ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス63歌50-73行

'patria o mei creatrix, patria o mea genetrix,   50
ego quam miser relinquens, dominos ut erifugae
famuli solent, ad Idae tetuli nemora pedem,
ut aput nivem et ferarum gelida stabula forem,
et earum omnia adirem furibunda latibula,
ubinam aut quibus locis te positam, patria, reor? 55
cupit ipsa popula ad te sibi derigere aciem,
rabie fera carens dum breve tempus animus est.
egone a mea remota haec ferar in nemora domo?
patria, bonis, amicis, genitoribus abero?
abero foro, palaestra, stadio et gyminasiis?   60
miser a miser, querendum est etiam atque etiam, anime.
quod enim genus figuraest, ego non quod obierim?
ego mulier, ego adolescens, ego ephebus, ego puer,
ego gymnasi fui flos, ego eram decus olei:
mihi ianuae frequentes, mihi limina tepida,    65
mihi floridis corollis redimita domus erat,
linquendum ubi esset orto mihi Sole cubiculum.
ego nunc deum ministra et Cybeles famula ferar?
ego Maenas, ego mei pars, ego vir sterilis ero?
ego viridis algida Idae nive amicta loca colam?  70
ego vitam agam sub altis Phrygiae columinibus,
ubi cerva siluicultrix, ubi aper nemorivagus?
iam iam dolet quod egi, iam iamque paenitet.'

「わが創り手たる祖国よ,わが産みの親たる祖国よ,
私は哀れにもあなたを捨てた,あたかも脱走した奴隷が
主人を捨てるように.そうして,イーダの森へと足を運んだ,
行きと獣達の氷つくねぐらに居て,
そして狂おしくそれらのあらゆる隠れ家を訪れるために.
一体どこに,あるいはいかなる場所に,あなたがあると,考えたらいいのか?
私の心が荒々しい狂気を欠いている短い間,
瞳自体が,あなたに自分の視線を向ける事を欲している,
私は私の家から遠く離れて,この森へと向かって行くのだろうか?
祖国から,家財から,友から,産みの親から離れるのだろうか?
広場から,闘技場から,競技場から,体育場から離れるのだろうか?
哀れな魂よ,哀れな魂よ,何度嘆いても嘆き足りない.
なぜなら,私がなったことのない姿の類いはなんだろうか?
私は女であり,私は青年であり,私は若者であり,私は子供であり,
私は体育場の華であったし,私はレスリングの花形であった.
私の門は人が足しげく通い,私の敷居は冷めることなく,
太陽が上って私が寝床を後にしなければならない時には,
私の家は花咲く花冠で覆われていた,
私は今,神々に召使い女と,そしてキュベレーの女奴隷と呼ばれるのだろうか.
私はバッコス信女と,私は私の一部に過ぎず,私は不毛な男となるのだろうか.
私は青々したイーダ山の,雪に覆われた寒い場所に住むのだろうか,
私は,森に住まう鹿や,森をうろつく猪のいる,
プリュギアの聳える絶壁の麓で人生を送るのだろうか.
今や,今や,私の所業が悲しく,今や,今や,後悔しきりだ」

スポンサーサイト

【2006/10/31 22:44】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第63歌について

カトゥッルスの63歌は,キュベレー女神崇拝にかかわるものです.主人公はアッティスという若者で,この話では,プリュギアに訪れてから自らを去勢し,キュベレー女神に仕える者となるのですが,様々なバージョンがあったようです.色々な意味で,ローマ詩の中でも特異なこの63歌については,最近研究が盛んになって来ているようで,ざっと参考文献などを見回すと,これぐらい出て来ます.(もっとも大半入手できないでいるのですが……).

Gall, Dorothea. "Catulls Attis-Gedicht im Licht der Quellen." Würzburger Jahrbücher für die Altertumswissenschaft 23 (1999): 83-99.

Lancellotti, Maria Grazia. Attis. Between Myth and History: King, Priest and God. Religions in the Graeco-Roman World 149. Leiden: Brill, 2002. BMCR の書評

Lane, E. Ed. Cybele, Attis, and Related Cults. Essays in Memory of M.J. Vermaseren. Religions in the Greco-Roman World 131. Leiden: Brill, 1996. BMCR の書評

Lefèvre, Eckard. "Alexandrinisches und Catullisches im Attisgedicht (c. 63)." Rheinisches Museum für Philologie 141 (1998): 308-28.

Nauta, Ruurd R. and Annette Harder Ed. Catullus' Poem on Attis : Text and Contexts. Leiden: Brill, 2004. BMCR の書評

Panoussi, Vassiliki. "Ego maenas. Maenadism, marriage, and the construction of female identity in Catullus 63 and 64." Helios 30 (2003): 101-26.

Wray, David. "Attis' Groin Weights (Catullus 63.5)." Classical Philology 96 (2001): 120-26.


韻律はGalliambicsという,特殊なもので,カッリマコスなど,ヘレニズム期の詩人などが使っていたようです.ローマではワッローが既に使っていたようですが(やはりキュベレー女神に関する詩で,断片が現存),現存する完全な形のものは,ギリシア・ローマを通じて,カトゥッルスのこの詩のみです.

     U U ? | U ? | U ? | ? || U U ? | U U U | U ?

U U と ? は交換可能です.例えば5行のstimulatus ibi furenti ... では,ibiのところの U U が ? の代わりをしています.


【2006/10/31 21:37】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス63歌27-49行

simul haec comitibus Attis cecinit notha mulier,
thiasus repente linguis trepidantibus ululat,
leve tympanum remugit, cava cymbala recrepant,
viridem citus adit Idam properante pede chorus. 30
furibunda simul anhelans vaga vadit animam agens
comitata tympano Attis per opaca nemora dux,
veluti iuvenca vitans onus indomita iugi;
rapidae ducem sequuntur Gallae properipedem.
itaque, ut domum Cybebes tetigere lassulae,   35
nimio e labore somnum capiunt sine Cerere.
piger his labante languore oculos sopor operit;
abit in quiete molli rabidus furor animi.
sed ubi oris aurei Sol radiantibus oculis
lustravit aethera album, sola dura, mare ferum,  40
pepulitque noctis umbras vegetis sonipedibus,
ibi Somnus excitam Attin fugiens citus abiit;
trepidante eum recepit dea Pasithea sinu.
ita de quiete molli rapida sine rabie
simul ipsa pectore Attis sua facta recoluit,    45
liquidaque mente vidit sine quis ubique foret,
animo aestuante rusum reditum ad vada tetulit.
ibi maria vasta visens lacrimantibus oculis,
patriam allocuta maestast ita voce miseriter.

