FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

ホラーティウス『歌集』4巻2歌25-44

multa Dircaeum levat aura cycnum, 25
tendit, Antoni, quotiens in altos
nubium tractus: ego apis Matinae
 more modoque

grata carpentis thyma per laborem
plurimum circa nemus uvidique   30
Tiburis ripas operosa parvus
 carmina fingo.

concines maiore poeta plectro
Caesarem, quandoque trahet ferocis
per sacrum clivum merita decorus  35
 fronde Sygambros,

quo nihil maius meliusve terris
fata donavere bonique divi
nec dabunt, quamvis redeant in aurum
 tempora priscum;         40

concines laetosque dies et urbis
publicum ludum super impetrato
fortis Augusti reditu Forumque
 litibus orbum.

強き風はディルケー*7の白鳥を
持ち上げます,アントーニウス様,それが雲の
高みの場所へ向かい時には.私はマティーヌム*8の蜂の
 ようなありさま,

喜ばしいタイムを,大変な労苦で
森や水の豊かな
ティーブルの岸の周りからつむ蜂のように,小さな私は労多き
 歌をこしらえるのです*9

あなたは祝い歌うでしょう,詩人のあなたは,より大きな撥にて
カエサルを歌うでしょう,彼が獲得した桂冠に飾られ
聖なる坂*10を通って荒々しい
 シュガンブリー族*11を引き回す時.

彼よりも大きく優れた贈り物を,
運命も善き神々もお与えになったこともなう,
与えはしないでしょう,たとえ時代が黄金の
 いにしえに還ろうとも.

あなたは祝い歌うでしょう,喜ばしき日々と都の
公の競技会を,力強きアウグストゥスの
帰還を得られ,フォルムも
 諍いを欠いたことを*12


*7 ピンダロスの生地のテーバイの近くの泉.ディルケーの白鳥とは,すなわちピンダロスのこと.
*8 マティーヌムはアプリアのガルガヌス岬にある町.ホラーティウスの生地の近く.
*9 この蜂のメタファーについてはカッリマコス『アポッローン讃歌』108-112参照.
*10 サクラ・ウィアの一部.
*11 ゲルマーニー人の部族の一つ.現ボン近郊に住み,前16年,アウグストゥスの側近ロッリウスの軍を打ち破るが,その後アウグストゥスが征伐に向かうのを知り,講和する.
*12 祝日にはフォルムでの訴訟は行われなかった.


【2008/06/24 22:50】 Horatius Carmina | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/1346-f88e5665

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)