ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | 記事修正

TOPへ


これで今年最後です

 ごたごたの合間に更新するのは,さすがに疲れました…….これで今年の『ラテン語徒然』の更新は最後になります.よいお年をお迎えください.

スポンサーサイト

【2007/12/31 03:53】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ホラーティウス『書簡集』1巻3歌30-36

debes hoc etiam rescribere, sit tibi curae, 30
quantae conveniat Munatius; an male sarta
gratia nequiquam coit et rescinditur ac vos
seu calidus sanguis seu veri inscitia vexat
indomita cervice feros? ubicumque locorum
vivis, indigni fraternum rumpere foedus,     35
pascitur in vestrum reditum votiva iuvenca.

君はこれにもまた返事をしなくてはいけない,君がムーナーティウス*8
相応な心配をしてくれているかどうか.それとも君らの友情は拙くくっ付けられて,
塞がっても甲斐なく,再び裂けているだろうか,そうして,
御し難き首もつ君らを,熱い血気と真実の無知が,
荒々しく苛んでいるのか.どの地に
君らが暮らそうとも,兄弟の絆を壊すような事をするには相応しからぬ君たちよ,
君らの帰還のための願掛けの牛は,草を食んでいる.


*8 前42年に執政官を勤めたルキウス・ムーナーティウス・プランクス.


【2007/12/31 03:21】 Horatius Epistulae | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ホラーティウス『書簡集』1巻3歌1-29

Iuli Flore, quibus terrarum militet oris
Claudius Augusti privignus, scire laboro.
Thracane vos Hebrusque nivali compede vinctus
an freta vicinas inter currentia turris
an pingues Asiae campi collesque morantur?    5
quid studiosa cohors operum struit? hoc quoque curo.
quis sibi res gestas Augusti scribere sumit,
bella quis et paces longum diffuit in aevum?
quid Titius, Romana brevi venturus in ora,
Pindarici fontis qui non expalluit haustus,      10
fastidire lacus et rivos ausus apertos?
ut valet? ut meminit nostri? fidibusne Latinis
Thebanos aptare modos studet auspice Musa
an tragica desaevit et ampullatur in arte?
quid mihi Celsus agit, monitus multumque monendus 15
privatas ut quaerat opes et tangere vitet
scripta Palatinus quaecumque recepit Apollo,
ne, si forte suas repetitum venerit olim
grex avium plumas, moveat cornicula risum
furtivis nudata coloribus? ipse quid audes?     20
quae circumvolitas agilis thyma? non tibi parvum
ingenium, non incultum est nec turpiter hirtum.
seu linguam causis acuis seu civica iura
respondere paras seu condis amabile carmen,
prima feres hederae victricis praemia. quod si    25
frigida curarum fomenta relinquere posses,
quo te caelestis sapientia duceret, ires.
hoc opus, hoc studium parvi properemus et ampli,
si patriae volumus, si nobis vivere cari.

22 nec λlφψ : et (B)

ユーリウス・フロールス*1よ,どの地域でアウグストゥスの義子
クラウディウスは外征をしているのか,僕は知ろうと骨折っている.
君たちを引き止めているのは,トラキアの地と雪の足かせに縛られたヘブルス川*2が,
それとも隣接する塔の間を走る海峡,
それともアジアの豊穣な平野と丘陵だろうか?
どんな仕事を,幕僚は熱心に企てているのか?これもまた僕は気にかかるのだ.
誰がアウグストゥスの業績を記述する仕事を受け持つのか,
だれが数々の戦争と平和を長い構成に広めるのか?
やがてローマの人口に膾炙されるであろうティティウス*3は何をするのか,
ピンダロスの泉を飲む事を恐れず,
開けた水たまりと川を敢えて嫌った*4そのティティウスは?
彼の調子はどうか?僕の事をどう覚えているか?ラテンの弦に
ムーサの加護の下,テーバイ*5の調子を合わすことに努めているか,
それとも悲劇の業の内に荒れ狂い,壷のごとく膨れ上がっているだろうか.
わがケルススは何をしているか?彼は前にも忠告され,忠告されるべきであった,
自分自身の富を求めるべきで,パラティーヌス丘のアポッローンが
所蔵した書物*6に触れることは避けるべし,と.
もしひょっとして,鳥の群れがいつか自分の羽を
取り戻しにやってきて,小鴉が盗んだ色付きの羽根を奪われて
嘲笑を醸すなどということにならぬよう.君自身はなにを敢えてしているのか.
どのタチジャコウソウ*7の周りをせっせと飛び回っているのか.君の才能は
卑小でもなく,薫陶を受けぬものでも,また醜く粗雑なものでもない.
君は訴訟の為に舌を尖らせようと,民事裁判に
答えるのに備えようと,愛らしい歌をものしようと,
勝利者の常春藤の冠の1位の賞をとるだろう.だがもし
悩みにつける冷湿布を捨て置く事ができるならば,
天上の知恵が君を導く所に,君は行くであろうに.
この仕事を,この熱意を,卑小の我々も高貴な我々も急ぎ行おうではないか,
もし我々が祖国にとって大切なものとして生き,我々にとってもそうであることを欲するなら.

*1 『書簡集』2.2でも宛名となっているが,ポルピュリオーによると,諷刺詩作家というが,それ以上は不詳.
*2 トラキアの川.
*3 不詳.
*4 カッリマコス的な文学の理想である,広く歌われているものを避けるべし,ということの比喩.s
*5 テーバイはピンダロスの生地.
*6 オクタウィアーヌスが大願成就の返礼としてアポッローンに捧げたパラティーウムの丘の神殿にはギリシア・ラテンの書物が所蔵されていた.
*7 タイム.香辛料となる.


【2007/12/31 02:40】 Horatius Epistulae | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


年末のご挨拶

 まだあと1・2回程度,翻訳をアップできるかもしれませんが,暮れでどうなるかわからないので,早めに年末のご挨拶を申し上げます.
 殆ど読者を顧慮しないでひたすら翻訳してはアップしているだけのブログですが,重複を数えているにしても6万人以上も来ていただいて,ありがとうございます.西洋古典の世界はどうしても閉じこもりがちで,大学では役に立たない割には面倒くさい語学として敬遠され,意味不明の「教養」を盾に存在意義を主張するしかないような学問とされていて,実際まあその通りなのですが,それでも一度面白みが分かると,なかなかこれはこれで面白い世界もあるもので,それがちょっとでも拙訳を通して伝わればと思います.
 最後になりましたが,是非皆様方には,よい年末を過ごされますよう,また健やかで実り多い一年が来ますよう.ついでに迷い鼠にもお裾分けがあたる程度に,豊かな生活が送れますように.


【2007/12/28 15:09】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ホラーティウス『書簡集』1巻13歌 アウグストゥスに本を届ける

ut proficiscentem docui te saepe diuque,
Augusto reddes signata volumina, Vinni,
si validus, si laetus eris, si denique poscet.
ne studio nostri pecces odiumque libellis
sedulus importes opera vehemente minister.  5
si te forte meae gravis uret sarcina chartae,
abicito potius quam quo perferre iuberis
clitellas ferus impingas Asinaeque paternum
cognomen vertas in risum et fabula fias.
viribus uteris per clivos, flumina, lamas.    10
victor propositi simul ac perveneris illuc,
sic positum servabis onus, ne forte sub ala
fasciculum portes librorum, ut rusticus agnum,
ut vinosa glomus furtivae †Pirria† lanae,
ut cum pilleolo soleas conviva tribulis.     15
neu vulgo narres te sudavisse ferendo
carmina, quae possint oculos aurisque morari
Caesaris; oratus multa prece nitere porro.
vade, vale, cave, ne titubes mandataque frangas.

