のほうにある Suchen in: のところの選択肢をOnline-Katalogにする.

3. その下の Suchtext: のすぐ下の空欄に好みのテクストを入れる.
ここでは試しにCaesarを入れてみましょう.

4. 検索語Caesarを入れたら,その下のAbsendenをクリック.

5. 右コラム(場合によってはずっと下のほうにあるかもしれません)の一番上がAlle Materialarten (6480)となっているはずです.
 その下に■ Online Ressourcen (10)となっているところがあるので,そこをクリック.

6. これで10個オンライン上の論文が出てきます.その5番目が

  5  Das Bellum Africum [Elektronische Ressource]
    [2004]

となっていますから,これをクリックすると,この資料のデーターがでてきます.

7. データーの中のURLというところにある

URL  Archivserver der Deutschen Nationalbibliothek
    http://ubt.opus.hbz-nrw.de/volltexte/200...
    http://ubt.opus.hbz-nrw.de/volltexte/200... kostenfrei

はいずれをクリックしてもOK.二番目が直接PDFファイルで,上下はレポジトリの頁にいきますから,そこからPDFを探すと,Markus Müller氏の博士論文である,Bellum Africumの注釈を入手することができます.

古典は他にあがるまさんに紹介いただいたルーカーヌス9巻1-604行の注釈:


などが手に入ります.その他は探してみて下さい.もちろん,西洋古典以外もあります(というか多分そのほうが多いと思います).


【2008/09/10 04:37】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/1537-a5577765

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)