偽の女アッティスはこれらを連れの者らに歌うや否や,
バッコス信者らはたちまち震える舌で叫び声をあげ,
タンバリンは唸り,空ろなシンバルは音を立て,
踊り手らは青々としたイーダ山へと足を急かせて急ぎ向かう.
アッティスは狂おしく大きく息をきらせながら彷徨い進み,
タンバリンに合わせて暗い森を先導する様は,
あたかも飼いならされていない若牛が,軛の重荷を避けるよう.
駆けるガッラたちは,足速き先導者を追う.
そうして,疲れた彼女らがキュベレーの住まいへと辿りついた時,
彼女らは,あまりの疲労から,食事もとらずに眠りを貪る.
疲労が入り込み,けだるい眠りが彼らの眼を覆う.
穏やかな休息の中で,荒れ狂う心の狂気は去る.
だが,黄金の顔の太陽が,輝ける眼で
白い大気と,堅固な大地,荒れ狂う海を照らし,
元気な馬とともに,夜の陰を追い払ったその時,
「眠り」は目覚めたアッティスを逃れ,急いで去って行った.
その「眠り」を,女神パシテア*1は震える懐に受け入れた.
そうして,穏やかな休息から覚めて,荒れ狂う狂気もなく,
アッティスは自分でした事を思い返し,
はっきりした頭で,自分に何がなくなり,どこにいるのかを理解するや否や,
気持が燃え立って,浅瀬へと再び踵を返した.
そこで,大海を涙にくれる眼で眺めつつ,
あわれにも彼女は,祖国*2に向かって,悲しげな声でこう語った.


*1 眠りの夫.
*2 この歌では,アッティスはギリシアから来たように描かれている.


【2006/10/31 21:13】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス63歌1-26行

Super alta vectus Attis celeri rate maria
Phrygium ut nemus citato cupide pede tetigit
adiitque opaca silvis redimita loca deae,
stimulatus ibi furenti rabie, vagus animis,
devolsit ili acuto sibi pondera silice,        5
itaque ut relicta sensit sibi membra sine viro,
etiam recente terrae sola sanguine maculans,
niveis citata cepit manibus leve typanum,
typanum tuum, Cybebe, tua, mater, initia,
quatiens terga tauri teneris cava digitis      10
canere haec suis adorta est tremebunda comitibus.
'agite ite ad alta, Gallae, Cybeles nemora simul,
simul ite, Dindymenae dominae vaga pecora,
aliena quae petentes velut exules loca
sectam meam exsecutae duce me mihi comites  15
rapidum salum tulistis truculentaque pelagi,
et corpus evirastis Veneris nimio odio;
hilarate erae citatis erroribus animum.
mora tarda mente cedat: simul ite, sequimini
Phrygiam ad domum Cybebes, Phrygia ad nemora deae,
ubi cymbalum sonat vox, ubi tympana reboant,  21
tibicen ubi canit Phryx curvo grave calamo,
ubi capita Maenades vi iaciunt hederigerae,
ubi sacra sancta acutis ululatibus agitant,
ubi saevit illa divae volitare vaga cohors,     25
quo nos decet citatis celerare tripudiis.'

深き海の上をアッティスは足速き船で進み,
しきりにはやる足でプリュギアの森に辿り着き,
そして森で暗く覆われた女神の座の所に来た途端,
そこで荒れ狂う狂気に駆り立てられ,心も定かならぬまま,
自分の陰部の重みを鋭い石器にて毟り取った.
そうして,自分の身体に男がないことを知った時,
新たな地にて,大地の土を穢しさえしつつ,
「彼女」は白い手にて,軽やかにタンバリンをとった,
キュベレーよ,あなたの秘儀の道具であるタンバリンを,
空ろに張られた牛の背を,柔らかい指で弾きつつ,
彼女は震えながら連れの者らに,このように歌った.
「さあ,ガッラ司祭*1らよ,キュベレー女神の高みにある森へと共に進め,
共に進め,ディンデュモス山*2の女主人の,さまよえる家畜達も.
追放されしものの如くに,見知らぬ土地を求め,
我に付き従うものとなり,我を将として,我に従いし汝らは
荒れ狂う潮と恐ろしい海を耐え忍び,
そして並外れた愛の憎しみによって,汝らは身体を虚勢した.
汝らは激しく彷徨い歩いて,女神の心を喜ばせよ.
躊躇する気持を心から追い出せ.共に進め,
プリュギアのキュベレーの家,プリュギアの女神の森へと付き従え,
そこではシンバルの音が響き,そこではタンバリンが叫び返す,
そこではプリュギアの笛吹きが,曲がった葦笛で大きな音を奏で,
そこでは木蔦冠りしバッコス信者らが激しく頭を振り,
そこでは聖なる儀式を甲高い叫び声で執り行い,
そこでは女神のあのさまよえる集団が荒れ狂って飛び回る,
そこへ激しく三拍子の踊りして急ぎ向かうのは我らに相応しいこと.」


*1 キュベレー女神の司祭は,ガッルスと呼ばれた.ここではその女性形.
*2 プリュギア内陸の山.


【2006/10/31 03:13】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ようやく……

あと63歌を訳し終えると,カトゥッルスの全訳が一応終わりになります.今週中にはいくらなんでも終わるでしょう.第1歌を翻訳したのが,このブログの一番最初の2005年7月28日なので,のろのろと1年以上かかってしまいました.しかし見直してみると,こなれていないところや誤訳などもあるので,改良していかなければいけませんが,一応の区切りが見えて来てうれしいです.


【2006/10/30 21:28】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第3歌 小雀追悼

Lugete, o Veneres Cupidinesque,
et quantum est hominum venustiorum:
passer mortuus est meae puellae,
passer, deliciae meae puellae,
quem plus illa oculis suis amabat.   5
nam mellitus erat suamque norat
ipsam tam bene quam puella matrem,
nec sese a gremio illius movebat,
sed circumsiliens modo huc modo illuc
ad solam dominam usque pipiabat.  10
qui nunc it per iter tenebricosum
illud, unde negant redire quemquam.
at vobis male sit, malae tenebrae
Orci, quae omnia bella devoratis:
tam bellum mihi passerem abstulistis. 15
o factum male! o miselle passer!
tua nunc opera meae puellae
flendo turgiduli rubent ocelli.