お前が出発する時に何度も長々と指図した通りに,
アウグストゥスにこの印で封した本を渡してくれ,ヴィンニウス*1よ,
つまりもし彼が元気で機嫌良く,そうしてそれを欲しいと言った時にだ.
私を思うあまりに粗相をして,お前が酷く熱心な従者であるばかりに
この小冊子に憎しみをもたらすことの無きよう.
ひょっとしてお前には,私の本が大荷物で苦しい*2なら,
むしろ投げ捨てたまえ.持ってゆくように命ぜられたその場所で,
乱暴に荷鞍を投げつけて,アシーナという父方の
姓を笑いぐさにしてしまい,お前も人の噂になるよりはだ.
力強く,坂を越えて,川を越えて,沼を越えてゆけ.
任務を果たしてかの地についたらすぐに,
この荷をきちんと大事に持っていたまえ,まさか脇の下にはさんで
本の束を運ばぬように,ちょうど農夫が子羊を,
酔っぱらったピッリア(?)*3が盗んだ羊毛の固まりを,
宴仲間の同族の者が,帽子と一緒にサンダルを持つようには.
そして,言いふらしてはならない,自分は
カエサル様の耳目を引くための歌を持ってくるのに
一汗かいたなどとは.沢山願い縋られても,どんどん先に進みたまえ.
行け,さらば,気をつけよ,躓いて託された物を壊さぬように.

*1 不詳.
*2 もちろんパピュロスの本がそこまで重い訳はない.
*3 おそらく民衆劇の登場人物らしいが,語形は崩れて伝わったものらしく,不詳.


【2007/12/28 14:09】 Horatius Epistulae | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ホラーティウス『書簡集』1巻2歌55-71(完結)

sperne voluptates: nocet empta dolore voluptas. 55
semper avarus eget: certum voto pete finem.
invidus alterius macrescit rebus opimis;
invidia Siculi non invenere tyranni
maius tormentum. qui non moderabitur irae,
infectum volet esse, dolor quod suaserit et mens, 60
dum poenas odio per vim festinat inulto.
ira furor brevis est. animum rege, qui nisi paret,
imperat; hunc frenis, hunc tu compesce catena.
fingit equum tenera docilem cervice magister
ire viam, qua monstret eques; venaticus, ex quo  65
tempore cervinam pellem latravit in aula,
militat in silvis catulus. nunc abbibe puro
pectore vera, puer, nunc te melioribus offer.
quo semel est imbuta recens, servabit odorem
testa diu. quod si cessas aut strenuus anteis,   70
nec tardum opperior nec praecedentibus insto.

快楽を軽蔑せよ.苦痛により買われた快楽は害をなすのだ.
貪欲な者は常に欠乏しているのだ.願望にある限度を求めたまえ.
羨望を持つものは,他人の豊かな財産によって,やせ細るもの.
羨望よりも大きな拷問は,シチリアの暴君ら*10
考えださなかったのだ.怒りを抑制できない者は,
晴らせぬ恨みに駆られて無理矢理罰することを急ぐ間にも,
憤慨した気持ちに唆されてしたことを,せずにいればよかったと思うのだ.
怒りは短い狂気だ.感情を支配せよ,感情は,従うことをせぬ時には
支配するほうになる.君はこれを手綱で,これを鎖で抑制せよ.
調教師は,馬が首の柔らかいうちに,騎手がどの道を進むよう
指示しているのか分かるように躾ける.狩猟用の子犬は
広間で鹿の皮に吠えている時から
森の狩りをしていることになる.今,若者であるうちに君は純粋な胸に
真実を飲みたまえ,今こそ,より善きことに身を捧げたまえ.
陶器は下ろしたてのうちに一旦ついた匂いを,
長く保持するであろう.しかし,もし君が怠けていたり,熱心に先に行っても,
僕はのろい者を待つわけでもなく,先に行く人々に追い迫ることもしない.


*10 残忍な暴君の典型とされた.例えば太宰治の『走れメロス』の題材となった暴君ディオニュシオスなどが含まれる.


【2007/12/28 00:46】 Horatius Epistulae | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ホラーティウス『書簡集』1巻2歌32-54

ut iugulent homines, surgunt de nocte latrones:
ut te ipsum serves, non expergisceris? atqui
si noles sanus, curres hydropicus; et ni
posces ante diem librum cum lumine, si non   35
intendes animum studiis et rebus honestis,
invidia vel amore vigil torquebere. nam cur,
quae laedunt oculum, festinas demere, si quid
est animum, differs curandi tempus in annum?
dimidium facti, qui coepit, habet: sapere aude: 40
incipe. qui recte vivendi prorogat horam,
rusticus expectat, dum defluat amnis: at ille
labitur et labetur in omne volubilis aevum.
quaeritur argentum puerisque beata creandis
uxor et incultae pacantur vomere silvae:    45
quod satis est cui contingit, nihil amplius optet.
non domus et fundus, non aeris acerbus et auri
aegroto domini deduxit corpore febris,
non animo curas. valeat, possessor oportet,
si comportatis rebus bene cogitat uti.     50
qui cupit aut metuit, iuvat illum sic domus et res
ut lippum pictae tabulae, fulmenta podagrum,
auriculas citharae collecta sorde dolentis.
sincerum est nisi vas, quodcumque infundis acescit.

人を殺すために,泥棒は夜中に起きる.
君自身を守るために,君は目覚めないだろうか?しかしながら,
健康な時に走るのを欲しなければ,水腫にかかってから走ることになる.そして
日の出前に明かりをつけて本を読む事を欲することなしに,またもし
学問と立派な物事に心を向ける事がなければ,
羨望や欲望により,眠れずに苛まれるだろう.実にどうして
目を苛む原因は急いで取り除くのだろう,何か心を
蝕むものがあっても,君は治す時期を年送りにするのに?
始めた人は,作業の半分をしているのだ.識ることに勇気をだせ.
始めよ.正しく生きる時間を先延ばしにする者は
田舎者然として川が流れきるまで待っているのだ.だが,それは
流れており,渦巻いて永劫流れ続けるであろう.
人は金銭と子を産むのに恵まれた
妻を求め,手の入らぬ森は開拓される.
しかしもし十分なものが手に入れば,それ以上は何も求めてはならない.
家と地所,山積みの銅貨金貨も,
主人の病んだ体の熱を取り除きもせず,
心から心労を取り除きもしない.健全であれ,そうしてはじめて所有すべし,
もしかき集めたものをうまく使うことを考えているのなら.
貪欲だったり,恐怖に駆られる者が家財を喜ぶのは,
ちょうど瘧目が絵画を,痛風が松葉杖湯たんぽを,
たまった耳垢に苦しむ耳がキタラの音を喜ぶようなもの.
器が清潔でなければ,注ぎ込んだものはなんであれ,酸っぱくなるのだ.


【2007/12/26 12:47】 Horatius Epistulae | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ホラーティウス『書簡集』1巻2歌17-31

rursus quid virtus et quid sapientia possit,
utile proposuit nobis exemplar Ulixen,
qui domitor Troiae multorum providus urbis
et mores hominum inspexit latumque per aequor, 20
dum sibi, dum sociis reditum parat, aspera multa
pertulit, adversis rerum immersabilis undis.
Sirenum voces et Circae pocula nosti;
quae si cum sociis stultus cupidusque bibisset,
sub domina meretrice fuisset turpis et excors,   25
vixisset canis immundus vel amica luto sus.
nos numerus sumus et fruges consumere nati,
sponsi Penelopae nebulones Alcinoique
in cute curanda plus aequo operata iuventus,
cui pulchrum fuit in medios dormire dies et     30
ad strepitum citharae cessantem ducere somnum.

