ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス93歌

Nil nimium studeo, Caesar, tibi velle placere,
 nec scire utrum sis albus an ater homo.

僕はあなたを喜ばせたいなんて,カエサル様,全然そんなに頑張ってません,
 それに,あなたが白い人か黒い人か*を知ろうなんてことも.


*どのような人か,という意味の決まり文句.

スポンサーサイト

【2005/09/30 03:17】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス85歌

Odi et amo. quare id faciam, fortasse requiris?
 nescio, sed fieri sentio et excrucior.

僕は憎みそして愛する.どうしてそうするのかと,君はひょっとして聞くのかね?
 わからない,しかし僕はそうなるのを感じ,そして苛まれる.


【2005/09/30 03:10】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス58歌

Caeli, Lesbia nostra, Lesbia illa,
illa Lesbia, quam Catullus unam
plus quam se atque suos amavit omnes,
nunc in quadriviis et angiportis
glubit magnanimi Remi nepotes.

カエリウスよ,わがレスビアが,あのレスビアが,
カトゥッルスが自分と自分の身内以上に愛していた
かのレスビアが
今や四つ辻と中通りで
偉大なレムスの末裔たちを筆おろししてる.


韻律:hendicasyllable
XX-UU-U-U-U


【2005/09/30 03:07】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス104歌

Credis me potuisse meae maledicere vitae,
 ambobus mihi quae carior est oculis?
non potui, nec, si possem, tam perdite amarem.
 sed tu cum Tappone omnia monstra facis.

君は僕が僕の命の女性に悪口を言う事ができたと思うのか?
 僕にとって両の眼よりも大切な女に?
僕はできないよ,もしできるなら,これほどまでに死ぬ程愛しはしなかったろう.
 だが,君はタッポーと一緒に,とんでもない悪さをしてるんだな.*


*意味は不明.このtuとTappoが,詩人が女性の悪口を言っていると吹聴していることをomnia monstra facisと言っているのかもしれない.


【2005/09/29 03:57】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ソピステース
ぼちぼちソピステースを読み始めていますが,まともな注釈がないというのはちょっときついですね.クリトーンや弁明などは日本ですら注釈が出ていて,ちょっと掻き集めれば数冊手に入りますが,ソピステースはStallbaumの一冊のみ.それもそんなに詳しくはない上,再版は活字が擦り切れていて目に厳しい上に,ラテン語…….結局は語学的注釈は自分のギリシア語能力という,極めておぼつかない物になってしまいそうです.哲学的な注釈としては,納富信留『ソフィストと哲学者の間:プラトン『ソフィスト』を読む』が,かなり役立ちそうですが…….

【2005/09/29 03:02】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) | 記事修正

TOPへ


ホラーティウス『歌集』1巻4歌

Solvitur acris hiems grata vice veris et Favoni,
 trahuntque siccas machinae carinas,
ac neque iam stabulis gaudet pecus aut arator igni,
 nec prata canis albicant pruinis.

iam Cytherea choros ducit Venus imminente luna,   5
 iunctaeque Nymphis Gratiae decentes
alterno terram quatiunt pede, dum gravis Cyclopum
 Vulcanus ardens visit officinas.

nunc decet aut viridi nitidum caput impedire myrto,
 aut flore terrae quem ferunt solutae;       10
nunc et in umbrosis Fauno decet immolare lucis,
 seu poscat agna sive malit haedo.

pallida Mors aequo pulsat pede pauperum tabernas
 regumque turris. o beate Sesti,
vitae summa brevis spem nos vetat incohare longam;  15
 iam te premet nox fabulaeque Manes

et domus exilis Plutonia; quo simul mearis,
 nec regna vini sortiere talis
nec tenerum Lycidan mirabere, quo calet iuventus
 nunc omnis et mox virgines tepebunt.        20


韻律: 第3アルキロコス風ストロペー

  ― UUUU ― | UU ― UU || ― U ― U ― ―
   ― ― U ― U || ― U ― U ― ―
  ― UUUU ― | UU ― UU || ― U ― U ― ―
   ― ― U ― U || ― U ― U ― ―





春の西風が喜ばしくも巡り,凍てつく冬は解け,
 乾いた船を滑車は牽いている,
そして今や家畜は畜舎を喜ばず,農夫も火を喜ばない,
 牧場も灰色の霜で白くなることはない.