悲しむがよい,おお,ウェヌスらとクビードーらよ,
そして,いる限りの全ての恋人らよ.
僕の彼女の小雀が死んだ,
僕の彼女のお気に入りの小雀が,
彼女はそれを自分の眼よりも愛していたのに.
なぜなら,それは蜜のように愛らしく,自分の
主人を,彼女が自分の母を知るのと同じ程よく知っていたし,
彼女の懐から出て行こうともせず,
あちらこちらと飛び回りながら,
ただ自分の女主人にだけずっとぴいぴいさえずっていた.
その小雀は,今かの暗き途を行く,
そこからは何人も帰る事を許されぬ途を.
だが,呪われよ,残酷な冥界の
暗闇よ,あらゆる美しきものを飲み込む奴らよ.
かくも美しき小雀を,お前達は奪ったのだ.
ああ,何たる災い!ああ,可哀想な小雀!
お前のせいで,今お前のご主人の彼女は,
泣きはらして眼をまっ赤にしているよ.


【2006/10/30 21:11】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第8歌 未練

Miser Catulle, desinas ineptire
et, quod vides perisse, perditum ducas.
fulsere quondam candidi tibi soles,
cum ventitabas quo puella ducebat
amata nobis quantum amabitur nulla.  5
ibi illa multa cum iocosa fiebant,
quae tu volebas nec puella nolebat,
fulsere vere candidi tibi soles.
nunc iam illa non volt: tu quoque impote<ns noli>,
nec quae fugit sectare, nec miser vive, 10
sed obstinata mente perfer, obdura.
vale, puella. iam Catullus obdurat,
nec te requiret nec rogabit invitam.
at tu dolebis, cum rogaberis nulla.
scelesta, vae te, quae tibi manet vita?  15
quis nunc te adibit? cui videberis bella?
quem nunc amabis? cuius esse diceris?
quem basiabis? cui labella mordebis?
at tu, Catulle, destinatus obdura.

哀れなカトゥッルスよ,無駄な事はやめろ,
そして,駄目になったのが分ったものは,駄目になったものと考えろ.
かつてはお前に,燦々とした日々が輝いていた,
他のどの女も愛されないほど,お前に愛された
彼女が連れて行くところに,お前はしばしば訪れていった,
そこで,お前が望み,彼女も嫌とはいわなかったところの
あの沢山の楽しみが営まれていた時,
お前には本当に燦々とした日々が輝いていた.
今やもう,彼女はそれを望まない.お前もまた,役立たずめ,望むのはやめろ,
逃げて行く彼女も追いかけるな,そして惨めに生きる事も止めろ,
堅い気持で,耐えろ,情を捨てろ.
さらばだ,君よ.もうカトゥッルスは情を捨てた,
そして,君を求めもしないし,嫌がる君にお願いもしない.
だが,お君のほうこそ悲しむだろう,全然お願いされることもなくなって.
性悪女よ,ああ,どんな人生が君を待っているだろうか?
今,誰が君の所に行くだろうか?誰に君は美しいと思われるだろうか?
今,誰を君は愛するだろうか?誰の女と,君は言われるだろうか?
誰を君は口づけするだろうか?誰の唇を君は噛むのか?
だが,カトゥッルスよ,決然と情を捨てろ.


【2006/10/30 20:47】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第107歌 最上の喜び

Si quicquam cupido optantique optigit umquam
 insperanti, hoc est gratum animo proprie.
quare hoc est gratum nobis quoque carius auro
 quod te restituis, Lesbia, mi cupido.
restituis cupido atque insperanti, ipsa refers te
 nobis. o lucem candidiore nota!
quis me uno vivit felicior, aut magis hac res
 optandas vita dicere quis poterit?

7-8 est | optandus V : res optandas Lachmann

もし誰かが,切望し乞い願っていながら決して望むべくもないものを
 手に入れたなら,それはその心にとっては本当に喜ばしいことだ.
だから,僕にもまた,このことは黄金よりもうれしいことだ,
 レスビアよ,君を切望する僕のもとに戻って来たことが.
切望しかつ期待する僕のもとに,君は戻って来た,君自身が自分で
 僕の所に帰って来たのだ.ああ,より輝かしい印のついた日よ*1
誰がこの僕よりも幸福に生きているだろうか,あるいは,だれが
 この人生よりもっと望ましいものを言う事ができるだろうか.


*1 良い日には,暦に石で印をつけたらしい.


【2006/10/30 19:44】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第14歌 気の利いた贈り物

Ni te plus oculis amarem,
iucundissime Calve, munere isto
odissem te odio Vatiniano:
nam quid feci ego quidve sum locutus,
cur me tot male perderes poetis?    5
isti di mala multa dent clienti,
qui tantum tibi misit impiorum.
quod si, ut suspicor, hoc novum ac repertum
munus dat tibi Sulla litterator,
non est mi male, sed bene ac beate,   10
quod non dispereunt tui labores.
di magni, horribilem et sacrum libellum!
quem tu scilicet ad tuum Catullum
misti, continuo ut die periret,
Saturnalibus, optimo dierum!      15
non non hoc tibi, salse, sic abibit.
nam, si luxerit, ad librariorum
curram scrinia, Caesios, Aquinos,
Suffenum, omnia colligam venena,
ac te his suppliciis remunerabor.     20
vos hinc interea valete abite
illuc, unde malum pedem attulistis,
saecli incommoda, pessimi poetae.

16 salse al false G : false O R

もし君を,自分の眼よりも大切にしていなきゃ,
親愛なるカルウゥス君,君のその贈り物のせいで,
僕は君を,ワーティニウス*1の憎しみ様で憎んでいるところだよ.
だって,君がこれほどの詩人でもって,僕をこっぴどく参らせるような事を,
この僕がしたり言ったりしただろうか.
君のそのお客さんに,神々がたっぷり災いを与えんことを,
これほどの不敬なものを君に送りつけたそのお客に.
しかしもし,僕は疑ってるのだが,この新しい掘り出し物の
贈り物を君に与えたのが,スッラ*2先生だったら,
僕は悪い気はしないで,かえって幸せ至極な気分だよ,
君の苦労が無駄にならないからね.
偉大な神々よ,なんとおぞましく不吉な本か!
そいつを君が,友たるカトゥッルスに送ったのは,
僕が一日中くたばっているように,とのことだろう,
最上の日,サートゥルナーリア祭*3に.
いや,いや,ふざけた奴め,こんな風には終わらせないぞ.
だって,明るくなったら,本屋の
本箱の所にひとっ走りして,カエシウスやアクィーヌスの類いや,
スッフェーヌスなど,あらゆる毒をかき集めて
そうしてこの罰を君に送り返してやるから.
ところでお前達は,さらばだ,ここから
あっちへ行ってしまえ,お前達が悪い足を引きずって来た所へ,
希代の悪災,最悪の詩人どもめ.