さらに,勇気と知恵がいかに力があるかの
有用な手本として,彼は我々にウリクセースを示している.
彼はトロイヤの征服者であり,注意深く多くの人々の町と
風習を観察し,自分と仲間の帰国を用意する間,
広い海中を多くの困難を
耐え,逆境の波にも沈められる事はなかった.
シーレーンらの声と,キルケーの毒杯を君は知っている.
それをもし愚かしく興味に駆られ,仲間らとともに飲んでいたら,
みっともない臆病ものとして,その娼婦を女主人として使え,
汚い犬か,泥を好む豚として生きた事だろう.
我々は只の数に過ぎず,作物を消費するために生まれた者で,
ペーネロペーを娶らんとする徒食の求婚者で,
肌の手入れに尋常以上に熱を上げ,
真っ昼間まで眠ったりキタラの音の伴奏で
無為な眠りを求めるするのが良いと思っているアルキノオス*9の若者だ.


*9 スケリア島のパイエーケース人を支配する王


【2007/12/26 02:23】 Horatius Epistulae | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ホラーティウス『書簡集』1巻2歌1-16

Troiani belli scriptorem, Maxime Lolli,
dum tu declamas Romae, Praeneste relegi;
qui, quid sit pulchrum, quid turpe, quid utile, quid non,
planus ac melius Chrysippo et Crantore dicit.
cur ita crediderim, nisi quid te detinet, audi.   5
fabula, qua Paridis propter narratur amorem
Graecia barbariae lento collisa duello,
stultorum regum et populorum continet aestus.
Antenor censet belli praecidere causam.
quid Paris? ut salvus regnet vivatque beatus  10
cogi posse negat. Nestor componere litis
inter Peliden festinat et inter Atriden;
hunc amor, ira quidem communiter urit utrumque.
quidquid delirant reges, plectuntur Achivi.
seditione, dolis, scelere atque libidine et ira   15
Iliacos intra muros peccatur et extra.

トロイヤ戦争の著者の本をだ,ロッリウス・マクシムス*1よ,
君がローマで演説している間,僕はプラエネステ*2で再読した.
彼は,何が立派で,何がみっともなく,何が有益で,何がそうでないかを,
平易に,クリュシッポス*3やクラントル*4よりもうまく語っている.
どうして僕がそう信じたのかを,もし君が何かに掛りっきりでなければ,聞きたまえ.
パリスの愛のために
ギリシアが延々と続く戦争を通して夷狄と衝突したことが語られている話には
愚かな主君らと人々の激情が含まれている.
アンテノール*5は戦争の原因を除くように進言する.
パリスはどうなったか?ぴんぴんして人の上に立ち,恵まれた暮らしをし,
強いられるのは我慢ならぬと言う.ネストール*6
ペーレウスの子*7とアトレウスの子*8の間の諍いを収めようと急ぐ.
愛が前者を,だが怒りは両人とも等しく焚き付ける.
主君らが犯した事は何でも,アカイア人が償うこととなる.
待ち伏せ,奸計,悪行,さらには痴情,また怒りにより,
イーリオンの城壁の内側でも外側でも,過ちが起こる.


*1 不詳.18歌でも手紙の受け手となる.
*2 ローマの東30kmほどの所の町.
*3 前280-207年.ストア派の重鎮.
*4 前340-275年.アカデメイア派.
*5 トロイヤ側の顧問の老人で,ヘレネーを返して戦いをやめるように説き,またメネラーオスとパリスの一騎打ちで戦いを終えるように進言する.
*6 三世代分の長命を保った老人.
*7 アキッレウス.
*8 アガメムノーン.


【2007/12/26 00:52】 Horatius Epistulae | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ホラーティウス『書簡集』1巻1歌94-108(完結)

si curatus inaequali tonsore capillos
occurri, rides; si forte subucula pexae     95
trita subest tunicae, vel si toga dissidet impar,
rides: quid, mea cum pugnat sententia secum,
quod petiit, spernit, repetit, quod nuper omisit,
aestuat et vitae disconvenit ordine toto,
diruit aedificat, mutat quadrata rotundis?   100
insanire putas sollemnia me neque rides,
nec medici credis nec curatoris egere
a praetore dati, rerum tutela mearum
cum sis et prave sectum stomacheris ob unguem
de te pendentis, te respicientis amici.     105

ad summam, sapiens uno minor est Iove, dives,
liber, honoratus, pulcher, rex denique regum,
praecipue sanus ― nisi cum pituita molesta est.

もし私が虎刈りの床屋に髪を刈られて
出会ったなら,あなたは笑います.もしたまたま下ろしたての
トゥニカの下に擦り切れた下着を着ていたり,もしトガを曲がって着ていれば,
あなたは笑います.ですがどうでしょう,私の意見が矛盾していたり,
ちょっと前に欲していたものを馬鹿にしたり,捨てた物をまた欲したり,
落ち着かずに生活の秩序全体をめちゃくちゃにしたり,
壊しては作り,四角い物を丸くしたりしていたら?
あなたは普通に血迷っていると思って,笑いはせず,
医者も裁判官がつける後見人も入り用だ
とは思いません.それも,あなたは私の財産の管理者で
あるにも関わらず,また,あなたに依存しており,あなたを尊敬する友が
爪を不揃いに切っていたら,腹を立てるのにも関わらずです.

要するに,賢者は唯ユッピテル一人にのみ譲り,富者であり,
自由であり,栄誉に満ち,見事で,そうして王達の王であり,
とりわけ健全な者です ? もし鼻風邪で苦しんでいなければですが.


【2007/12/25 00:54】 Horatius Epistulae | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ホラーティウス『書簡集』1巻1歌70-93

quod si me populus Romanus forte roget, cur   70
non ut porticibus sic iudiciis fruar isdem,
nec sequar aut fugiam, quae diligit ipse vel odit,
olim quod vulpes aegroto cauta leoni
respondit, referam: 'quia me vestigia terrent
omnia te adversum spectantia, nulla retrorsum.' 75
belua multorum est capitum. nam quid sequar aut quem?
pars hominum gestit conducere publica; sunt qui
frustis et pomis viduas venentur avaras
excipiantque senes, quos in vivaria mittant;
multis occulto crescit res faenore. verum    80
esto aliis alios rebus studiisque teneri:
idem eadem possunt horam durare probantes?
'nullus in orbe sinus Bais praelucet amoenis,'
si dixit dives, lacus et mare sentit amorem
festinantis eri; cui si vitiosa libido        85
fecerit auspicium, cras ferramenta Teanum
tolletis, fabri. lectus genialis in aula est?
nil ait esse prius, melius nil caelibe vita:
si non est, iurat bene solis esse maritis.
quo teneam vultus mutantem Protea nodo?    90
quid pauper? ride: mutat cenacula, lectos,
balnea, tonsores; conducto navigio aeque
nauseat ac locuples, quem ducit priva triremis.

 76 est recc. : es codd.
 78 crustis rec. : frustis codd.

しかしもしローマ市民がひょっとして私に,どうして
同じ柱廊を良く使うのと同様,自分達と同じ判断を良しとしないのか,
自分達が望んだり憎んだりする物を求めたり避けたりしないのか尋ねるなら,
かつて狐が病気のライオンに答えた事を
繰り返すでしょう.「なぜなら,すべての足跡が
あなたの方へと向いていて,どれも逆向きでないのが恐ろしいので」と.
これは多くの頭のある怪物なのです.一体何に私は従えばいいでしょう,あるいは誰に?
人々のあるものは,税を徴収を喜んでします.
お菓子と果物で,貪欲な寡婦を狩りあつめ,
老人を身請して,囲いに入れておくよう人もいます*17
知らない間に利子で財産の増えるような人も沢山います.しかし,
人それぞれ違った執心にとらえられていればよいのです.
同じ人でも,同じ物事を一時間もよしとし続けていることができるでしょうか.
「地球上のいかなる湾も,心地よいバイアエのそれよりも風光明媚にすばらしくはない」
と,金持ちが言ったなら,湖も海も,
熱に浮かされた主人の愛着*18を痛感するでしょう.しかしもしこの者に病的な気まぐれが
神のお告げを授けたとなれば,大工たちよ,明日には大工道具をテアーヌムに
運ぶ事になるでしょう.婚姻の床が広間にあるのですか?
そうすれば,独身生活よりも勝る,より良い者はない,と彼は言います.
もしなければ,結婚した者だけがいいと誓います.
どの結び目によって,顔を変化させるプローテウスを私は捉えましょう*19
貧乏人のほうはどうでしょう?お笑いください,彼は食堂,床,
浴場,床屋を取り替え,船を賃貸しては,
自分の三段櫂船が運ぶ富裕者と同じ様に船酔いするものです.


