ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | 記事修正

TOPへ


しっかり学ぶ初級ラテン語


山下太郎先生の『しっかり学ぶ初級ラテン語』が8月20日刊行されるそうです.予価1,995円ですから,昨今ではかなり安価ですね.発売まで指折り数えて待ちましょう!足の指まで使い切った時に買えるはずです.もう『ラテン語徒然的ラテン語入門』存在意義ない?

しっかり学ぶ初級ラテン語しっかり学ぶ初級ラテン語
(2013/08/20)
山下 太郎

商品詳細を見る


スポンサーサイト

【2013/07/31 22:57】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ブログ立ち上げ8周年

 気がついたら昨日でブログ立ち上げ8周年を迎えておりました.8年といえば小学生1年生がそろそろ高校受験の心配を始める年齢になる年月です.途中大分休んだりしましたが,よくまあ続いたといえば続いたものです.しかしうっかり忘れていたとはいえ,8周年の当日に投稿したのが秋田の放射線量爆上げ記事ですから,なんだかなあという感じです.
 そもそもこのブログを立ち上げたのは,実は生命の危険を感じるような,しかし表立って際立った症状がない体調不良が原因でした.その時にどうせ死蔵されるよりは,ダメな翻訳でもなんでも公開してしまえという気持ちでブログを立ち上げたわけです.割と何でもかんでもあまり気にもかけずに勢いで投稿していました.今となって見返すと,あらすじを追うぐらいの訳にしかたたない翻訳ばかりで恐縮ですが,翻訳の出来の悪いのはもちろん本人の資質に加えて,そんなブログの成立事情にもあります.
 そんなこんなでまた僕は(というか今となってはほぼ日本人全員が)生命の危機を感じるような毎日を送っていますが,この恐怖感は再度改めて何か始めるのにはいい機会かなと思うので,『ラテン語徒然的ラテン語入門』(仮題)でもやろうかと思っています.多分回数は300回ぐらいになるでしょうか.日本が終わるのが早いか,ラテン語入門が終わるのが早いのかわかりませんが,中途半端でもやらないよりはやるのがいいでしょうね.再びやけでやり始めるラテン語入門ですから,ラテン語がちゃんとできるようになる保証もありません.そのあたりご理解の上,読んでくださると幸いです.


【2013/07/29 12:45】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


秋田にプルーム?

秋田で一時的に放射線量が許容値ぎりぎりまで跳ね上がってます.なにか来てるかもしれませんね.少々用心.

http://new.atmc.jp/pref.cgi?p=05





【2013/07/28 20:31】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


プルーム拡散予報

 以前3.11以降数日で大きく汚染が広がったのは春だったので,プルームは大抵海側にながれ,たまに東京を通過して静岡ぐらいまで行きました.今もし高濃度の放射性物質のプルームが発生すると,南風が吹いているので,関東以北の,特に前回それほど汚染されなかった東北北部の青森と北海道の函館,札幌を含む西半分ぐらいはやられるような風の流れです.しかも,ほとんど海に逃げてくれずに,陸地を通って行くだけなので,最悪の場合直ちに影響がでるほどの相当の汚染があるかもしれません.逃げるとすれば,北ではなくて南です.おそらく中国地方,四国,九州あたりなら確実に安全だと思います.そうでなければ,室内で換気を控え,できれば目張りなどをしてプルーム通過を待つのみです.いずれにしても,プルーム発生の時に,政府とマスコミが確実に知らせてくれなければ話にならないのですが,おそらく今回もろくに報道してはくれないでしょうね……



【2013/07/24 22:24】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


福島第一原発の3号機から最大2シーベルト以上の高放射線量の湯気


杞憂かもしれませんが,念のため書いておきます.

福島第一原発の3号機から相当の高放射線量の湯気が出ています.最大で2170ミリ・シーベルト,つまり2シーベルトですから致死量で,そばにいるだけで死んでしまいます.もちろん近辺では作業ができずに,がれき撤去作業も中断されているようです.


http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130724-OYT1T00093.htm


(追記:元作業員ハッピーさんのツイートhttps://twitter.com/Happy11311/status/359262031494393856
 現時点でマスコミはあまり重大さを認識していません.本来ならNHKで常時福島動向を報道してもおかしくない事態だと思います.というのも,この放射線量が続いたら現場で一切作業ができなくなります.たとえば使用済み燃料プールの冷却装置が故障しても修理もできなくなります.そうすると,1500本以上もの使用済み燃料が,最悪の事態で地上でメルトダウン,覆いもない状態になりますから,膨大な放射性物質が大気に放出され,周囲はますます立ち入り不能状態になります.つまり福島原発どころか,福島に近づくことすらできなくなります.かろうじてある程度のコントロールを保っていたのが,一切コントロールが効かない状態になるわけで,人類未踏の,想像すらつかない最悪の結果を迎えてもおかしくないのですが.)


除染にいくらかかるなどということがニュースになっていますが,湯気発生のほうは再度の爆発や,放射能プルームなどの発生など,場合によっては直ちに危険が生じる可能性に通じる事案です.高濃度のプルームの発生速報がでたら,間違いなく風向き注視です.ただ,本当にプルームが来ている最中だと,避難するために外出するだけで相当の被ばくをする可能性もあって,何をすればいいとは一概にいえません.来ていなければ,拡散予告を参考に来ない方向に避難,もう来てしまったら,家にいて換気停止,目張りするぐらいしかする手だてはないと思います.基本的にプルームが来ている時には雨にあたるとアウトです.水たまりなども汚染源になります.

福島起点の放射性プルームの拡散予告は次のブログ参照.一番上の動画です.

http://www.meteocentrale.ch/ja/weather/weather-extra/weather-in-japan.html

近辺の放射線量はこちらで確認してください.これは公式発表を有志の方が統合してくださっているサイト.公式が低めにでるようにしているので,これで高くでたらかなり危ないです.

http://new.atmc.jp/



【2013/07/24 08:14】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


bibliotheca hermetica叢書

 ついにヒロ・ヒライ氏の bibliotheca hermetica が,なんと同名の叢書を刊行することになったそうです.すでに雑誌『ミクロコスモス』(できたら続きおねがいしますm(_ _)m)で,すごいことが始まる予感はしていたのですが.

  日時:2013年8月3日(土) 午後4時30分~6時30分
  会場:西武池袋本店別館9階池袋コミュニティ・カレッジ28番教室
  参加チケット:1000円(税込)
  チケット販売場所:西武池袋本店書籍館地下1階リブロリファレンスカウンター

詳しくはこちら<http://www.libro.jp/news/archive/003494.php>

 おそらくustream放送か録画は提供されるとは想像しますが,行った方が色々面白いのではないかと思います.ちなみに西武池袋線池袋駅は放射線量はかなり低めのようですから,僕のように放射能恐怖症の人間でも安心していいと思います.<http://minnade-map.net/map/detail.php?id=40465>




【2013/07/04 22:22】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ




PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。