*1 カルウゥスはワーティニウスを弾劾している.第53歌参照.
*2 不詳.
*3 12月17日に始まり,数日続く祭りで,贈り物がされる.


【2006/10/30 19:44】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第37歌

Salax taberna vosque contubernales,
a pilleatis nona fratribus pila,
solis putatis esse mentulas vobis,
solis licere, quidquid est puellarum,
confutuere et putare ceteros hircos?     5
an, continenter quod sedetis insulsi
centum an ducenti, non putatis ausurum
me una ducentos irrumare sessores?
atqui putate: namque totius vobis
frontem tabernae sopionibus scribam.    10
puella nam mi, quae meo sinu fugit,
amata tantum quantum amabitur nulla,
pro qua mihi sunt magna bella pugnata,
consedit istic. hanc boni beatique
omnes amatis, et quidem, quod indignum est, 15
omnes pusilli et semitarii moechi;
tu praeter omnes une de capillatis,
cuniculosae Celtiberiae fili,
Egnati, opaca quem bonum facit barba
et dens Hibera defricatus urina.      20

色宿と,そこの君たち常連よ,
帽子冠った兄弟の神殿*1から9番目の柱よ,
君らだけに男根が付いていると思っているのか,
君らだけが,どんな女の子でも
姦淫する事ができて,残りの男は山羊だと見なしていいなどと?
それとも,無粋な君らは,
100人や200人も連なって座っているから,僕があえて
200人して座っている君らの口に,一度でアレを突っ込みは*2しないだろうと思ってるのか?
まあ,そう思っているがいい.なぜなら僕は,
宿の正面全体に,君らのアレを書くつもりだからさ.
なぜなら,僕の懐から逃げ出した,僕の彼女,
どの女もこれほど愛されることはないほど愛された彼女,
そのために,僕は大変な戦いをしてきたその彼女が,
そこに座っているのだ.その彼女を,善良で裕福な
君らがみんなして愛している,そして,実にけしからんことには,
屑の裏道の女たらしまでもが,みんなして愛しているのだ.
みんなの中で,とりわけ君がね,髪の長い男の代表よ,
家ウサギ住むケルティベーリアの地の息子,
もじゃもじゃの髭が色男に仕立てて,
スペインの小便で,その歯を磨き上げているエグナーティウス君*3


*1 カストルとポッルクスの兄弟の神殿.通常,この二人は帽子を冠った姿で描かれる.
*2 「馬鹿にする」を意味する俗語.
*3 39歌17-21行参照.


【2006/10/29 20:56】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第25歌 

Cinaede Thalle, mollior cuniculi capillo
vel anseris medullula vel imula oricilla
vel pene languido senis situque araneoso,
idemque, Thalle, turbida rapacior procella,
cum diva †mulier aries† ostendit oscitantes,  5
remitte pallium mihi meum, quod involasti,
sudariumque Saetabum catagraphosque Thynos,
inepte, quae palam soles habere tamquam avita.
quae nunc tuis ab unguius reglutina et remitte,
ne laneum latusculum manusque mollicellas  10
inusta turpiter tibi flagella conscribillent,
et insolenter aestues, velut minuta magno
deprensa navis in mari, vesaniente vento.

オカマのタッルス*1よ,飼いウサギの毛よりも,
あるいは家鴨の骨の髄よりも,あるいは耳たぶよりも,
あるいは老人のしなだれたナニよりも,蜘蛛の巣よりも軟弱なやつよ,
そんな奴のくせに,……が開いているのが見える時には,
渦巻く嵐よりも強欲なやつよ,
僕に君がかっぱらった僕の上着をかえせ,
サエタビス*2製の汗拭きと,色とりどりの手ぬぐい*3を,
ぐうたらめ,これらをお前は,父祖伝来のもの見たいに,いつも堂々と持っているが.
そいつをお前の爪から引き離して,返せ,
お前の羊毛のように柔らかい脇腹と,軟弱な手に
鞭が醜く焼き痣を刻み込んで
尋常じゃなく焼かれる思いをしないようにね.ちょうど大海原でちっぽけな
船が,荒れ狂う風に捕まるようにさ.


*1 不詳.
*2 亜麻製品で有名であったスペインの都市.
*3 原文のThynosは不詳.

韻律:Iambic tetrameter catalectic
U ― U ― U ― U ― U ― U ― UU




【2006/10/29 14:05】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第50歌 詩に負かされて

Hesterno, Licini, die otiosi
multum lusimus in meis tabellis,
ut convenerat esse delicatos:
scribens versiculos uterque nostrum
ludebat numero modo hoc modo illoc,  5
reddens mutua per iocum atque vinum.
atque illinc abii tuo lepore
incensus, Licini, facetiisque,
ut nec me miserum cibus iuvaret
nec somnus tegeret quiete ocellos,   10
sed toto indomitus furore lecto
versarer, cupiens videre lucem,
ut tecum loquerer simulque ut essem.
at defessa labore membra postquam
semimortua lectulo iacebant,      15
hoc, iucunde, tibi poema feci,
ex quo perspiceres meum dolorem.
nunc audax cave sis, precesque nostras,
oramus, cave despuas, ocelle,
ne poenas Nemesis reposcat a te.    20
est vemens dea: laedere hanc caveto.

リキニウス*1よ,昨日徒然に
僕らは書板の上で沢山戯れた,
羽目を外そうと決めていた通りにね.
僕ら二人は短詩を書きながら,
ある時はこの韻律,ある時はあの韻律で遊んだ,
冗談と酒を交えつつ,お互いに返り歌をしながら.
そうしてそこから,君の気の利いた
ウィットに,リキニウスよ,刺激されて帰ってから,
僕は惨めなことに,食べ物もおいしくなくなったし,
眠って眼を休めることも出来なくなった.
怒りをおさえられなくてベッド中を
転げ回り,君と話をして,一緒にいられるよう,
夜明けが来るのを待った.
だが,疲労で疲れきって
死にかけた身体をベッドに横たえてから,
善き友よ,この詩を君に作ったのだ.
そこから僕の苦しみを君が見て取れるようにね.
今,君は出しゃばらないよう気をつけろ,僕のお願いに,
お願いだから,つばを吐きかけないでくれ,愛しの友よ,
復習女神が君に罰を要求しないようにね.
彼女は気性激しい女神だ,気分を害さぬよう気をつけろ.


