FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

ティブッルス第2巻第3歌61-80行(完結)

at tibi dura seges, Nemesin qui abducis ab urbe,
 persolvat nulla semina terra fide.
et tu, Bacche tener, iucundae consitor uvae,
 tu quoque devotos, Bacche, relinque lacus.
haud impune licet formosas tristibus agris     65
 abdere: non tanti sunt tua musta, pater.
o valeant fruges, ne sint modo rure puellae.
 glans alat, et prisco more bibantur aquae.
glans aluit veteres, et passim semper amarunt.
 quid nocuit sulcos non habuisse satos?      70
tum, quibus adspirabat Amor, praebebat aperte
 mitis in umbrosa gaudia valle Venus.
nullus erat custos, nulla exclusura dolentes
 ianua; si fas est, mos precor ille redi.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・       75
 horrida villosa corpora veste tegant.
nunc si clausa mea est, si copia rara videndi,
 heu miserum, laxam quid iuvat esse togam?
ducite: ad imperium dominae sulcabimus agros,
 non ego me vinclis verberibusque nego.     80

だが,お前には作物がつれなくあれ,ネメシスを都から連れ出した奴よ,
 大地も,忠義を守って種を返す事がないように.
そして,汝,若者たるバッコスよ,快楽もたらす葡萄の植え手よ,
 汝もまた,バッコスよ,私が呪った葡萄桶を見放し給え.
美しい女性を楽しみもない畑に隠して,罰を逃れることは
 できない.父たるバッコスよ,そんな目に遭うためのあなたの葡萄酒ではない.
さらば,畑の実りよ,もし女性らが畑にいないのであれば.
 団栗が人を養えばよい,そして,古の様に,人は水を飲んでいればよい.
団栗が古の人を養った,そして彼らはいつもそこら中で愛を結んだのだ.
 なぜ畝に作物がない事が,良くないことがあろうか.
その時代には,アモルが息を吹き込んだ者には,おおらかなウェヌスが
 隠す事なく蔭多き谷での歓楽を供したのであった.
見張りなぞいなかった,閉め出して悲しみを味わわせる
 門もなかった.もし許されるなら,かの習わしが戻ることを僕は願う.
…………………………………………………………
 むくつけき身体を毛むくじゃらの服が被わんことを.
今,もし僕の彼女が閉ざされているなら,もし見る機会が滅多にないなら,
 ああ,不幸な僕よ,緩いトガ*1が何の役に立とうか.
連れて行ってくれ.女主人の命により,僕は畑を耕そう,
 僕は縛めも鞭も厭う事はない.

*1 緩いトガは,ダンディな男の着こなしとされていた.


【2007/09/05 15:49】 Tibullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


この記事に対するコメント

TOPへ


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

TOPへ


この記事に対するトラックバックトラックバックURL
→http://litterae.blog8.fc2.com/tb.php/1018-a72c0bac

TOPへ


PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)