*17 つまり,子供がいない者を養って,代わりに遺産をもらおうとする人々.
*18 以下でも分かるように,その地に家を建ててまで住みたいほどの愛着.
*19 姿を変える海の老人.予言の術を使うが,それをさせるためには様々な怪物に姿を変える彼を捕まえ続けなければならない.


【2007/12/24 23:39】 Horatius Epistulae | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


作ってみましたが……

HP,fc2で思い切って作ってはみましたが,ブログの手軽さになれていると,結構大変ですね.スタイルシートなど,気をつけて作っておかないと,手間がすごく増えそうです.もうちょっといじってみて,いけそうだったら公開しますが,先が見えないようならやめたほうがいいようですね.翻訳など内容を増やす方を優先するべきでしょうから.


【2007/12/24 14:18】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


サイト作成

やはりサイトを作ろうかと思っています.今のところいいプロバイダーを探しているだけですが…….将来的には朗読の音声ファイル,PDFファイルなどもおきたいので,ある程度のスペースが一番ネックでしょうね.fc2が広告なしの上1GBなのでいいのですが,有料版でないとMP3やPDFはおけないのがちょっと残念.まあとりあえずここにしておいて,後で有料バージョンにするかもしれません.

サイトの名前は,『ラテン語徒然』も適当に考えたので,あまりこだわりはないですが,『……図書館』という名前にしたいような気がします.『ラテン語徒然図書館』がいかにも適当につけたような名前で,気に入っていますが,どんなもんでしょう.

それにしても,1000以上もエントリーがあるので,引っ越しも1年ぐらいはかかるでしょうね.まあブログで読んでも差し支えない部分は,ブログへのリンクのみにしようと思います.長いものとギリシア語のものから順次以降するようにします.それと,全文検索などもできるので,今後も基本的にはブログのエントリーを優先することになると思います.


【2007/12/24 00:00】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ホラーティウス『書簡集』1巻1歌52-69

vilius argentum est auro, virtutibus aurum.
'O cives, cives, quaerenda pecunia primum est,
virtus post nummos.' haec Ianus summus ab imo
prodocet, haec recinunt iuvenes dictata senesque. 55
[laevo suspensi loculos tabulamque lacerto]
est animus tibi, sunt mores, est lingua fidesque,
sed quadringentis sex septem milia desunt:
plebs eris. at pueri ludentes 'rex eris' aiunt,
'si recte facies.' hic murus aeneus esto,      60
nil conscire sibi, nulla pallescere culpa.
Roscia, dic sode, melior lex an puerorum est
nenia, quae regnum recte facientibus offert,
et maribus Curiis et decantata Camillis?
isne tibi melius suadet, qui rem facias, rem,    65
si possis, recte, si non, quocumque modo, rem,
ut propius spectes lacrimosa poemata Pupi,
an qui Fortunae te responsare superbae
liberum et erectum praesens hortatur et aptat?

 56 =Serm.1.6.74 del. Guietus

銀は黄金より安く,黄金は徳よりも安い.
「おお,市民ども,市民ども,まず最初に銭を求めるべし.
徳は金のあとだ」これらをヤーヌス神は端から端まで*10
触れ回り,この言葉を老いも若きも復唱しています.
[左手には金庫と帳簿をぶら下げて]*11
あなたには気概があり,躾正しく,弁舌も信用もありますが,
しかし40万セステルティウスに6・7千セステルティウスも足りなければ
あなたは平民になるでしょう.だが,子供らは遊びながら「王になるよ」と言います,
「もし正しい事をしていれば」.金科玉条*12とすべきは,
何ら疾しきを持たず,いかなる過誤にも青ざめることがない,ということです.
お嫌でなければお答えあれ,ロスキウス法*13と,子供らの言う
正しい事をしている者に王国を与える童歌のどちらがよいか.
この歌は雄々しきクリウス*14やカミッルス*15のような人々にも歌われたのですが.
こんな人のほうが,あなたに説得力をもつでしょうか.財産をなすべし,
もしできれば,正しいやり方で,できなければ手段を問わず財産を,
そうして,プーピウス*16のお涙頂戴の劇をもっと近くでみるように,と説得する人と,
それとも,あなたが傲慢不遜の運命女神にも自由人らしく
毅然として立ちはだかるように,味方として励まし側に立つ人のほうでしょうか.


*10 ローマのビジネス街の端から端まで(Mayer: ad loc.).
*11 『風刺詩』1.6.74と同じで,後の挿入と考えられる.
*12 文字通りには「青銅の城壁」.
*13 劇場の最前列14席を騎士用の席とした法律(前67年布告).
*14 マーニウス・クリウス・デンタートゥス.前3世紀ごろ,4度執政官となり,サムニーテース戦争,ピュッロス戦争で功績があった.
*15 マールクス・フーリウス・カミッルス.前396年,ウェイイー族を征服し,また前390年,ガリア人に陥落したローマの回復に尽力.
*16 悲劇詩人らしいが,不詳.


【2007/12/23 01:39】 Horatius Epistulae | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ホラーティウス『書簡集』1巻1歌41-51

virtus est vitium fugere et sapientia prima
stultitia caruisse. vides, quae maxima credis
esse mala, exiguum censum turpemque repulsam,
quanto devites animi capitisque labore.
impiger extremos curris mercator ad Indos,   45
per mare pauperiem fugiens, per saxa, per ignis:
ne cures ea, quae stulte mireris et optas,
discere et audire et meliori credere non vis?
quis circum pagos et circum compita pugnax
magna coronari contemnat Olympia, cui spes,  50
cui sit condicio dulcis sine pulvere palmae?

悪徳をさけることは徳の初めであり,知恵の初めは
愚かさを持たないことです.あなたはご存知です,あなたが最大の
悪であると信じるところの,わずかな財産登録と,みっともない落選を,
どれほど心を砕き,命懸けで苦労して避けておられるかを.
勤勉に商人として最果てのインドへ馳せるのも,
海を越え,岩を越え,火を越えて貧窮を避けるためなのです.
あなたが愚かしくも賛嘆し望むものを,欲しないように,
よりよい人に学び,聞き,信じることをあなたは欲しないのでしょうか.
村落や辻まわりの拳闘士が,
オリンピックで戴冠することを馬鹿にするでしょうか,
もし身を汚さずして甘美な賞を得る望みと可能性があるのなら?*9


*9 卓越した競技者は戦うことなく賞を得る事もできた.


【2007/12/22 14:26】 Horatius Epistulae | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


相変わらず……

 ホラーティウス『書簡集』も,だいぶ以前に読んでいて,めちゃくちゃいっぱい書き込みなんかがあるのですが,全然記憶にないのですねえ.まるで他人が書いたような感じで書き込みをみています.しかもよく間違えているし…….まあラテン語は辞書を引いて読んでいるだけで何となくできるようになるほど甘くはないということでしょうか…….

 それにしても,この『書簡集』は,格言的な表現が沢山出てきます.個人的には格言には特に関心はないのですが,もしラテン語作品でそのようなものを探すとすれば,『書簡集』はうってつけの作品かもしれません.1歌で翻訳した部分でもそれらしいのが出てきていますが,41行以降は本当に格言だらけ,という感じですね.


