ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | 記事修正

TOPへ


ペトローニウス注釈

古代ローマの小説で有名な『サテュリカ』は,フェッリーニの映画化などで名前は有名ですが,注釈書などではちょっと恵まれてない作品でした.このGareth Schmelingのペトローニウスの『サテュリカ』注釈書が,全体の詳細な注釈書としては世界初になるとのこと.早くペーパーバックが出ればいいですね.

Gareth Schmeling Ed. with the Collaboration of Aldo Setaioli. A Commentary on the Satyrica of Petronius. Oxford U.P., 2011


以前出ていた『サテュリカ』全体の注釈書はこれのようですが,未見.

Petronius: The Satiricon, ed. by Evan T. Sage, revised by Brady B. Gilleland, New York 1969.


部分的には次のような詳細な注釈もでているようですが,いずれもいい値段なので買っていません…….

Natalie Breitenstein. Petronius: "Satyrica 1-15". Text, Übersetzung, Kommentar. Texte und Kommentare 32. Berlin/New York: Walter de Gruyter, 2009.

Giulio Vannini Ed. Petronii Arbitri Satyricon 100-115. Edizione critica e commento. Beiträge zur Altertumskunde Bd. 281. Berlin/New York: Walter de Gruyter, 2010. BMCR書評

Peter Habermehl Ed. Petronius, Satyrica 79-141. Ein philologisch-literarischer Kommentar. Bd. 1: Sat. 79-110. Texte und Kommentare 27,1 Berlin/New York: Walter de Gruyter, 2006.


有名な「トリマルキオーの饗宴」については,中級者向けテクストなどもいくつもありますが,定番は次の注釈書でしょうか.しかしこれもすでに古いかもしれないですね.

Martin S. Smith Ed. Petronii Arbitri Cena Trimalchionis. Oxford: Oxford U.P., 1982.



ちなみにペトローニウスには,PETRONIAN SOCIETY (ペトローニウス協会)というものがあり,毎年ニュースレターなども発行されています.書誌情報や書評などもあります.下のリンクですべて読めます.




有名なフェッリーニの映画『サテリコン』ですが,最後まで見る忍耐力は僕はまだないです…….原作を読む方が楽かもしれません.


サテリコン [DVD]サテリコン [DVD]
(2006/10/27)
マーティン・ポッター、ハイラム・ケラー 他

商品詳細を見る



スポンサーサイト

【2012/05/16 20:40】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


新刊色々

長期にわたってブログ休止してました.これからもどうなるかわかりませんが,気が向いたら翻訳でも書くかもしれません.この記事では,ちょっとリハビリ程度に新刊などのお話でも.

 つい先日から,なんと日本映画で,ラテン語が話されるというすごい映画が登場しています.もう知らない人もいないと思いますが……

武内英樹 監督 阿部寛,上戸彩主演『テルマエ・ロマエ』東宝,2012年4月28日

既に見に行きましたが,まさかのオープニングからラテン語が画面に満載で,しかも実際にラテン語でやり取りがされるシーンも少なからずありました.発音はイタリア語風の発音ではありますが,それでも日本映画としては,ラテン語が話されるなどということは,前代未聞だと思います.ラテン語をやっている我々にとっては,ラテン語ができて得をするということは滅多にない現代で,多少やっていてよかったという気持ちを味わえる映画だと思います.

 映画はさておき,ラテン語研究の方でも大変な本がいくつか出ています.

 まずは何より,Oxford Latin Dictionary の第二版.

Oxford Latin Dictionary. 2 vols. 2nd Ed. Oxford: Oxford U.P., 2012.

 しかしこの第二版,大変残念なことに,2巻本になっています.2200ページ弱から2400ページに増えただけで,2巻本となると,やはり電子版がでるのを待とうという気になってしまいますね.

 次にOxford Classical Dictionary の第4版.

Simon Hornblower and Antony Spawforth and Esther Eidinow. The Oxford Classical Dictionary. 4th Ed. Oxford: Oxford U.P., 2012.


 ラテン文学で詩をやっていると避けては通れないヘレニズム詩ですが,なんとカッリマコスの『縁起集』の校訂本と翻訳がでるようです.

Annette Harder Ed. Callimachus: Aetia. vol 1. Introduction, text, and translation. Oxford: Oxford U.P., 2012. 05 (forthcoming).

これにさらに注釈がvol.2でつくことになるようです.これはペーパーバックは期待できなそうですね…….


  Cambridge Greek and Latin Classicsのシリーズでは,ホラーティウスの『歌集』の第1巻目と4巻目+『世紀讃歌』,『談話集』第1巻がでました.さらにはRichard Tarrant先生によるウェルギリウスの『アエネーイス』第12巻の注釈が登場するようです.

Emily Gowers Ed. Horace: Satires Book I. Cambridge Greek and Latin Classics. Cambridge: Cambridge U.P., 2012.


Roland Mayer Ed. Horace: Odes Book I. Cambridge Greek and Latin Classics. Cambridge: Cambridge U.P., 2012.


Richard Tarrant Ed. Virgil: Aeneid Book XII. Cambridge Greek and Latin Classics. Cambridge: Cambridge U.P., 2012. 07 (forthcoming).



他にもいろいろ出ているでしょうが,気になったところだけあげてみました.


【2012/05/15 03:07】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) | 記事修正

TOPへ


トゥーキューディデース復刊ドットコム
メールでの依頼です.

 久保 正彰先生の翻訳によるトゥーキュディデスの復刊を希望されている方,
是非ご協力お願いしますとのことです.古書で1冊1万円を超える値段がついていて,絶句しました.



【2012/05/14 02:33】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ




PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。