今や,月が懸かる時,キュテーラのウェヌスは歌舞隊を率い,(5)
  ニンフたちと連れだって,優雅な「恵み」たちは
かわるがわる足で大地を打ち,巨大なウゥルカーヌスはその間
 燃え立ってキュクロープスらの仕事を見回る.

今こそ油で光る頭を青々とした天人花や
 解けた大地がもたらした花で巻くに相応しく,(10)
今こそ鬱蒼とした森の中でファウヌスに生贄をする時,
 彼が小羊を欲しようと,あるいは小山羊を欲しようと.

青ざめた死は,貧者の小屋も,王達の塔も,
 公平な足で戸を叩く,おお,恵まれしセスティウスよ,
人生の最上の時は短く,我らに望みを長く延ばすことを禁じている.(15)
 今や,あなたを,夜と神話に出てくる死霊と

プルートーの惨めな家が苛むだろう.そこに一旦行ったが最期,
 このような葡萄酒の幹事を籤で決めることもないだろうし,
ほっそりしたリュキダースを賛嘆することもないだろう,今
 全ての若者は身を火照らせ,やがて乙女らが恋いこがれるそのリュキダースを.(20)


【2005/09/27 22:49】 Horatius Carmina | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


Nisbet-Rudd: Horace: Commentary, Book III
R.G.M. Nisbet and Niall Rudd. A Commentary on Horace: Odes, Book III. Oxford: Oxford U.P., 2004. ISBN:0199263140 (Hard cover)

ニズベット先生のホラーティウスの注釈,パートナーをハバード女史からラッドさんに代えて,第3巻の注釈を出していたのでした.去年すでに出ていたのに,全然知りませんでした.
ホラーティウスを読んだ事のない人が,これを使って,直接ホラーティウスを読む事はまずできないと思いますが,辞書的な価値は非常に高いと思います.しかし日本円で20000円…….OLDのほぼ半額ですから,値段も大辞書並みです.ペーパーバックが出たら買いたいですが,多分2-3年はでないでしょうね.

以下は書評です(ドイツ語).
Reviewer: Peter Habermehl



【2005/09/27 13:54】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ピンダロス『ネメア祝勝歌』9 第4ストロペー(16-20)
a0ndroda/mant 070Erifu/lan, o3rkion w9v o3te pisto/n,
do/ntev Oi0klei/da| gunai=ka, canqokoma=n Danaw~n
77h]san me/gistoi. <dh_ to/qen>
kai/ pot 0 e0v e9ptapu/louv
77Qh/bav a1gagon strato_n a0ndrw~n ai0sia=n
ou0 kat 0 o0rni/xwn o9do/n: ou0de_ Kroni/wn
77a0steropa_n e0leli/caiv oi1koqen margoume/nouv
stei/xein e0pw/trun 0, a0lla_ fei/sasqai keleu/qou.

夫を破滅させるエリピュレーを,その時忠実の誓として
オイクレースの息子に妻として与えた時,彼らは金髪のダナオイらの
 最大の権力者であった.そこから,
かつて彼らは,七つの門の
 テーバイへと軍隊を率いたが,それは
吉兆なしの道を通ってであった.また,クロノスの子も
 稲光りを振るわず,猛り狂う彼らを家から
旅立つことを勧めず,行軍をとどめようとした.