【2007/12/22 00:17】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ホラーティウス『書簡集』1巻1歌20-40

ut nox longa, quibus mentitur amica, diesque     20
longa videtur, opus debentibus, ut piger annus
pupillis, quos dura premit custodia matrum,
sic mihi tarda fluunt ingrataque tempora, quae spem
consiliumque morantur agendi naviter id, quod
aeque pauperibus prodest, locupletibus aeque,    25
aeque neglectum pueris senibusque nocebit.
restat, ut his ego me ipse regam solerque elementis.
non possis oculo quantum contendere Lynceus,
non tamen idcirco contemnas lippus inungi;
nec, quia desperes invicti membra Glyconis,     30
nodosa corpus nolis prohibere cheragra.
est quadam prodire tenus, si non datur ultra.
fervet avaritia miseroque cupidine pectus?
sunt verba et voces, quibus hunc lenire dolorem
possis et magnam morbi deponere partem.      35
laudis amore tumes? sunt certa piacula, quae te
ter pure lecto poterunt recreare libello.
invidus, iracundus, iners, vinosus, amator
nemo adeo ferus est, ut non mitescere possit,
si modo culturae patientem commodet aurem.    40

ちょうど愛人がだました男らにとっては夜は長く,また
仕事を負うている者には日が長く思われ,ちょうど
母親の厳しい監視に苦しむ被庇護者らにとって一年が緩慢に思われるように,
そのように私にとって,貧しい者にも金持ちにも等しく役立ち,
だがなおざりにすれば若者にも老人にも害をなすであろう事を,
熱心に行う望みと計画を先送りにしている
時間というのは,のろのろと見返りなく流れるのです.
これらの基本により我が身を律し,癒すことが残っているのです.
遠目でリュンケウス*7の能力にあなたは挑むことはできませんが,
しかしながら,だからといって爛れ目に薬を塗るのを馬鹿にはしないでしょう.
負け知らずのグリュコーン*8の四肢は絶望的でも,
節くれ立った通風が体を利かなくするのはお嫌でしょう.
たとえずっと先に進むのは許されずとも,ある程度までは進むことはできます.
胸が貪欲や惨めな欲望に煮えくり返っているのですか?
そんな苦しみを和らげ,その病の大部分をおさめることが
できるような言葉や呪文があるのです.
名誉欲にふくれあがっているのですか?三度澄んだ気持ちで
小冊子を読むことで,自身を生き返らせる,効験あらたかなお清めがあります.
妬み深い者も,怒りっぽい者も,無為の者も,酒飲みも,色好みも,
もし改善方法に辛抱強く耳を貸しさえすれば,
何れも緩和され得ないほど酷くはないものです.


*7 アルゴー船の見張り.
*8 ペルガモン出身の格闘技選手.AP.7.692に名前がある.


【2007/12/21 23:33】 Horatius Epistulae | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ホラーティウス『書簡集』1巻1歌1-19

Prima dicte mihi, summa dicende Camena,
spectatum satis et donatum iam rude quaeris,
Maecenas, iterum antiquo me includere ludo?
non eadem est aetas, non mens. Veianius armis
Herculis ad postem fixis latet abditus agro,    5
ne populum extrema rediens exoret harena.
est mihi purgatam crebro qui personet aurem:
'solve senescentem mature sanus equum, ne
peccet ad extremum ridendus et ilia ducat.'
nunc itaque et versus et cetera ludicra pono:   10
quid verum atque decens, curo et rogo et omnis in hoc sum.
condo et compono, quae mox depromere possim.
ac ne forte roges, quo me duce, quo Lare tuter,
nullius addictus iurare in verba magistri,
quo me cumque rapit tempestas, deferor hospes. 15
nunc agilis fio et mersor civilibus undis
virtutis verae custos rigidusque satelles.
nunc in Aristippi furtim praecepta relabor
et mihi res, non me rebus, subiungere conor.

わがカメーナ*1により,最初に語られ,最後にも語られるべきお方よ,
十分見せ物になってきて,もう木刀*2を賜った者を,
マエケーナース様,あなたは再び昔の競技に閉じ込めることを望んでいるのですか.
年齢も同じではなければ,心持ちも違うのです.ウェイアーニウス*3は武器を
ヘーラクレースの神殿の柱に吊るして*4,田舎に引きこもって隠れて暮らしていますが,
それはまた戻って,闘技場の端で人々に命乞い*5をしないようにとのことです.
私の清められた耳に,何度も繰り返し語るような者もおります.
「まともであったら,老いつつある馬は機が熟したら解き放つがよい,
ついには粗相をしでかして,尻餅をついて笑い者とならぬように」と.
そんなわけで,今,私は詩も,他の戯れ事もやめています.
何が正しく相応しい事か,私は心を砕いて求め,この事に全身全霊を注いでいます.
いつか披露できるようなものを,私は書きまとめているのです.
ですが,どの師に,どの家に私が厄介になっているのかと.ひょっとしてお尋ねにならぬように言えば,
私はいかなる師の言葉にも忠誠を誓ういわれはなく,
風向きがつれてゆくならどこにでも,客として運ばれてゆくのです.
時には私は盛んに人々の波間の中に身を沈め,
真の美徳の守り手であり,厳格な従者となります.
時にはアリスティッポス*6の教義にこっそりと復して,
私を環境にではなく,環境を私に従属せしめるよう試みています.


*1 ローマのムーサにあたる水の精.
*2 剣闘士が引退の際にいただくもの.
*3 同時代の剣闘士.
*4 引退の際には,その仕事に関わる道具を,守り神に捧げる習慣があった.
*5 負けた剣闘士は助かるために,観客に命乞いをする.
*6 エピクロス学派のキュレーネー派の哲学者.詳しくはこちらを http://plato.stanford.edu/entries/ethics-ancient/#6

(2008.12.21訂正)

【2007/12/21 11:37】 Horatius Epistulae | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ホラーティウス『書簡集』参考文献

・注釈書
Mayer, Roland Ed. Horace: Epistles Book I. Cambridge Greek and Latin Classics. Cambridge: Cambridge UP., 1994.

Rudd, Niall Ed. Horace: Epistles Book II and Epistle to the Pisones (Ars Poetica). Cambridge Greek and Latin Classics. Cambridge: Cambridge UP., 1989.

Kiessling, Adolf. Q. Horatius Flaccus: Briefe. Erklärt von. 6. Aufl. bearbeitet von Richard Heinze. Berlin: Weidmann, 1959.

 前々世紀の英語の学習者用注釈なども,最近まで現役でした.いくら何でももう使わないでしょうが…….
Wilkins, Augustus S. The Epistles of Horace. Edited with Notes by. London: Macmillan, 1964. (初版は1885)

・和訳
田中秀央・村上至孝 訳『ホラーティウス 書簡集』東京:生活社,1943(昭和18).
『詩論』も入っています.あまり時代を感じさせない名訳と言える和訳.この翻訳をみていると,今の西洋古典学の翻訳のレベルが特別上がっているわけではないのでは,と思います.

松本仁助・岡道男 訳『アリストテレース 詩学・ホラーティウス 詩論』岩波文庫.東京:岩波書店,1997 .
『詩論』の優れた翻訳.pp.297-307に引用句集として,格言的な表現がラテン語原文とともにまとめられており,ラテン語格言などに関心がある方には便利.



【2007/12/21 01:19】 Horatius Epistulae | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


今年の目標達成度

 もう今年もあと10日ほどでおしまいですね.

