FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

ティブッルス第2巻第1歌59-80行

rure puer verno primum de flore coronam
 fecit antiquis imposuit Laribus.         60
rure etiam teneris curam exhibitura puellis
 molle gerit tergo lucida vellus ovis.
hinc et femineus labor est, hinc pensa colusque,
 fusus et apposito pollice versat opus,
atque aliqua assidue textrix operata Minervam   65
 cantat, et applauso tela sonat latere.
ipse quoque inter agros interque armenta Cupido
 natus et indomitas dicitur inter equas.
illic indocto primum se exercuit arcu:
 ei mihi, quam doctas nunc habet ille manus!   70
nec pecudes, velut ante, petit: fixisse puellas
 gestit et audaces perdomuisse viros.
hic iuveni detraxit opes, hic dicere iussit
 limen ad iratae verba pudenda senem;
hoc duce custodes furtim transgressa iacentes  75
 ad iuvenem tenebris sola puella venit
et pedibus praetemptat iter suspensa timore,
 explorat caecas cui manus ante vias.
a miseri, quos hic graviter deus urget, at ille
 felix, cui placidus leniter afflat Amor!      80

66 applauso Reg. : appulso Ω : apulso P : a pulso Muretus

春の畑で子供は初めて花から花冠を
 作り,古の守護神像に冠らせた.
畑でか弱き乙女らに苦労をもたらさんと,
 純白の羊は背に柔らかい羊毛をまとった.
ここからまた女性の労働が,ここから羊毛の割当と糸巻き棒が生まれ,
 紡錘は親指を当てられて糸を撚った.
そして誰か機織り娘がミネルウァの業をしながら絶え間なく
 歌い,錘がぶつかると糸は音を立てる*1
クピードー自身も,畑と家畜の間,
 慣らされていない雌馬の間で生まれたと言われる.
そこで彼は初めて習う事なく弓の練習をした.
 ああ,いかに熟練した手を彼は今持っていることか!
だが彼は,前のようには,家畜を射ることはない.彼は好んで
 娘らを射,そして猛々しい男らを飼いならす.
彼は若者から力を奪い,彼は老人に命じて
 怒った女性の門のところで恥ずかしい言葉を言わせるのだ.
これを導き手として,娘は寝ている門番をこっそりやり過ごし,
 夕暮れにまぎれて一人若者のもとを訪れ,
そして,恐れで気も漫ろに足で道を探り,
 その手は見えない道を先に探る.
ああ,哀れなるかな,この神がひどく苛んでいる奴らは,だが
 幸いなるかな,アモルが優しく穏やかに後押しする奴は!

*1 織物で縦糸を真直ぐにしておくための重りは陶製(later)で,ぶつかると糸も音を立てる(Maltby: ad loc.).



【2007/05/03 12:45】 Tibullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ティブッルス第2巻第1歌37-58行

rura cano rurisque deos. his vita magistris
 desuievit querna pellere glande famem;
illi compositis primum docuere tigillis
 exiguam viridi fronde operire domum,    40
illi etiam tauros primi docuisse feruntur
 servitium et plaustro supposuisse rotam.
tum victus abiere feri, tum consita pomus,
 tum bibit irriguas fertilis hortus aquas,
aurea tum pressos pedibus dedit uva liquores, 45
 mixtaque securo est sobria lympha mero.
rura ferunt messes, calidi cum sideris aestu
 deponit flavas annua terra comas.
rure levis verno flores apis ingerit alveo,
 compleat ut dulci sedula melle favos.    50
agricola assiduo primum satiatus aratro
 canavit certo rustica verba pede
et satur arenti primum est modulatus avena
 carmen, ut ornatos diceret ante deos;
agricola et minio suffusus, Bacche, rubenti  55
 primus inexperta duxit ab arte choros.
huic datus a pleno, memorabile munus, ovili
 †dux pecoris hircus: auxerat hircus oves.†