【2005/09/27 13:31】 Pindarus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


キケロー『デーイオタルス王弁護』11
11 1 cum audiret senatus consentientis auctoritate arma sumpta, consulibus, praetoribus, tribunis plebis, nobis imperatoribus rem publicam defendendam datam, movebatur animo et vir huic imperio amicissimus de salute populi Romani extimescebat, in qua etiam suam esse inclusam videbat. 2 in summo tamen timore, quiescendum esse arbitrabatur. 3 maxime vero perturbatus est, ut audivit consules ex Italia profugisse, omnis consularis -- sic enim ei nuntiabatur--, cunctum senatum, totam Italiam effusam. 4 talibus enim nuntiis et rumoribus patebat ad orientem via, nec ulli veri subsequebantur. 5 nihil ille de condicionibus tuis, nihil de studio concordiae et pacis, nihil de conspiratione audiebat certorum hominum contra dignitatem tuam. 6 quae cum ita essent, tamen usque eo se tenuit, quoad a Cn. Pompeio legati ad eum litteraeque venerunt.

11 1 彼が,元老院の一致した意志により,武器が取られ,執政官,法務官,護民官,ならびに我々司令官に,国家を護るべく委ねられたことを聞いた時,彼は心中動揺し,この国家に最も親しい者だったからこそ,この者は,ローマ国民の安全を憂慮し,その中には,自分自身のそれも含まれていることを理解していました. 2 それでも,かれは最大の恐怖の中にいても,落ち着いているべきだと考えていました. 3 しかし,執政官がイタリアから脱出し??というのも,そのように彼に伝えられていたのですが??,全ての執政官経験者,全元老院,全イタリアが外へ流出したと,彼が聞いたとたん,彼はもっともひどく混乱してしまいました.4 というのも,東方へは,そのような流言飛語の道が開けており,そしていかなる真実もそれに伴う事はなかったのです.5 彼は,あなたの状況についても,協調と和平への努力についても,ある人々による,あなたの威厳に対する陰謀についても,全く何も耳にする事はなかったのです.6 こういった事情があったのですが,それでも彼は,グナエウス・ポムペイユスからの使者と手紙が来るまでは,行動を起こさなかったのです.

【2005/09/27 01:49】 Cicero Pro rege Deiotaro | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス76歌 報われぬ恋

Siqua recordanti benefacta priora voluptas
 est homini, cum se cogitat esse pium,
nec sanctam violasse fidem, nec foedere nullo
 divum ad fallendos numine abusum homines,
multa parata manent in longa aetate, Catulle,  5
 ex hoc ingrato gaudia amore tibi.
nam quaecumque homines bene cuiquam aut dicere possunt
 aut facere, haec a te dictaque factaque sunt.
omnia quae ingratae perierunt credita menti.
 quare iam te cur amplius excrucies?      10
quin tu animo offirmas atque istinc teque reducis,
 et dis invitis desinis esse miser?
difficile est longum subito deponere amorem,
 difficile est, verum hoc qua lubet efficias:
una salus haec est, hoc est tibi pervincendum, 15
 hoc facias, sive id non pote sive pote.
O di, si vestrum est misereri, aut si quibus umquam
 extremam iam ipsa in morte tulistis opem,
me miserum aspicite et, si vitam puriter egi,
 eripite hanc pestem perniciemque mihi,   20
quae mihi subrepens imos ut torpor in artus
 expulit ex omni pectore laetitias.
non iam illud quaero, contra me ut diligat illa,
 aut, quod non potis est, esse pudica velit:
ipse valere opto et taetrum hunc deponere morbum. 25
 o di, reddite mi hoc pro pietate mea.