*1 ガーイウス・リキニウス・カルウゥス.カトゥッルスとほぼ同年代で,カトゥッルス同じく,アレクサンドリア風の詩を書く(断片のみ現存).弁論家でもあった.


【2006/10/29 12:03】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第7歌 どれほど多くの口づけが

Quaeris, quot mihi basiationes
tuae, Lesbia, sint satis superque.
quam magnus numerus Libyssae harenae
laserpiciferis iacet Cyrenis
oraclum Iovis inter aestuosi    5
et Batti veteris sacrum sepulcrum;
aut quam sidera multa, cum tacet nox,
furtivos hominum vident amores:
tam te basia multa basiare
vesano satis et super Catullo est,  10
quae nec pernumerare curiosi    
possint nec mala fascinare lingua.

君は尋ねている,どれほど多くの君の口づけが,
レスビアよ,僕にとって充分いっぱいになるのかと.
ラーセルピーキウム*1もたらすキューレーネー*2
灼熱のユッピテルの神殿*3
古のバットゥス*4の聖なる墓の間にある
リビアの砂の莫大な数ほど,
あるいは夜が黙している時に,
人々のお忍びの愛を見ている星々の数ほど,
それほど多くの口づけを君がするなら,
恋に狂ったカトゥッルスには充分いっぱいになるんだ.
そいつを穿鑿好きなやつらが
数え尽くしたり,悪意ある舌が呪いをかけられないほどに多くのがね*5


*1 大ウイキョウ.薬剤に使われていた.現在でもスパイスなどで使われている.
*2 リビアの都市.カッリマコスの生地.
*3 ユッピテルと同一視されたエジプトの神アンモンの神殿.
*4 キューレーネーの開祖.
*5 正確な数を知る事で,呪いをかけて災いをもたらすことができると信じられていたらしい.cf. Catul.5.11-3.


【2006/10/29 02:19】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第108歌

Si, Comini, populi arbitrio tua cana senectus
 spurcata impuris moribus intereat,
non equidem dubito, quin primum inimica bonorum
 lingua exsecta avido sit data vulturio,
effossos oculos voret atro gutture corvus,  5
 intestina canes, cetera membra lupi.

もし,コミヌスよ,白髪の老年に達したお前が,
 日頃の悪行故に民意で罰されて死んだなら,
僕としては確信してる,まず善良な人々の憎む
 その舌が切り落とされて貪欲な猛禽に与えられ,
眼はくりぬかれて鴉が黒い喉で飲み込み,
 内臓は犬どもが,残りの身体は狼が貪ることをね.


【2006/10/28 22:46】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第109歌 愛の誓い

Iucundum, mea vita, mihi proponis amorem
 hunc nostrum inter nos perpetuumque fore.
di magni, facite ut vere promittere possit,
 atque id sincere dicat et ex animo,
ut liceat nobis tota perducere vita     5
 aeternum hoc sanctae foedus amicitiae.

我が命の女よ,君は僕らの間のこの僕らの愛が
 楽しく永遠に続くと約束している.
偉大な神々よ,彼女が本当に約束できるように,
 そして,それを心の底から真剣に言う事ができるようにし給え,
そうして,終生僕らの間にこの聖なる愛の誓いが
 永遠に続く事ができるように.



【2006/10/28 22:27】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第35歌 

Poetae tenero, meo sodali,
velim Caecilio, papyre, dicas
Veronam veniat, Novi relinquens
Comi moenia Lariumque litus.
nam quasdam volo cogitationes  5
amici accipiat sui meique.
quare, si sapiet, viam vorabit,
quamvis candida milies puella
euntem revocet, manusque collo
ambas iniciens roget morari.   10
quae nunc, si mihi vera nuntiantur,
illum deperit impotente amore.
nam quo tempore legit incohatam
Dindymi dominam, ex eo misellae
ignes interiorem edunt medullam. 15
ignosco tibi, Sapphicca puella
musa doctior; est enim venuste
Magna Caecilio incohata Mater.

わが友たる,柔弱な詩人,
カエキリウス*1に,パピュロスの手紙よ,お前は告げてくれ,
ノウゥム・コームムの城壁とラーリウスの岸*2を離れて
ウェーローナ*3に来るように告げてくれ.
なぜなら,彼に,彼の友達と僕の友達の
ある考えを聞いてもらいたいからなのだ.
だから,もし話の分かる奴なら,彼は道を飛んでくるだろう,
たとえ色白の彼女が千回も
出て行くかれを呼び戻そうと,両手を首に
まわして,ここにいてくれと頼もうともね.
その彼女は今,もし僕に本当のことが知らされているなら,
猛り立つ愛情で彼にぞっこんなのだ.
というのも,書き始められた
『ディンデュムスの女主人』*4を彼女が読んだときから,哀れな彼女の
骨の中の髄まで,火が蝕んでいるのだ.
僕は君を許そう,サッポーのムーサよりも
博識な乙女よ.なぜなら,
『偉大な地母神』は,カエキリウスによって魅力的に書き始められたから.


*1 不詳.
*2 植民市コームムと,ラーリウス湖はウェローナから西北西120kmほど離れた所にある.
*3 カトゥッルスの生地.イタリアの付け根の辺り.
*4 地母神キュベレーをテーマにした歌.ディンデュモスはプリュギアの山脈.キュベレー崇拝の中心地.


【2006/10/28 20:23】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第2歌 小雀

Passer, deliciae meae puellae,
quicum ludere, quem in sinu tenere,
cui primum digitum dare appetenti
et acris solet incitare morsus,
cum desiderio meo nitenti     5
carum nescio quid lubet iocari,
et solaciolum sui doloris,
credo, ut tum gravis acquiescat ardor:
tecum ludere sicut ipsa possem
et tristis animi levare curas!    10

小雀よ,僕の彼女のお気に入りよ,
彼女はいつもお前と戯れては,お前を懐に入れ,
突つきたがりやのお前に指の先を差し出しては
わざとひどく噛み付かせている,
それは私の輝ける憧れの女が
何か暖かい遊びをしたい時に,
そして,思うに,自分の悲しみの慰めをし,
そうして激しい恋しさを宥める時にすること.
彼女のように,僕もお前と戯れ,
苦しい心労を和らげられればいいのに!


カトゥッルスの代名詞とも言うべき有名な詩.


