ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | 記事修正

TOPへ


メーデイア終盤

相変わらず読むのがのろのろです.暑いと特にダメです.1日10行でも20行でも読めば,純粋に理論的にはいつかは読み終わるものですけど,こんなペースではエウリーピデース全作品を読み終わる前にあの世に行ってしまいます.

今日はついにイアーソーンの花嫁の死を伝える使者がやってきてしまいました.タダほど高いものはないといいますが,ましてや恋敵から高級品なんかうけとっちゃいけません.決して登場しない花嫁で,一見咎などないかのようですが,このあたりの愚かさと,それから金の装飾具への物欲が描かれているところで,単純にかわいそうとは思えない存在になっているところがやはりエウリーピデースのうまさなのでしょうか.

それにしても身につけるだけで火が出る毒というのも,我々が考える毒の概念を超えていて不思議ですね.当時知られていたかどうかわかりませんが,候補としては白燐が一番近い感じでしょうかねえ.毒物で,常温でもよく発火して皮膚につくとすごいやけどになって,消してもまた火がつく可能性があるそうです(あまりに発火しやすいので水中保存するそうです).これを空気に触れないようにして金の冠と衣にうまくくるめば多分メーデイアの衣が作れるのではないかと思いますが,作っている段階で普通火だるまになるでしょうね.メーデイアはそうするとこういった知識のある天才的化学兵器制作者だったのでしょうか.

スポンサーサイト

【2009/07/28 23:36】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


日本語の隣人たち

中川 裕 監修『ニューエクスプレス・スペシャル 日本語の隣人たち《CD付》』ニューエクスプレス.東京:白水社,2009.


「台湾やサハリン、中国、シベリア、カムチャツカなどの少数民族の言語から、エスキモー語やハワイ語など、8言語」を見てゆくという面白い企画語学書です.CDもついているというところがすごいですね.夏休みの息抜きにはちょうどいい本かもしれません.



【2009/07/21 18:33】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


Little Boots - Mathematics Music video

最近たまたまYouTubeで見つけた動画.動画にちょっとびっくりしたのですが,そういえばさえさんのジェンダー関係の研究などで関心をもたれそうな感じだったので.

  Little Boots - Mathematics Music video

最近ブログ書いてないですね.いや,メーデイア読んでますけど.


【2009/07/17 11:59】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) | 記事修正

TOPへ


メーデイア再読

 前に読みかけて途中で止めてしまっていたので,1月ほど前からのろのろと読み始めました.
 さっき読んだところは,命の恩人ともいうべきメーデイアを捨てるイアーソーンが,自己中な自己弁護を平気でやるどころか,逆ギレで反対に女性蔑視発言.その後恩着せがましく追放後の便宜をはかってやろうなどと申し入れるものの,突っ返されては再度逆ギレ気味にバカ呼ばわり,という場面でした.さすがにこれぐらい恩知らずもはっきりしていると清々しいぐらいです.いくら男性中心社会のアテーナイでも,あまりに酷い男という印象しか残らないでしょうね.しかしプロットとしては,強く忘恩ぶりを印象づけていないと,後ですべてを失うイアーソーンにうっかり同情してしまって悲劇が中途半端になりますから,この部分はよくかけているというべきでしょう.

ところで

Donald J. Mastronarde Ed. Euripides: Medea. Cambridge Greek and Latin Classics. Cambridge: Cambridge UP, 2002.

ですが,それほど悪くないように思います.比較的早いうちからもおすすめできる程度,文法的註もついているように思います.例えば初級者がつっかえるcrasisの元の形なども,普通のレベルの注釈なら別に書かなくてもとは思うところでもちゃんと書いています,もちろん,まるっきり初心者だったら,購読としては,アルケースティスを次の注釈で読んでから,2番目ぐらいにMastronardeのMedeaを読むがいいと思いますが.

C. A. E. Luschnig and H. M. Roisman Ed. Euripides: Alcestis. With Notes and Commentary. Norman: University of Oklahoma Press, 2003.



【2009/07/08 18:43】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


Wackernagel

ヴァッカーナーゲルの名著の Vorlesungen über Syntax の英訳,以前近刊予告をしていましたが,ついにでたようです.

Langslow, David (ed.). Jacob Wackernagel. Lectures on syntax: with special reference to Greek, Latin, and Germanic. Oxford; New York: Oxford University Press, 2009. xxii, 982 p. $250.00. ISBN 9780198153023.



【2009/07/04 09:50】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


BMCR アドレス変更

Bryn Mawr Classical Reviewのアドレスが変更になっています.旧アドレスではアクセスできないようです.

旧アドレス http://ccat.sas.upenn.edu/bmcr/
             ↓
新アドレス http://bmcr.brynmawr.edu/

古い記事の中のBMCRへのリンクも気がついた範囲では直していますが,もしクリックしても表示されないときは旧アドレスのままなので,次の要領でアドレスの前半を書き換えてください.

旧アドレス  http://ccat.sas.upenn.edu/bmcr/2008/2008-09-67.html
             ↓
新アドレス  http://bmcr.brynmawr.edu/2008/2008-09-67.html


【2009/07/04 09:23】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


復刊.com ソクラテスの弁明

田中美知太郎 校註『プラトン ソクラテスの弁明』岩波ギリシア・ラテン原典叢書.東京:岩波書店,1950

これの復刊投票が行われていました.

  http://fukkan.com/fk/VoteDetail?no=46570

(よく見るとどこかで見たことがあるようなものがコピペされています……)

この田中美知太郎先生の注釈は,僕も使ってみましたがかなりいいと思います.復刊されるといいですね.




【2009/07/02 00:01】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) | 記事修正

TOPへ




PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。