自分が正しい生き方をし,(2)*
 神聖な忠誠を破ることなく,いかなる約束においても(3)*
神々の権威を人を騙すために悪用したことがないと思う時,(4)*
 もし以前の善行を思い出す人に,なんらかの喜びがあるとすれば,(1)*
カトゥッルスよ,お前には,長い人生において(5)
 この恩知らずの愛から生じる,多くの喜びが待っていることだろう.
なぜなら,人が誰かにによく言ってあげたり,
 よい行いができるような事は何であれ,お前によって言われ,為されて来たのだから.
不実な心に委ねられたそれら全ての事は,台なしになった.
 どうしてお前は,その上さらに自分を苦しめることがあろうか.(10)
心をしっかりさせて,あそこから身を引き,
 そして神々の意志に反して哀れな者でいることを止めようではないか.
長い愛をすぐに捨てるのは難しい,
 難しいが,これをどんな方法を使ってでも,成し遂げよ.
唯一の救いはこれだけだ,これをお前は打ち勝たなければならない,(15)
 これをしろ,それが出来ようと出来まいと.
おお神々よ,もし哀れむ事があなた方の仕事であれば,あるいは,もし誰かにかつて
 死の間際にあって,最期に助力をお与えになったことがあれば,
哀れな私を顧みて下さい,もし私が人生を正しく生きていたなら,
 私からこの病と破滅を奪い去って下さい.(20)
それはちょうど麻痺のように,私の四肢の深い所に入り込み,
 心全体から喜びを追い出してしまいました.
今や,私はそれを求めません,逆に,彼女が私を望みますように,
 あるいは,もしそれができなければ,彼女が慎ましくあることを欲しますように.
私自身,元気になることを,そして,この嫌な病を捨てる事を望みます.(25)
 おお,神々よ,私の正しい生きざまの報酬として,これを私にお与え下さい.


*翻訳上の都合で行を入れ替えた.


【2005/09/26 03:37】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス106歌
Cum puero bello praeconem qui videt esse,
 quid credat, nisi se vendere discupere?

もし綺麗な男の子と一緒に,競売人がいるところを誰かがみたなら,
 自分を売る以外に,何をすると思うかね?

【2005/09/25 12:30】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


キケロー『デーイオタルス王弁護』10 注釈
本文と翻訳

1 cum ... liberares: cum+接続法未完了過去は,歴史的cumで,主文は同時に起っている付随的な状況を意味する(これに対して直接法の場合は純粋に時間的.G-L 585,詳しくはK-S 2,345 Anmerk.1, 2を参照).

maximis ... rebus liberares: maximis rebusは分離の奪格(G-L 390).

2 non solum ... non ..., sed: 「...しなかったばかりか,...さえする」

liberavisti, agnovisti, reliquisti: トリコロン(tricolon).

3 odio tui: 「あなたに対する憎悪」tuiは目的語的属格(G-L 364.N.2).

progressus: estを補う.progressusの意味は2通り考えられる.
 a.カエサルに対して軍を進めたこと(この時はodio tuiは「憎しみが原因で」).事実関係では正しい.
 b.度を超えた行動をしたこと(odio tuiは「あなたに対する憎悪の点で」),つまり「憎しみの余り度を超えたことをした」(cf. Glücklich 該当箇所.こちらはlapsus estとの対比の点では上手く合う.
 翻訳ではaで解釈している.上村はbで翻訳している.OLDのprogrediorの項は,意味の分類が不十分.

errore communi lapsus est: 「共通の過ちによって失敗をした」=「共通の過ちに陥った」communi erroreの奪格は原因の奪格.communi「共通の」は,nobis communis「我々ローマ人と同じ」という意味であることは,続く文から明らかになる.

4. is rex, quem ...: isはquemのかかる名詞を明確化している.

quem ... appellavisset, quique ... duxisset: 2つ以上の関係代名詞が並列される場合,もしそれが対等の要素なら-queやetで繋がれ(この場合のように),そうでない場合,つまりどちらかが従属的である場合は,繋ぎはつけない(複数の関係節が関わる規則についてはK-S 2,323-7を参照).この接続法は理由の接続法(cf.Gotoff ad loc.).

ab adulescentia: 「青年期から」.通常adulescentiaは少年期と盛年期の間の,14-30歳.上村の「幼少期」は少し早過ぎ.

homo longinquus et alienigena: 「遠方の,異民族の生まれにもかかわらず」.譲歩が文脈から読み取られる.

quibus nos ... versati: quibusはisdem rebusにかかる.この関係文は動詞を欠いているが,主文からperturbati sumusを補う.




【2005/09/25 01:53】 Cicero Pro rege Deiotaro | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ハリケーン再来襲
アメリカに再び大ハリケーンが来たようです.
もうそろそろ上陸するようですが,ヒューストン近辺ではまだ非難の自動車が大渋滞をしているようですから,下手をすると,そのままリタを迎えそうです.
しかしそんな所に,日本人の特派員がわざわざ出かけて言って取材しているのですが,彼らは大丈夫なんでしょうかねえ.