【2006/10/28 14:03】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第36歌

Annales Volusi, cacata carta,
votum solvite pro mea puella.
nam sanctae Veneri Cupidinique
vovit, si sibi restitutus essem
desissemque truces vibrare iambos,   5
electissima pessimi poetae
scripta tardipedi deo daturam
infelicibus ustulanda lignis.
et hoc pessima se puella vidit
iocose lepide vovere divis.        10
nunc o caeruleo creata ponto,
quae sanctum Idalium Vriosque apertos
quaeque Ancona Cnidumque harundinosam
colis quaeque Amathunta quaeque Golgos
quaeque Durrachium Hadriae tavernam, 15
acceptum face redditumque votum, 
si non illepidum neque invenustum est.
at vos interea venite in ignem,
pleni ruris et inficetiarum
annales Volusi, cacata carta.      20

ウォルシウスの『年代記』よ,糞拭き紙よ,
僕の彼女の代わりに,誓いを果たしてくれ.
なぜなら,彼女は聖なるウェヌスとクピードーとに
誓った,もし僕が彼女の元に戻り,
荒々しいイアンボス詩を投げつけるのを止めたら,
最低の詩人の選りすぐりの
作品を,不吉な薪にて燃やされるべく,
足萎えの神*1に与えよう,とね.
そして,最低の女は,自分が神々にした誓いが
面白く気の利いたものだと思った.
今,おお,青き海より生まれた女神*2よ,
聖なるイーダリウム*3と,開けたウーリイー*4
そしてアンコーナ*5と葦茂るクニドゥス*6
そしてアマトゥース*7とゴルゴイ*8
そしてアドリア海の宿たるドゥッラキウム*9におわす女神よ,
この願いを聞き入れ,叶え給え,
もしそれが本当に気が利いた愛らしいものなれば.
だが,お前のほうは,火の中に行くが良い,
田舎臭さと悪趣味に満ちた,
ウォルシウスの『年代記』よ,糞拭き紙よ.


*1 火の神ウゥルカーヌス.
*2 ウェヌス.
*3 アマトゥース,ゴルゴイとともに,キプロス島の町.いずれもウェヌス崇拝で有名.
*4 アプリアの町(イタリアのふくらはぎの突起部分にある).ウェヌスとのつながりは未詳.
*5 ローマから北北東方向のアドリア海岸の町.ウェヌス崇拝が知られている.
*6 小アジアの南西部.3つのウェヌスの神殿があった.
*7, *8 *3参照.
*9 イタリアの靴のかかとの部分の向かい側にある,ギリシアはマケドニアの港湾都市.ウェヌスは航海の神でもある.


【2006/10/27 23:19】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第95歌 キンナ『ズミュルナ』礼賛

Zmyrna mei Cinnae nonam post denique messem
 quam coepta est nonamque edita post hiemem,
milia cum interea quingenta Hortensius uno
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Zmyrna cavas Satrachi penitus mittetur ad undas, 5
 Zmyrnam cana diu saecula pervolvent.
at Volusi annales Paduam morientur ad ipsam
 et laxas scombris saepe dabunt tunicas.
parva mei mihi sint cordi monimenta U ??,
 at populus tumido gaudeat Antimacho.     10

3 Hortensius] Hatrianus Housman
11 a praecedentibus versibus separavit Statius

わがキンナの『ズミュルナ』*1は,書きはじめから9回目の収穫と
 9回目の冬の後にようやく刊行された,
一方,ホルテーンシウス*2は,一(年?)に50万行もの詩を
 (欠行)
『ズミュルナ』は,サトラコス河*3の深い流れへと送られることだろう.
 『ズミュルナ』は,ずっと代々の世代が年老いても紐解くことだろう.
だが,ウォルシウスの『年代記』は,パトゥアその場所で死に,
 そして,ずっと鯖どもにたるんだ上着を供するだろう.
わが・・・の,小さな記念碑は,私には大切なものとなるがよい.
 だが,大衆は,ふくれあがったアンティマコス*4を喜ぶがよい.


*1 自分の父親に恋した娘,ズミュルナ(あるいはミュッラ)をテーマにした詩と思われる.これについてはOv.Met.10.300以下参照.
*2 Q. Hortensius Hortalusか.ただし,むしろカトゥッルスと同じタイプの詩を書く人であったところから,Hatrianus「ハトリア(7行のウォルシウスの出身地)の人」とする読みを採用することもある.
*3 キュプロス島の河.ミュッラの生んだ子,アドーニスと関係する場所.
*4 ギリシアの叙事詩人(前400年頃).不幸な恋愛をエレゲイア詩によって綴った『リュデー』を書く.


【2006/10/27 19:26】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第16歌

Pedicabo ego vos atque irrumabo,
Aureli pathice et cinaede Furi,
qui me ex versiculis meis putastis,
quod sunt molliculi, parum pudicum.
nam castum esse decet pium poetam   5
ipsum, versiculos nihil necesse est;
qui tum denique habent salem ac leporem,
si sunt molliculi ac parum pudici,
et quod pruriat incitare possunt,
non dico pueris, sed hic pilosis      10
qui duros nequeunt movere lumbos.
vos, quod milia multa basiorum
legistis, male me marem putatis?
pedicabo ego vos atque irrumabo.

お前らのカマ掘ってからそのマラしゃぶらせてやるぞ,
女役のアウレーリウスに,オカマのフーリウスよ,
僕の詩をみて,そいつがエロいやつだからって,
僕が貞節を欠くなどと思ってやがるとは.
実に,敬虔な詩人は,清廉であればよいのは
その本人であって,詩は決してそんな必要はない.
もし詩がエロくってあまり貞節がなくて,
ムラムラするモノを興奮させるかもしれないのなら,
その時ようやくウィットが効いた粋な詩になるんだし,
僕はそいつを餓鬼にじゃなく,毛のはえそろった,
硬いケツを動かすことも出来ない奴らのために歌ってる.
お前らは,『何千もの口づけ』を
読んでから,僕が男らしさに欠けると思うのか?
お前らのカマ掘ってからそのマラしゃぶらせてやるぞ,


【2006/10/26 19:50】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


志願者が半減

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061025-00000022-maip-soci

工学部への志願者が半減したとのことです.さて,文学部はどうなのでしょう.もっとも,西洋古典学などは元の母数が少な過ぎて年ごとに半減・倍増の繰り返しになってしまいそうです.とはいえ,取りつぶされる可能性はあっても,増えることは考えられない分野の筆頭であることは間違いないので,もっと危機感を持った方がいいのかもしれませんね(笑).


