ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | 記事修正

TOPへ


ラテン語ごっこ

初心者用の注釈などを出している出版社Focus Publischingのサイトに,ラテン語のフラッシュカードの頁がありました.

  http://www.leakyroofproductions.com/

適当にクリックして行き先を見つけて下さい.初心者向きの語彙テストなどが楽しめたり,ちょっとした発音なども聞けるページもあります.このページで遊んでラテン語ができるようになるかどうかはわかりませんが,OLDをひき疲れた時にやると,童心に帰って遊べます.そういえば幼稚園のときにこんな感じで時間が過ぎていたなあ(幼児退行).というのは冗談ですが,初歩レベル終わったぐらいの人には,特に動詞の基本形習得ではかなり訳にたつのではないかと思います.ただ,長音記号が変化系の区別のためにしかついていないのが残念ですね.

スポンサーサイト

【2007/04/30 21:35】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ティブッルス第2巻第1歌1-16行

Quisquis adest, faveat: fruges lustramus et agros,
 ritus ut a prisco traditus extat avo.
Bacche, veni, dulcisque tuis e cornibus uva
 pendeat, et spicis tempora cinge, Ceres.
luce sacra requiscat humus, requiescat arator,  5
 et grave suspenso vomere cesset opus.
solvite vincla iugis: nunc ad praesepia debent
 plena coronato stare boves capite.
omnia sint operata deo: non audeat ulla
 lanificam pensis imposuisse manum.      10
vos quoque abesse procul iubeo, discedat ab aris,
 cui tulit hesterna gaudia nocte Venus.
casta placent superis: pura cum veste venite
 et manibus puris sumite fontis aquam.
cernite, fulgentes ut eat sacer agnus ad aras   15
 vinctaque post olea candida turba comas.

来れる者は口を慎まんことを.我は実りと畑を清めている,
 古の父祖より伝えられし儀式がかくあるが如く.
バッコスよ,来れ,そして,汝の角より甘き葡萄が
 下がらんことを,そして,穂にて額を結びたまえ,ケレースよ.
聖なる日には大地は休まんことを,農夫は休まんことを,
 そして鋤はぶら下げて,重労働は休まんことを.
汝ら軛より縛めを解け.今や
 花冠をつけた頭の牛どもが囲いに立ちて満たすべし.
全てが神のために捧げられてあれ.いかなる女も
 羊毛紡ぐ手を割当の羊毛に置くことなかれ.
汝らもまた遠くに離れるよう我は命ず.祭壇から離れよ,
 昨晩にウェヌスがその喜びをもたらせし者は.
純潔なものが神々を喜ばす.汝らは汚れ無き衣にて来れ,
 そして汚れ無き手にて泉の水を汲め.
見よ,聖なる子羊が輝ける祭壇に向かうさまを,
 そしてその後をオリーブの枝にて髪結わえし群衆が行くさまを.


【2007/04/29 20:44】 Tibullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


岩波ベストテン

4月 9日? 4月15日岩波書店の文庫週刊ベストテンですが,なんとプラトーンの『弁明』とマルクス・アウレーリウス『自省録』がランクインしていました.

  http://www.iwanami.co.jp/best/index.html

古典の人気も捨てたものではない……と一瞬喜びましたが,時期をよく考えてみたら,多分大学の哲学などの講義の読本として大量に購入されているためだと,容易に想像がつきます.それにしても,プラトーンなどベスト5ですから,すごいものです.せめてせっかく古典の名作に触れた学生が,講義の後にも古典に興味を持ってくれるように,先生方がいい授業をされることを望みます.僕の時は二度とプラトーンなど読むか,と思いましたが,今では時々ですがギリシア語で読んでいたりするので,人生不思議なものです.

岩波文庫では,もうこのブログでも取り上げていますが,遂にリーウィウスが登場します.

鈴木一州 訳『リーウィウス:ローマ建国史(上)』岩波文庫.東京:岩波書店,2007年4月26日刊

ところが,某所で拝見したのですが,鈴木一州先生はこの1月にお亡くなりになってしまわれたそうです.本当に残念なことです.鈴木先生は他にこのような本も訳出されております.

E.マイヤー著 ; 鈴木一州訳『ローマ人の国家と国家思想』東京 : 岩波書店,1978.

絶版ですが,図書館などで容易に入手できると思います.