 さて,今年の目標達成度は……

  ティブッルス全訳……………達成!
  カッリマコス讃歌全訳………達成!
  イービス全訳…………………未達成……

今年の目標こんなに少ないのに,全部は達成できなかったのはちょっと残念.まあカッリマコス讃歌が一応日本語になって,ほっとしています(専門家がみたら噴飯ものでしょうが……).これは本当につらかった…….『イービス』はさすがに来年には完成させねば.ホラーティウスの『歌集』第1巻ができたのはちょっとうれしい付録でした.
 さあ,来年の目標を考えねば……


【2007/12/20 23:35】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ホラーティウス『書簡集』1巻9歌 セプティミウス推薦

Septimius, Claudi, nimirum intellegit unus
quanti me facias. nam cum rogat et prece cogit
scilicet, ut tibi se laudare et tradere coner,
dignum mente domoque legentis honesta Neronis,
munere cum fungi propioris censet amici,     5
quid possim, videt ac novit me valdius ipso.
multa quidem dixi, cur excusatus abirem;
sed timui, mea ne finxisse minora putarer,
dissimulator opis propriae, mihi commodus uni.
sic ego, maioris fugiens opprobria culpae,    10
frontis ad urbanae descendi praemia. quod si
depositum laudas ob amici iussa pudorem,
scribe tui gregis hunc et fortem crede bonumque.

セプティミウス*1は,クラウディウス様*2,誰にも増してただ一人,
どれほどあなたが私を評価しているかを,知っております.というのも,
真正なる者を選り抜きになるネロー様のお気持ちと家柄に相応しい者として,
僕があなたの前で自分を持ち上げ推薦するように,頼んでは願いすがって強いることで,
私がより近しい友人の義務を果たしていると思っているからです.
私が何ができるのかを,彼は私以上に理解し,知っているのです.
断って退くための理由を,私は確かに沢山申しました.
しかし,私が恐れたのは,私の持っている能力をより小さく見せかけていると思われるのではないか,
自分の力を偽る,自分一人に都合の良い人物と思われるのではないかということです.
このとおり,私はより大きな過誤を避難されることを避けるため,
都会風の厚顔*3という特権へ逃げ込んだのです.もし万一,
友人の頼み故に慎みを捨てたことをあなたがお褒めになるなら,
この人物をあなたの隊に加え,そして力強く善良なる者とお認めください.


*1 『歌集』2巻6歌にも登場するが,不詳.
*2 ティベリウス・クラウディウス・ネロー.
*3 慎みは田舎臭いこととされていた.


【2007/12/20 22:18】 Horatius Epistulae | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ホラーティウス『書簡詩』1巻8歌

Celso gaudere et bene rem gerere Albinovano
Musa rogata refer, comiti scribaeque Neronis.
Si quaeret, quid agam, dic multa et pulchra minantem
vivere nec recte nec suaviter; haud quia grando
contuderit vitis oleamve momorderit aestus,    5
nec quia longinquis armentum aegrotet in agris;
sed quia mente minus validus quam corpore toto
nil audire velim, nil discere, quod levet aegrum;
fidis offendar medicis, irascar amicis,
cur me funesto properent arcere veterno;     10
quae nocuere, sequar, fugiam, quae profore credam,
Romae Tibur amem ventosus, Tibure Romam.
post haec, ut valeat, quo pacto rem gerat et se,
ut placeat iuveni percontare, utque cohorti.
si dicet 'recte', primum gaudere, subinde      15
praeceptum auriculis hoc instillare memento:
'ut tu fortunam, sic nos te, Celse, feremus.'

ネロー*1の同僚であり秘書であるケルスス・アルビノワーヌス*2に,祝賀と今後の繁栄の期待を
きちんとお伝えくださるよう,ムーサよ,お願い申し上げます.
もし,私が何をしているのかと彼が問うなら,沢山のよい事をやるやるといいながら,
正しくも楽しくも過ごしていないと言ってください.それは雹が
葡萄を台無しにしたからというわけでも,猛暑がオリーブを枯らしたからというわけでも,
遠くの農地で家畜が病気になったからというわけでもありません.
そうではなく,体全体以上に,心において,私はあまり元気ではなく,
何がその病を軽減するのかも,何ら聞きたくも知りたくもないからです.
私は忠実な医者に私は憤慨し,友人にも腹を立てる始末ですよ,
彼らが死に至る害毒から私を守ろうとしているから,という理由でね.
害をなすものに私は従い,役に立つだろうと私が思っているものを避け,
気まぐれにも,ローマにいればティーブル*3に,ティーブルにいればローマに居たがる有様です.
その後で,彼がどんな具合か,どんな風にやっているか,そして
あの若者*4にどう気に入られているか,軍団にはどうか,とお尋ねください.
もし「うまくやっている」と彼がいうなら,まず喜んでおいてから,次に
この言いつけを,彼の耳に注ぐのを忘れずに.
「君がその幸運を扱うように,そのように我々も,ケルススよ,君を扱うであろう」と.


*1 後に皇帝となるティベリウス・クラウディウス・ネロー.
*2 不詳.
*3 ローマの東方25kmほどの所の,アニオー河沿いの町.現ティボリ.
*4 ティベリウス・クラウディウス・ネローを指す.


【2007/12/20 19:19】 Horatius Epistulae | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


消えた……

たった今エントリーした記事がネットの藻屑と消えました.ログイン状態がいつのまにか解消されていたようです.参考文献なので,いくらでも書けますけど…….


【2007/12/19 22:14】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ホラーティウス『書簡詩』1巻5歌

Si potes Archiacis conviva recumbere lectis
nec modica cenare times holus omne patella,
supremo te sole domi, Torquate, manebo.
vina bibes iterum Tauro diffusa palustris
inter Minturnas Sinuessanumque Petrinum.    5
si melius quid habes, arcesse, vel, imperium fer.
iamdudum splendet focus et tibi munda supellex.
mitte levis spes et certamina divitiarum
et Moschi causam. cras nato Caesare festus
dat veniam somnumque dies; impune licebit   10
aestivam sermone benigno tendere noctem.
quo mihi fortunam, si non conceditur uti?
parcus ob heredis curam nimiumque severus
assidet insano. potare et spargere flores
incipiam patiarque vel inconsultus haberi.    15
quid non Ebrietas dissignat? operta recludit,
spes iubet esse ratas, ad proelia trudit inertem,
sollicitis animis onus eximit, addocet artis.
fecundi calices quem non fecere disertum,
contracta quem non in paupertate solutum?   20
haec ego procurare et idoneus imperor et non
invitus, ne turpe toral, ne sordida mappa
corruget naris, ne non et cantharus et lanx
ostendat tibi te, ne fidos inter amicos
sit qui dicta foras eliminet, ut coeat par     25
iungaturque pari. Butram tibi Septiciumque
et nisi cena prior potiorque puella Sabinum
detinet, assumam. locus est et pluribus umbris;
sed nimis arta premunt olidae comvivia caprae.
tu quotus esse velis, rescribe et rebus omissis  30
atria servantem postico falle clientem.

もし君が宴客となって,アルキアース*1製寝椅子に寝そべっても大丈夫で,
質素な皿から野菜ばかり御馳走になることに怖じ気づかないのであれば,
トルクワートゥス君*2,僕は日暮れに家で君を待とう.
君が飲むだろう葡萄酒は,タウルスが二度目の執政官の時*3に,沼地の
ミントゥルナエ*4とシヌエッサの近くのペトリーウム*5の間でとれたもの.
ましなやつを君が持っているなら,取り寄せるか,じゃなきゃあ僕のいう通りにしてくれ.
もうずっと前から竃は明るく燃え,そして家具は君のために小奇麗にしてある.
放っときたまえ,つまらぬ望みや,財産の争いや,
モスコス*6の裁判沙汰など.明日はカエサルの誕生日*7で,祭日だから
寝ていたって許される.お咎めなしで,
楽しいお喋りのうちに夏の夜なべをすることだってできるだろう.
もし使うことが許されていなければ,僕にとって財産は何になろう?
相続人を心配して倹約し,度を超えて厳しくするのは
狂人に近い.僕は酒を飲み,花を撒き始めよう,
そうして無思慮と思われようとも我慢しよう.
「酩酊」が何を企てないことがあろうか.それは隠し事を明かし,
希望をかなえるよう命じ,臆病者をも戦に後押しし,
悩める心より重荷を取り去り,技術を教えるのだ.
芳醇な杯が,誰を雄弁にしなかっただろうか,
窮屈な貧困から誰を解き放たなかっただろうか?
僕がふさわしく,また本当に望んで
気遣うことをまかされているのは,みっともない敷布や,汚いナプキンに
鼻をしかめることがないようにすること,そして酒甕と皿が
君を映すようにすること,信頼おける友人の間で
語られた事を,誰一人外に漏らさぬようにすること,気の合うものが
気の合うものと引き合いくっつくようにすることだ.君にはブートラとセプティキウス*8を,
そして,もしよりよい宴や,より魅力的な女性が
サビーヌス*9を引き止めていなければ,彼も加えよう.連れが沢山いても場所はある.
だがあんまり込み合った宴というものは,臭い雌山羊の匂いで嫌になるもの.
君は何人で来たいか,返事を書いてほしい,そして仕事は放っておいて,
裏口をつかって,広間で待っている依頼人の目を逃れて来たまえ.