【2006/10/25 23:24】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第92歌

Lesbia mi dicit semper male nec tacet umquam
 de me: Lesbia me dispeream nisi amat.
quo signo? quia sunt totidem mea: deprecor illam
 assidue, verum dispeream nisi amo.

レスビアはいつも僕に悪口ばかり,そそうして決して僕のことを
 黙ってはいない.レスビアは僕を愛してる.そうじゃなきゃ,僕は死んでもいい.
どこから分るのかって?なぜなら僕にも同じ事があるからさ.僕は彼女を
 ずっと呪っている.でも,僕が彼女を愛してなければ,僕は死んでもいい.


【2006/10/25 20:53】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第87歌

Nulla potest mulier tantum se dicere amatam
 vere, quantum a me Lesbia amata mea est.
nulla fides ullo fuit umquam foedere tanta,
 quanta in amore tuo ex parte reperta mea est.

どんな女性も,僕のレスビアが僕に愛されたほど,
 自分が本当に愛されたと言う事は出来ない,
どんな忠誠も,愛の誓いにおいて,決してこれほど大きいものではなかった,
 君への愛において,僕のほうに見出されるほどには.


【2006/10/25 20:18】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第83歌

Lesbia mi praesente viro mala plurima dicit:
 haec illi fatuo maxima laetitia est.
mule, nihil sentis? si nostri oblita taceret,
 sana esset: nunc quod gannit et obloquitur,
non solum meminit, sed, quae multo acrior est res,
 irata est. hoc est, uritur et loquitur.

レスビアは,夫の面前で僕に極めて多くの悪口を言う.
 そいつはその馬鹿には極めて大きな喜びだ.
驢馬野郎,お前は気がつかないのか?もし僕の事を忘れて黙っていれば,
 彼女は恋から癒えているのだ.今,彼女が罵り叱りつけるということは,
彼女は忘れていないだけでなく,それどころか,もっとずっと激しい事なのだが,
 怒っているということだ.つまり,彼女は燃え立ってしゃべっているのだ.


【2006/10/25 20:04】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルスとりあえず終わり

カトゥッルスはこれで,中山先生の翻訳がないものは全部翻訳し終えました.
これに加えて,もう20ほど翻訳すると全訳完成です.

2, 3, 7, 8, 14, 16, 25, 35-7, 50, 63, 83, 87, 92, 95, 107-9

もうここまで来たらいっその事全部訳してしまおうかと思います.63がちょっと長めですが,他は長くても20行ぐらいなので,年内には一応の全訳完成も夢ではないかもしれないですね.まあ翻訳の不正確さなどはこれからも点検改良しなければいけないとは思いますが.

しかし,来年には西洋古典叢書の第4回配本があるようなので,ひょっとするとそれにカトゥッルスが入っているのではないかなあとも思います.まあここでは対訳で読めるというのがちょっとメリットではありますが.


【2006/10/25 02:08】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第65歌 66歌への序

Etsi me assiduo confectum cura dolore
 sevocat a doctis, Ortale, virginibus,
nec potis est dulcis Musarum expromere fetus
 mens animi, tantis fluctuat ipsa malis --
namque mei nuper Lethaeo gurgite fratris   5
 pallidulum manans alluit unda pedem,
Troia Rhoeteo quem subter litore tellus
 ereptum nostris obterit ex oculis.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 numquam ego te, vita frater amabilior,   10
aspiciam posthac? at certe semper amabo,
 semper maesta tua carmina morte canam,
qualis sub densis ramorum concinit umbris
 Daulias, absumpti fata gemens Ityli.--
sed tamen in tantis maeroribus, Ortale, mitto 15
 haec expressa tibi carmina Battiadae,
ne tua dicta vagis nequiquam credita ventis
 effluxisse meo forte putes animo,
ut missum sponsi furtivo munere malum
 procurrit casto virginis e gremio,      20
quod miserae oblitae molli sub veste locatum,
 dum adventu matris prosilit, excutitur,
atque illud prono praeceps agitur decursu,
 huic manat tristi conscius ore rubor.

絶え間ない苦しみに疲れ果てた私を,心労が
 博識の乙女らより*1遠ざけており,
甘きムーサさの甘美な子を,私の思慮は
 生み出す事ができない,それほどの災いに,私の思慮は溺れているのだが??
なぜなら最近私の兄の青ざめた足を
 冥土の川の流れが濡らしたから.
その彼を,トローヤの地は,ロエテウム岬の岸の下で,
 私の眼から引きはがして奪い取ったのだ.
(欠行)
 私は決してあなたを,命よりも愛すべき兄よ,
この後に見る事はないのか.だが,確かに永遠に私は愛そう,
 永遠にあなたの死により悲しみに満ちた歌を歌おう,
ちょうど枝の繁った陰の下で,ナイチンゲールが
 命奪われたイテュロスの運命を嘆くが如く*2??
だがにもかかわらず,これほどの悲しみの中でも,オルタルスよ,私は
 バットゥスの子*3の歌を翻訳してあなたに送ろう,
あなたの言葉が,吹きすさぶ風にまかされて,空しく
 私の心からたまたま流れ出て行ったのだ,とあなたが思わないように.
ちょうど恋人に秘密に贈られた林檎が,
 哀れにも柔らかい服の下に置かれたことが忘れられて,
純潔な乙女の懐より転がりでて,
 母親が来て彼女が飛び上がった時に,振り落とされ,
そしてそれはまっしぐらにごろごろところがり,
 悲しげな彼女の顔には羞恥の赤みが広がるが如くに.


*1 ムーサら,つまり詩作のこと.
*2 オデュッセイア19.518以下では,パンダレオスの娘アエードーンは一人息子イテュロスをもつが,12子をもつニオベーを嫉妬し,その子を殺そうとして誤ってイテュロスを殺し,のちにナイチンゲール(ギリシァ語でアエードーン)となり,我が子の死を嘆く.一方,アテーナイ王パンディオーンの娘プロクネーは,自分の妹ピロメラを夫であるテーレウスに犯され,その怒りにより我が子イテュスを殺してテーレウスの食卓に供する.その後プロクネーはナイチンゲールに,ピロメラは燕に,テーレウスはヤツガシラに変身する.ここでどちらの逸話が取られているのかは不明.
*3 カッリマコス.その翻訳というのが,続く66歌(カッリマコスの本歌はfragm.110 (Pfeiffer)).


