FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

プロペルティウス第3巻第11歌29-50行

quid, modo quae nostris opprobria vexerit armis,
 et famulos inter femina trita suos?     30
coniugii obsceni pretium Romana poposcit
 moenia et addictos in sua regna Patres.
noxia Alexandria, dolis aptissima tellus,
 et totiens nostro Memphi cruenta malo,
tris ubi Pompeio detraxit harena triumphos!  35
 tollet nulla dies hanc tibi, Roma, notam.
issent Phlegraeo melius tibi funera campo,
 vel tua si socero colla daturus eras.
scilicet incesti meretrix regina Canopi,
 una Philippeo sanguine adusta nota,     40
ausa Iovi nostro latrantem opponere Anubim,
 et Tiberim Nili cogere ferre minas,
Romanamque tubam crepitanti pellere sistro,
 baridos et contis rostra Liburna sequi,
foedaque Tarpeio conopia tendere saxo,    45
 iura dare et statuas inter et arma Mari!
quid nunc Tarquinii fractas iuvat esse securis,
 nomine quem simili vita superba notat,
si mulier patienda fuit? cane, Roma, triumphum
 et longum Augusto salva precare diem!   50.


29 vexerit] nexerit Sh. Bailey  31 coniugii Passerat : coniugis codd.  49 cane Camps : cape codd.

先に我々の軍に恥辱をもたらし,
 そして自分の奴隷達と情を交わした女性*1はどうか?
彼女はふしだらな婚姻*2の土産としてローマの壁と,
 自分の王国に隷属した元老院議員を要求した.
害なすアレクサンドリア,ペテンに最も相応しい地よ,
 そして,これほど繰り返し我々の不幸によって血に染まったメンフィス,
ポンペイユスから三度の凱旋式を奪い取った岸辺よ*3
 いかなる日もこの烙印を,ローマよ,取り除くことはできないだろう.
お前にはプレグラの野でお前の死があればましだったろう*4
 あるいはもし,お前の義父*5に首を差し出していれば.
もちろん,淫らなカノープス*6の売女女王,
 ピリッポスの血筋*7による,唯一焼き付けられた烙印は,
我らがユッピテルに犬吠えするアヌビス神を向かわしめ,
 ティベリス川にナイル川の脅威を運ばせ,
ローマの行軍ラッパを打ち振るガラガラで追い払い,
 そして平舟の竿でリブルニア*8の衝角艦を追い,
タルペイウスの岩で蚊帳付きの床を張り,
 そしてマリウスの像と武具*9の間で法を下そうとしたのだ.
なぜ今,傲慢な生き様が同じ名前を与えたところの
 タルクィニウス*10の斧を打ち砕いたことが嬉しいのか,
もしその女を耐えなければならなかったら?救われたローマよ,凱旋を歌え,
 そして,アウグストゥスに長命を祈れ.


*1 クレオパトラのこと.
*2 アントーニウスとの関係.
*3 ポンペイユスはファルサロスの戦いに破れてエジプトで体勢を立て直そうとしていた時に,クレオパトラと対立するプトレマイオス13世と側近の裏切りにあって,上陸直後殺される.
*4 ポンペイユスは前50年に,ナポリの近くで重病となったとキケローは伝えている(Tusc.Disp.1.86).
*5 カエサル.ポンペイユスはカエサルの娘ユーリアと結婚していた.
*6 エジプトの町で,贅沢で知られていた.ここではほぼエジプトと同義.
*7 クレオパトラの血筋はマケドニアに由来する.
*8 リブルニア人は機動力ある船を操るのに長け,オクタウィアーヌス側で活躍した.
*9 前156-86.名将で,ユグルタを106年,テウトーネース族を102年,キンブリー族を101年に破った.カピトリウムには彼の戦勝記念碑と像があった.
*10 タルクィニウスはその傲慢な行いのため,スペルブスの添え名を得る.ローマから追放され,最後の王となる.


【2007/09/24 19:03】 Propertius | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/1041-584f5cf3

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)