FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

ホラーティウス『歌集』4巻7歌

Diffugere nives, redeunt iam gramina campis
 arboribusque comae;
mutat terra vices et decrescentia ripas
 flumina praetereunt.

Gratia cum Nymphis geminisque sororibus audet 5
 ducere nuda choros.
immortalia ne speres, monet annus et almum
 quae rapit hora diem.

frigora mitescunt Zephyris, ver proterit aestas
 interitura, simul               10
pomifer autumnus fruges effuderit; et mox
 bruma recurrit iners.

damna tamen celeres reparant caelestia lunae:
 nos ubi decidimus
quo pius Aeneas, quo Tullus dives et Ancus,   15
 pulvis et umbra sumus.

quis scit, an adiciant hodiernae crastina summae
 tempora di superi?
cuncta manus avidas fugient heredis, amico
 quae dederis animo.             20

cum semel occideris et de te splendida Minos
 fecerit arbitria,
non, Torquate, genus, non te facundia, non te
 restituet pietas.

infernis neque enim tenebris Diana pudicum   25
 liberat Hippolytum,
nec Lethaea valet Theseus abrumpere caro
 vincula Pirithoo.


韻律:第2アルキロコス風ストロペー

  ― UUUU ― || UUUU ― UU ― x
   ― UU ― UU x
  ― UUUU ― || UUUU ― UU ― x
   ― UUUU x


冬は逃げ去った.今や草は野に戻り,
 樹々には葉が戻りつつある.
大地は季節をかえ,そして川は水嵩を減らして
 岸辺を流れ過ぎる.

「優雅」*1はニンフらと双子の姉妹と共にあえて
 衣まとわず歌舞を率いる.
不死を望むなかれと,年と,恵み深き日を
 奪う時とは忠告する.

寒さは西風に和らぎ,春は夏が踏みにじるも
 ひとたび実りもたらす
秋が作物を溢れさすればたちまち死ぬこととなる.そしてやがて
 活力なき冬が再び巡る.

しかし,月は素早く天での欠落を補われるもの.
 我々のほうは,ひとたび
孝信のアエネーアースが,裕福なトゥッルス*2とアンクス*3が下りし場所へ行けば,
 塵と影とになるのだ.

誰が知ろう,今日の日の合計に,明日の
 時を天上の神々が加えていることを?
愛しき心に与えし遺産は全て
 貪欲な手を逃れるだろう.

ひとたび君が死に,そして君の厳粛なる裁きを
 ミーノースが行えば,
あり得ぬのだ,トルクヮートゥス*4よ,君を生まれが,君を雄弁が,君を
 孝信が生き返らせることは.

なぜなら,地下の暗闇からは,ディアーナ女神も貞節なる
 ヒッポリュトス*5を解かれ得ず,
テーセウスも冥界の鎖を愛しきピエイリトオスより
 むしり取る力はない*6のだから.


*1 ギリシア名カリス.通常3人姉妹.
*2 王制の時の3代目の王,トゥッルス・ホスティーリウス.
*3 王制の時の4代目の王,アンクス・マールティウス.
*4 不詳.
*5 アテーナイの王,テーセウスの息子で,アルテミス(ディアーナ)に身を捧げ,狩りを好み独身であったが,愛の女神アプロディーテーに憎まれ,義母パイドラーの恋慕と,その讒言により,テーセウスの呪いを受けて死ぬ.
*6 ラピタイ族の王で,冥界の王の妻ペルセポネーを冥界より奪おうとして,冥界に捕われる.通常,テーセウスはそれに同行して,同様に捕われたが,テーセウスのみ,ヘーラクレースに救い出されたということになっている.


【2008/06/26 21:25】 Horatius Carmina | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/1350-25f4a54d

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)