*1 不詳.おそらく安物の家具の作り手.
*2 マンリウス・トルクァートゥス.貴族家系で,弁護士であった.
*3 前26年.
*4 ラティウムの南,リリス川の河口の町.
*5 シヌエッサはミントゥルナエより南に20km足らずの海岸の町.ペトリーヌムは所在は不明.
*6 毒殺の嫌疑がかけられ,トルクァートゥスが弁護したものの有罪となり,マッシリアに逃れた弁論家.
*7 アウグストゥスのこと.9月21-23日のいずれかが誕生日とされる.
*8 不詳.
*9 不詳.


【2007/12/19 21:18】 Horatius Epistulae | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


『イービス』早くも挫折……

『イービス』始めたのですが,早速大変な問題が…….

 338と339行の間ですが,実はここに何行かが入るのがどうも本来の写本の状態らしいのですが,伝わっている写本では何通りかの違う組み合わせで数行入っているのです.まあこういう特徴のある伝承の状態は,写本の系統を明らかにするのに一役買っているようですが,しかしどれが正しい状態かとなると,また問題なのですね.これについては英詩人でも有名なA. E. Housemanが論文を書いていて("Transpositions in the Ibis of Ovid" in: J. Diggle and F.R.D. Goodyear, The Classical Papers of A. E. Housman, vol. III 1915-1936 (Cambridge: Cambridge UP., 1972)),まあこれを読めばいいのですが,写本の系図などの予備知識もいるので,まだ読み始められないでいます.そんなわけで,多分『イービス』は来年に持ち越しになりそうで,どうも申し訳ありません.

 しかしちょっとなにも訳さないのもつまらないので,残り少ない年末は,ホラーティウスの『書簡詩』第1巻の短いものなどをやろうと思っています.こちらのほうの調子がよかったら,来年は『書簡詩』全2巻翻訳も目標に入れようかとおもっています.


【2007/12/19 00:01】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ホラーティウス入門

ホラーティウスの初心者用の本が二つ程.

Sienkewicz, Thomas J. Horace Fully Parsed: Word by Word Books I and II of Horace Odes Grammatically Analyzed. Wauconda: Bolchazy-Carducci, 2003.
http://www.bolchazy.com/prod.php?cat=latin&id=5521
語形から何からなにまで解説してくれている,虎の巻.確か全部の歌について同じようなことをしているものが,ドイツ語でもあったような気がしますが,いくらなんでも2巻分やっている間に,他のも読めるようになるでしょうから,これで十分だと思います.

Harrison, J. A. Horace: In His Odes. Wauconda: Bolchazy-Carducci, 1981. Reprint. 1998.
http://www.bolchazy.com/prod.php?cat=latin&id=0627
ホラーティウスの『歌集』から33篇を精選して,比較的細かく解説をつけ,語彙集を巻末につけたもの.


まあこれだけ読めば,あとは多分NisbetやWestの助けだけで読めるようになるでしょう.このブログでも幾つか短いものに,語彙や文法注をつけて読めるようにしてみたいとはおもっていますが.

追記:あともう一つ中級用:
Ancona, Ronnie. Horace Selected Odes and Satire 1.9. 2nd Ed. Wauconda: Bolchazy-Carducci, 2005.http://www.bolchazy.com/prod.php?cat=latin&id=6080




【2007/12/11 15:49】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


『イービス』再開

誰も待ってはいないと思いますが,イービスを再開しました.

ラテン語としてはそれほど難しくはありませんが,内容がたくさん注を要求するので,それを調べるのに結構時間がかかります.こうした作業に使えるのは,相変わらず次の本です:

Der Kleine Pauly: Lexicon der Antike. 5Bde. München: Artemis, 1964-1975. Nachdruck. München: Deutscher Taschenbuch Verlag, 1979.


手軽な古典事典類はイギリスでも出ていますが,手軽な範囲で可能な限り手堅くとなると,一番最初に手に取るべきはこれではないかと思います.もっとも論文を書く場合などのように,最新書誌情報なども調べる場合にはNeue PaulyOxford Classical Dictionary(3rd Ed.)などがあります.しかしNeue Paulyはもう図書館用ですし,OCDのほうは手近に置ける大きさながら,今度は載っていない項目も多すぎなのですね…….

ともあれ,『イービス』完訳,なんとか師走に間に合うと嬉しいのですが.クリスマスプレゼントには間に合わないでしょうね.


話は変わりますが,なんだか新しい管理画面になっていて,ちょっと戸惑っています.トラブルとかなければいいのですけどね…….


【2007/12/11 01:52】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


オウィディウス『イービス』301-320

aut, ut Achilliden cognato nomine clarum,
 opprimant hostili tegula iacta manu.
nec tua quam Pyrrhi felicius ossa quiescant
 sparsa per Ambracias quae iacuere vias.
nataque ut Aeacidae iaculis moriaris adactis 305
 ー non licet Cereri dissimulare sacrum ー
utque nepos dicti nostro modo carmine regis
 Cantharidum sucos dante parente bibas.
aut pia te caeso dicatur adultera, sicut
 qua cecidit Leucon vindice, dicta pia est.  310
inque pyram tecum carissima corpora mittas,
 quam finem vitae Sardanapallus habet.
utque Iovis Libyci templum violare parantes,
 acta Noto vultus condat harena tuos.
utque necatorum Darei fraude secundi,   315
 sic tua subsidens devorat ora cinis.
aut, ut olivifera quondam Sicyone profecto,
 sit frigus mortis causa famesque tuae.
aut, ut Atarnites, insutus pelle iuvenci
 turpiter ad dominum praeda ferare tuum. 320

氏族名により有名なアキッレウスの裔*1のように,
 敵の手からの瓦によって倒されるがよい.
お前の骨も,アンブラキアの道じゅうに撒かれたところの
 ピュッロス*2のそれよりも穏やかに休まぬように,
ちょうどアイアキデース*3の娘のように,槍を投げられて死ねばよい,
 ーケレースにこの儀式が知られずにはいないようにー
そして,私の歌で先に語った王の孫のように,
 親が与えた毒甲虫の汁をお前は飲むがよい*4
あるいは,お前が殺されて,正義の不義と呼ばれればよい,ちょうど
 レウコーンが殺された時,その復讐した女が正しいと言われたように*5
お前はお前とともに最も愛しい者の遺体を持って行くがよい,
 サルダナパッルスがそのような死を迎えたように*6
そして,リビアのユッピテルの神殿を冒涜しようとしていたもののように,
 南風によりお前の顔の上に砂がかぶせられんことを*7
そして,ダレイオス2世の策略によって殺されたものらのように,
 お前の顔をつもる塵が飲み込まんことを*8
あるいは,オリーブもたらすシキュオーンからかつてやって来た者にそうだったように,
 餓えと寒さがお前の死の原因であれ*9
あるいは,アタルネウスの者のように,若牛の皮に編み込まれて,
 みっともなくお前の主のところに獲物としてお前が運ばれんことを*10