我は農地と農地の神々を歌わん.この神々を師として
 人生はオークの団栗で餓えをしのぐことを止めたのだ.
彼らは最初に木材を組み合わせて
 小さな家を青々した葉で覆う事を教えた.
彼らが最初に牛達に
 隷属を教え,そして荷台の下に車をつけたという.
その時,野蛮な生き様は去り,その時果樹が植えられ,
 その時果樹園は灌漑された水を飲んで豊かになった.
その時葡萄は足で踏まれて葡萄汁を出し,
 生水が憂いを払う生酒に混ぜられた.
農地は実りをもたらす,熱い星の熱気によって
 大地が毎年黄色い穂を横たえる時に.
春の農地では軽々と飛ぶ蜂が蜂の巣に花を集め*1
 せっせと甘い蜜でその巣を満たす.
農夫が最初に,絶え間ない鋤仕事に飽いて
 しっかりした脚で田舎の言葉を歌った,
そして満腹した彼は,飾られた神々の前で奏するために,
 最初に乾いた葦笛で歌を奏でた.
そして農夫は最初に朱色に化粧して
 慣れない業で合唱隊を率いた.
この者に,記念の贈り物として,沢山の家畜の中から
 †家畜の率い手たる山羊が贈られた.山羊は羊らを増やしていた†*2


*1 古代では蜜蜂は蜂の巣を作るのに花を集めていたと信じていた(Maltby: ad loc.).
*2 58行はテクストの問題があり,長く論議されている.後半は意味不明で,なお前半dux pecoris hircusが―UUU――となる韻律の問題がある.


【2007/05/03 02:40】 Tibullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ティブッルス第2巻第1歌17-36行

di patrii, purgamus agros, purgamus agrestes:
 vos mala de nostris pellite limitibus,
neu seges eludet messem fallacibus herbis,
 neu timeat celeres tardior agna lupos.    20
tunc nitidus plenis confisus rusticus agris
 ingerat ardenti grandia ligna foco,
turbaque vernarum, saturi bona signa coloni
 ludet et ex virgis exstruet ante casas.
eventura precor: viden, ut felicibus extis    25
 significet placidos nuntia fibra deos?
nunc mihi fumosos veteris proferte Falernos
 consulis et Chio solvite vincla cado.
vina diem celebrent: non festa luce madere
 est rubor, errantes et male ferre pedes.   30
sed 'bene Messallam' sua quisque ad pocula dicat,
 nomen et absentis singula verba sonent.
gentis Aquitanae celeber Messalla triumpho
 et magna intonsis gloria victor avis,
huc ades adspiraque mihi, dum carmine nostro 35
 redditur agricolis gratia caelitibus.

父祖ゆかりの神々よ,我らは畑を清め,農夫らを清める.
 汝らは我らの境界より災いを払い給え.
種が偽りの草にて実りを欺くこと無きよう,
 足遅き子羊が足早の狼を怖れること無きよう.
その時,農夫は豊かな畑を確信して
 大きな丸太を炉に積み上げて火に照らされるだろうし,
家の奴隷の一団は満たされた農夫の良き印を
 踊り,そして枝でその前に家を編むだろう.
それが適わん事を我祈る.汝は見えないか,いかに幸先よき内臓とともに
 予兆行う肝臓が,神々の喜べるを示しているのかが.
今こそ我のために,昔の執政官の刻印の燻されたファレルヌム葡萄酒をよこせ,
 そして,キオー葡萄酒の瓶から封を解け.
葡萄酒がこの日を祝わんことを.祭りの日に痛飲するも,
 ひどい千鳥足で歩むも恥ではない.
だが,「メッサッラ栄えんことを!」と,各人各々の杯に語らんことを.
 この場にはおらぬその人の名を話の度に発せんことを.
アクィターニー族の凱旋*1にて祝われるメッサラよ,
 また梳らぬ父祖にとって偉大な栄誉たる勝利者よ,
ここに来られんことを,そして,我に霊感吹き込み給え,我が歌にて
 農夫の神々に感謝捧げられる間.


*1 前27年9月25日.


【2007/05/02 03:05】 Tibullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ




PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)