 それにしても,古典をライフワークにすると,本当に完成するのは難しいのだということを思い知らされます.いや,ライフワークというほど,僕は真面目にやってはいませんが…….


【2007/04/24 23:17】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) | 記事修正

TOPへ


言語モジュール

東京外語大で,ネットで外国語を学べるコースがあります.

http://www.coelang.tufs.ac.jp/modules/

ドイツ語・フランス語はかなりの充実です.僕としてはイタリア語ができるのを期待しています.ラテン語・古典ギリシア語は無理でしょうね…….


【2007/04/23 23:42】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ドイツ語用ネット教材

西洋古典学をやっているとギリシア語ラテン語以外に重要なのは英語以上にドイツ語なんですね.実は有名な文法書のSmythもGildersleeveも,文法の学習用の参考書であって,実際に研究用に使われるのはKühnerのギリシア語・ラテン語文法書,あるいはLeumann-Hofmann-SzantyrやSchwyzerのそれなのですね.つまり,全部ドイツ語なのです.戦前なら大学ではドイツ教育は下手をすると英語なんかよりもしっかりしていたのですが,現時点ではドイツ語の授業なんかせいぜい週2コマ程度.これではとてもでないですが,参照用にドイツ語の文法書を使う事などできません.

最近は幸い,ネット上にインターネットラジオ・テレビなどができて,それなりにいい教材になりますし,そもそも教育用のサイトも提供されています.この親切な放送局はDeutsche Welleというところです.まあ上でもすぐ使えるようになりますが,簡単にするのに近い所にりんくをはっておきます.

語学コースはつぎのリンクです.初級から中級,経済ドイツ語コースがあります.

  http://www.dw-world.de/dw/0,2142,2068,00.html

上のリンクの真ん中ぐらいにあるVokabelglossarというところからは,語彙の解説とトランスクリプション,ゆっくり目の朗読のMP3ファイルという,非常に便利な3点セットが手に入れられます.ドイツ語をすでにある程度やっていたら,こちらが便利でしょう.一番手軽なアーカイブへのリンクを上げておきます.

  http://www.dw-world.de/dw/0,,8031,00.html

本格的なニュースは:

ラジオ  http://www.dw-world.de/dw/0,2142,4678,00.html
テレビ  http://www.dw-world.de/dw/0,2142,4753,00.html

もちろん,普通の放送はほかの放送局でもやっていますが,大体ここだけでなんとかなるでしょうね.

書いていたら昔もどこかで書いたような気がしてきましたが,ドイツ語を勉強されている方がいたので,ここでもう一度投稿しておきます.


【2007/04/20 23:38】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


Spring Sale

しばらく不調で休み続けていますが…….今日はちょっとしたネタがはいったもので.

Oxford University Pressでバナナの叩き売り本の安売りをやっています.

http://www.us.oup.com/us/catalog/25965/?view=usa

Oxford Lain Dictionary,Liddle-Scott-Jones,Oxford Classical Dictionaryなど,ちょっと二の足を踏みそうなものもかなり安く買えるようです.そのほか,単著やOxford Classical Textsからもいくつか安売りがでています.しかし,これらの本を原価で買った人間としては,大変悔しいことです.


【2007/04/18 20:02】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) | 記事修正

TOPへ


「神の赤子」になり損ねた少国民物語

「神の赤子」になり損ねた少国民物語

  http://www.fiberbit.net/user/eyeland/kokumin/index.htm

戦時中の小学校は,国民学校といわれていたのですが,その国民学校で小学校時代を過ごされた方のサイトで,戦争を知っている世代の語る戦時中です.現在著者はパーキンソン病とのことで,そのホームページももっていらっしゃいます.1000人に1人の割合なので,誰でもかかる可能性はある病気で,ある意味心構えとして,興味深く読みました.生い立ちから仕事人としての自分史のページも面白いです.人生の先達に敬意を表しつつ紹介させていただきます.


【2007/04/11 00:41】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


もう少し

別に休んで寂しがっている人もいないと思いますが,もう少しだけ休みます.
新しいエントリーはしていませんが,たまにカトゥッルスなど読み返しては訂正する程度のことはやっています.それにしても,間違いの多いことには閉口させられます.出版など夢のまた夢ですねえ(もともとそんな気もありませんが).


【2007/04/07 01:14】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) | 記事修正

TOPへ




PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。