*1 アキッレウスの子孫を名乗っていたエーペイロスの王で,ローマ軍を破ったが,前272年に老婆の投げた瓦に当たって死んだ.
*2 アキッレウスの息子ピュッロスはデルポイでオレステースに殺される.しかしアンブラキア(エーペイロスの南の町)の言及はここ以外にはない.
*3 エーペイロス王ピュッロスのこと.その娘デーイダミーナは伝承ではアルテミスの神殿で殺される(ここではケレースの神殿とされている).
*4 祖父と同じくピュッロスだが,妻と共に母親に毒殺される.
*5 黒海北岸のボスポロス王国の王,スパルトコス5世を殺したその兄弟のレウコーン2世.殺した原因は王のレウコーンの妻アルカトエーへの不義だが,後にアルカトエーにより殺される.(Kleine Pauly 3.Bd : p.599, "Leukon" 5.)
*6 アッシュリアの王.敵に打ち負かされ,ニネヴェに閉鎖されたのち,財宝と妻と妾とともに火葬の薪の中で自決したという.
*7 カンビュセースはゼウスの神託所を焼き払うために派遣した兵は南風により大量の砂を吹き付けられて生き埋めになったという(ヘロドトス3.25-6).
*8 ダレイオス・オコスは,自分への謀反者を毒・刀・暴力・飢餓によっても殺してはならないというお告げに従い,熱灰を満たした部屋の上の板に,食事をたっぷり取らせて寝かせ,眠っているうちに灰に落ちて死ぬようにするという企みにより殺した.
*9 おそらく前251年に殺されたシキュオーン(アルゴリスの北,コリントスの近く)の暴君.しかし餓えと寒さについては不詳.
*10 アタルネウス(レスボス島の向かいの小アジアはリュキアの町)の王であり,プラトーンの弟子であったヘルミアースのこと.アルタクセルクセースに反抗したが,捕らえられてアルタクセルクセースの所に送られ殺される.


【2007/12/11 01:30】 Ovidius Ibis | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ホラーティウス『歌集』参考文献

ホラーティウス『歌集』もようやく第1巻の翻訳が終りました.改めて訳してみると,個人的にはなかなか面白い歌ばかりです.もっともちゃんとした理解に至るには,サッポーやアルカイオスなどの抒情詩をはじめとしたギリシア詩の伝統をふまえなければいけないので,僕自身はまだ多分浅薄な理解で面白いと思っているだけに過ぎないのでしょうが.
参考文献など,手近にあるめぼしいところを取りあえずまとめておきます.

校訂本:
Shackleton Bailey, D.R. Ed.Q. Horati Flacci Opera. Bibliotheca scriptorum Graecorum et Romanorum Teubneriana. 3. ed. Stutgardiae: Teubner, 1995.
一応現在入手できる校訂本.旧版のKlingnerによる校訂本は入手が難しいですが,実はこちらの方がいいらしいので,あれば即購入をおすすめします.


翻訳:
West, David. Horace Odes I: Darpe Diem. Text, Translation, Commentary by. Oxford: Clarendon Press, 1995.

----. Horace Odes II: Vatis Amici. Text, Translation, Commentary by. Oxford: Clarendon Press, 1998.

----. Horace Odes I: Dulce Periculum. Text, Translation, Commentary by. Oxford: Clarendon Press, 2002.
第3巻までしかまだ出ていませんが,非常に読みやすい英訳と,全体像がわかる解説がついています.


和訳:
ホラーティウス 著 藤井昇 訳『歌章』古典文庫.東京:現代思潮社,1984.
多分原文と照らし合わせないと殆ど理解不能ではあると思いますが,本邦初訳.古書店アイテムですが,まだ安価に入手できる範囲.


注釈:
Nisbet, R.G.M. and Margaret Hubbard. Horace: Odes, Book I. Oxford Clarendon Press, 1970.

----. Horace: Odes, Book II. Oxford Clarendon Press, 1978.

Nisbet, R.G.M. and Nial Rudd. Horace: Odes, Book III. Oxford Clarendon Press, 2004.
3巻まで完結.一番詳しい注釈書と言えますが,専門家向き.

Kiessling, Adolf. Q. Horatius Flaccus: Oden und Epoden. 7. Aufl. besorgt von R. Heinze. Berlin, 1930. 14. Aufl. Hildesheim: Weidemann, 1984.
ドイツ語の注釈.古書でみつけたら即ゲット.

Page, T. E. Q. Horatii Flacci Carminum Liber I-IV. Ed. with Introduction, Notes and Vocabulary for the Use of Schools by. London: Macmillan, 再版多数.
語彙が巻末についている.注は簡潔.ホラーティウスの『歌集』はただでも負担が大きいので,初心者には語彙がかなり助けになります.


その他:
Fraenkel, Eduard. Horace. Oxford: Clarendon Press, 1957.
基本書の一つ.これの独訳があって,ドイツ語の勉強には便利:

Fraenkel, Eduard. Übersetzt von Gertrud u. Erich Bayer. Horaz. Wissenschaftliche Buchgesellschaft, 1963.

Syndicus, Hans Peter. Die Lyrik der Horaz. Eine Interpretation der Oden. 2 Bde. Darmstadt: Wissenschaftliche Buchgesellschaft, 3. Aufl., 2001.


その他,嫌になるぐらいたくさん本が出ています.また後ほど……


【2007/12/07 11:03】 Horatius Carmina | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ホラーティウス『歌集』1巻10歌

Mercuri, facunde nepos Atlantis,
qui feros cultus hominum recentum
voce formasti catus et decorae
 more palaestrae,

te canam, magni Iovis et deorum   5
nuntium curvaeque lyrae parentem,
callidum, quidquid placuit, iocoso
 condere furto.

te, boves olim nisi reddidisses
per dolum amotas, puerum minaci  10
voce dum terret, viduus pharetra
 risit Apollo.

quin et Atridas duce te superbos
Ilio dives Priamos relicto
Thessalosque ignis et iniqua Troiae 15
 castra fefellit.

tu pias laetis animas reponis
sedibus virgaque levem coerces
aurea turbam, superis deorum
 gratus et imis.          20



韻律:Sapphicum
― U ― ― ― || UU ― U ― U
― U ― ― ― || UU ― U ― U
― U ― ― ― || UU ― U ― U
  ― UU ― U

メルクリウスよ,アトラース*1の雄弁なる孫よ,
賢くも,生まれたての人間どもの粗野な生き様を
言葉と美しき格闘場の修練にて
 整えた神よ,

あなたを私は歌おう,偉大なるユッピテルと,神々の
伝令であり,湾曲したリュラの生みの親であり,
気に入ったものは何であれ,悪戯な盗みにより
 抜け目なく隠してしまう方よ,

かつてあなたが騙して奪い去った牛どもを
もし返さなければと,少年だったあなたを怒声で
脅している間に,矢筒まで失って
  アポッローンも笑ってしまったのだ.

どれどころか,あなたの先導のおかげで,プリアモスは
財宝をもってイーリオンを後にした*2が,傲慢なアトレウスの子らも,
テッサリアの陣の火*3も,トロイヤの敵の
 陣営も欺くことができたのだ.

あなたこそが,敬神の魂を喜ばしき
居場所に置き,黄金の杖にてはかなき影の
群を一所に集めるゆえ,天上の神々にも
 地下の神々にも喜ばれるお方.

*1 メルクリウス(=ヘルメース)は,アトラースの娘マイアの子である.
*2 イーリアス24巻で,トロイヤ王プリアモスは,息子ヘクトールの死体を引きとるため,若者の姿で現れたヘルメース神の先導で,ギリシア勢の陣を抜けてアキッレウスの所に気付かれずに向かう.
*3 アキッレウスの指揮下のミュルミドーン勢はテッサリアのプティエーから来た.


【2007/12/07 09:39】 Horatius Carmina | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ




PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。