【2006/10/25 01:53】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


メレアグロス Gow-Page 91, A.P. 12.63

Sigw~n79Hra&kleitov e0n o1mmasi tou~t 0 e1pov au0da~|:
77(kai_ Zhno_v fle/cw pu~r to_ keraunobo/lon 0.
nai_ mh_n kai_ Dio/dwrov e0ni_ ste/rnoiv to/de fwnei~:
779kai_ pe/tron th/kw xrwti_ xliaino/menon 0.
du/stanov, pai/dwn o4v e0de/cato tou= me_n a)p 0 o1sswn
77lampa/da, tou~ de Po/qoiv tufo/menon gluku_ pu=r.

ヘーラクレイトスは黙したまま眼にてこの言葉を語る.
 「僕はゼウスの雷の火を焚き付けるだろう」
実にまた,ディオドーロスは,胸の中にてこの言葉を発する.
 「僕は石でさえも肌で暖めて溶かすのだ」
不幸なるかな,この子らの一方の眼から松明をもらい,
 もう一方の熱情によってくすぶる甘い火をもらうものは.


【2006/10/25 00:04】 Meleager | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第23歌 清貧

Furi, cui neque servus est neque arca
nec cimex neque araneus neque ignis,
verum est et pater et noverca, quorum
dentes vel silicem comesse possunt,
est pulcre tibi cum tuo parente     5
et cum coniuge lignea parentis.
nec mirum: bene nam valetis omnes,
pulcre concoquitis, nihil timetis,
non incendia, non graves ruinas,
non facta impia, non dolos veneni,   10
non casus alios periculorum.
atqui corpora sicciora cornu
aut siquid magis aridum est habetis
sole et frigore et esuritione.
quare non tibi sit bene ac beate?    15
a te sudor abest, abest saliva,
mucusque et mala pituita nasi.
hanc ad munditiem adde mundiorem,
quod culus tibi purior salillo est,
nec toto decies cacas in anno;     20
atque id durius est faba et lapillis,
quod tu si manibus teras fricesque,
non umquam digitum inquinare posses.
haec tu commoda tam beata, Furi,
noli spernere nec putare parui,     25
et sestertia quae soles precari
centum desine: nam sat es beatus.

フーリウス君,君には奴隷も無きゃ金庫もない,
南京虫も蜘蛛も火もない,
君にあるのは父親と義母だ,そいつらの
歯は火打石だって噛み砕けるやつだが,
君は君の生みの親と
そうしてその親の木偶の奥さんとうまくやっている.
でも不思議なことはない,なぜなら君らはみんな大変元気で,
ちゃんと消化もよくて,何にも恐れることはない,
火事だって,大災害だって,
神聖冒涜だって,毒を盛られることだって,
その他の危険なこともだって.
だがその上君らは,日差しや寒気や飢餓のせいで
角よりも,あるいはもっと乾いた何かよりも,
もっと乾いた身体をしている,
どうして君が幸せで裕福で無いだろうか?
君は汗もかかないし,よだれもたらさない,
鼻くそも,ひどい鼻水もたらさない.
この健康状態に,さらに健康な事を付け加えると,
君は塩壷よりもきれいなケツをしていて,
1年通して10回も糞をしない.
そうしてそれは豆よりも石よりも硬くなって,
君が手でそれを擦り磨いても
ちっとも指を汚す事がない.
こんな豊かな幸福を,フーリウス君,
君は馬鹿にしたり,つまらないなんて思っちゃいけない,
そして,君はいつも100セステルティウスをお願いしているが,
そいつをもう止めてくれ.君は充分裕福だから.


【2006/10/24 19:47】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第61歌209(216)-228(235)行[完結]

Torquatus volo parvulus
matris e gremio suae   210
porrigens teneras manus
dulce rideat ad patrem
 semihiante labello.   (220)

sit suo similis patri
Manlio et facile insciis   215
noscitetur ab omnibus,
et pudicitiam suae
 matris indicet ore.   (225)

talis illius a bona
matre laus genus approbet, 220
qualis unica ab optima
matre Telemacho manet
 fama Penelopeo.    (230)

claudite ostia, virgines:
lusimus satis. at boni   225
coniuges, bene vivite et
munere assiduo valentem
 exercete iuventam.  (235)

?????FINIS??????

私は望む,小さな小さなトルクヮートゥスが
自分の母親の懐から
柔らかい手を伸ばして
唇を半分あけて父親に
 可愛らしく笑いかけんことを.

その子が自分の父親
マンリウスに似ているように,そして
知らない者が見ても容易にそれが分るように,
そしてその母の貞節を
 顔にて示さん事を.

彼の名声が,善き母より
生まれし子たる事を証明せんことを,
最上の母より生まれた類い稀なる
名声がペーネロペーの子
 テーレマコスにあるが如く.

門を閉じよ,乙女らよ.
我らは充分戯れたり.だが
善き夫婦よ,善く生きよ,そして
常なる夫婦の義務のために,健やかな
 若さを振るえ.


【2006/10/24 19:46】 Catullus 61 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第61歌189(196)-208(215)行

at, marite, ita me iuvent
caelites, nihilo minus   190
pulcer es, neque te Venus
neglegit. sed abit dies:
 perge, ne remorare.   (200)

non diu remoratus es:
iam venis. bona te Venus  195
iuverit, quoniam palam
quod cupis cupis, et bonum
 non abscondis amorem. (205)

ille pulveris Africi
siderumque micantium   200
subducat numerum prius,
qui vestri numerare volt
 multa milia ludi.     (210)

ludite, ut lubet, et brevi
liberos date. non decet   205
tam vetus sine liberis
nomen esse, sed indidem
 semper ingenerari.    (215)

だが,花婿よ,--神々が
汝を助けんことを--劣らず
汝は麗し,そしてウェヌスも汝を
蔑ろにせず.だが,日は過ぎて行く.
 さあ,遅れるな.

汝は長くは遅れなかった.
今汝は来る.善きウェヌスが
汝を助けんことを,なぜなら
汝が欲することを汝は公然と欲しており,そして
 良き愛を汝は蔑まぬから.

アフリカの砂の数を,
そして煌めく星々の
数を先に数える事ができるだろう,
汝らの何千何万もの戯れの
 数を数えることを欲する者は.

赴くがままに戯れるが良い,そしてすぐに
子をもうけよ.かくも由緒正しき
名前が子なしであることは
相応しからず,同じ所より
 生まれ出ずるべし.


【2006/10/24 19:46】 Catullus 61 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ




PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。