FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

ホラーティウス『書簡集』1巻1歌70-93

quod si me populus Romanus forte roget, cur   70
non ut porticibus sic iudiciis fruar isdem,
nec sequar aut fugiam, quae diligit ipse vel odit,
olim quod vulpes aegroto cauta leoni
respondit, referam: 'quia me vestigia terrent
omnia te adversum spectantia, nulla retrorsum.' 75
belua multorum est capitum. nam quid sequar aut quem?
pars hominum gestit conducere publica; sunt qui
frustis et pomis viduas venentur avaras
excipiantque senes, quos in vivaria mittant;
multis occulto crescit res faenore. verum    80
esto aliis alios rebus studiisque teneri:
idem eadem possunt horam durare probantes?
'nullus in orbe sinus Bais praelucet amoenis,'
si dixit dives, lacus et mare sentit amorem
festinantis eri; cui si vitiosa libido        85
fecerit auspicium, cras ferramenta Teanum
tolletis, fabri. lectus genialis in aula est?
nil ait esse prius, melius nil caelibe vita:
si non est, iurat bene solis esse maritis.
quo teneam vultus mutantem Protea nodo?    90
quid pauper? ride: mutat cenacula, lectos,
balnea, tonsores; conducto navigio aeque
nauseat ac locuples, quem ducit priva triremis.

 76 est recc. : es codd.
 78 crustis rec. : frustis codd.

しかしもしローマ市民がひょっとして私に,どうして
同じ柱廊を良く使うのと同様,自分達と同じ判断を良しとしないのか,
自分達が望んだり憎んだりする物を求めたり避けたりしないのか尋ねるなら,
かつて狐が病気のライオンに答えた事を
繰り返すでしょう.「なぜなら,すべての足跡が
あなたの方へと向いていて,どれも逆向きでないのが恐ろしいので」と.
これは多くの頭のある怪物なのです.一体何に私は従えばいいでしょう,あるいは誰に?
人々のあるものは,税を徴収を喜んでします.
お菓子と果物で,貪欲な寡婦を狩りあつめ,
老人を身請して,囲いに入れておくよう人もいます*17
知らない間に利子で財産の増えるような人も沢山います.しかし,
人それぞれ違った執心にとらえられていればよいのです.
同じ人でも,同じ物事を一時間もよしとし続けていることができるでしょうか.
「地球上のいかなる湾も,心地よいバイアエのそれよりも風光明媚にすばらしくはない」
と,金持ちが言ったなら,湖も海も,
熱に浮かされた主人の愛着*18を痛感するでしょう.しかしもしこの者に病的な気まぐれが
神のお告げを授けたとなれば,大工たちよ,明日には大工道具をテアーヌムに
運ぶ事になるでしょう.婚姻の床が広間にあるのですか?
そうすれば,独身生活よりも勝る,より良い者はない,と彼は言います.
もしなければ,結婚した者だけがいいと誓います.
どの結び目によって,顔を変化させるプローテウスを私は捉えましょう*19
貧乏人のほうはどうでしょう?お笑いください,彼は食堂,床,
浴場,床屋を取り替え,船を賃貸しては,
自分の三段櫂船が運ぶ富裕者と同じ様に船酔いするものです.


*17 つまり,子供がいない者を養って,代わりに遺産をもらおうとする人々.
*18 以下でも分かるように,その地に家を建ててまで住みたいほどの愛着.
*19 姿を変える海の老人.予言の術を使うが,それをさせるためには様々な怪物に姿を変える彼を捕まえ続けなければならない.


【2007/12/24 23:39】 Horatius Epistulae | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/1140-8efbddae

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)