【2005/09/24 16:04】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


キケロー『デーイオタルス王弁護』10節
10 1 ita cum maximis eum rebus liberares, perparvam amicitiae culpam relinquebas. 2 itaque non solum in eum non animadvertisti, sed omni metu liberavisti, hospitem agnovisti, regem reliquisti. 3 neque enim ille odio tui progressus, sed errore communi lapsus est. 4 is rex, quem senatus hoc nomine saepe honorificentissimis decretis appellavisset, quique illum ordinem ab adulescentia gravissimum sanctissimumque duxisset, isdem rebus est perturbatus homo longinquus et alienigena, quibus nos in media re publica nati semperque versati.

10 1 このように,あなたが彼にもっとも重大な叱責を免じた時に,残していたのは極めて小さな友情に対する非難だったのです.2 したがって,あなたは,彼を罰しなかっただけではなく,あらゆる恐怖から解放し,賓客として認め,王として残しました.3 そして実際,彼はあなたに対する憎しみのために軍を進めたのではなく,皆に共通する過ちに陥っていたのです.4 元老院が最高の栄誉を付与する決議において,彼をしばしばこの名で呼び,そしてその階級を,青年期よりもっとも重要かつ神聖なるものと考えて来たようなその王ですから,彼は,遥か遠方の,異民族の生まれにもかかわらず,我々共和国のまっただ中に生まれ,常にそこにいた所の人間がそうであったのと同じ事情によって翻弄されたのです.


【2005/09/24 14:18】 Cicero Pro rege Deiotaro | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ピンダロス『ネメア祝勝歌』9 第3ストロペー(11-15)
ピンダロス『ネメア祝勝歌』9 第3ストロペー(11-15)

o4v to/te me_n basileu/wn kei=qi ne/aisi/ q 0 e9ortai=v
i0sxu/ov t 0 a0ndrw~n a9mi/llai=v a3rmasi/ te glafuroi=v
77a1mfaine kudai/nwn po/lin.
feu=ge ga_r70Amfia/rhn
77pote_ qrasumh/dea kai_ deina_n sta/sin
patri/wn oi1kwn a0po/ t 071Argeov: a0rxoi_
77d 0 ou0k e1t 0 e1san Talaou= pai=dev, biasqe/ntev lu/a|.
kre/sswn de_ kappau/ei di/kan ta_n pro/sqen a08nh/r.


その時,そこで支配していたその彼は,新しい祭と
男達の力競べと,うつろな戦車競技によって
 町を称え,照らし出した.
というのも,かつて彼は謀に長けたアムピアレースと
 恐ろしい状態を避け,
父祖の家とアルゴスから逃げた.そして,もはやタラオスの息子達は
 支配者ではなかった.彼らは派閥闘争で打負かされ,
 勝った男は,かつてあった正義を止めた.


【2005/09/23 03:59】 Pindarus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ピンダロス『ネメア祝勝歌』9 第2ストロペー(6-10)
ピンダロス『ネメア祝勝歌』9 第2ストロペー(6-10)
e1sti de/ tiv lo/gov a0nqrw/pwn, tetelesme/non e0slo/n,
mh_ xamai_ siga|= kalu/yai: qespesi/a d 0 e0pe/wn
77kau/xav a0oida_ pro/sfopov.
a0ll 0 a0na_ me_n bromi/an
77fo/rmigg 0, a0na_ d 0 au0lo_n e0p 0 au0ta_n o1rsomen
i9ppi/wn a0e/qlwn korufa/n, a3te Foi/bw|
77qh=ken71Adrastov e0p 070Aswpou= r9ee/qroiv: w[n e0gw/
mnasqei_v e0paskh/sw klutai=v h3rwa timai=v,


だが,人々が言う,ある言葉がある.「優れた業績は
地面において,沈黙によって隠してはならない」実に,言葉による,
 神々しく甘美な自慢の歌こそ相応しい.
さあ,高らかに叫ぶポルミンクスを,
 そして笛を,まさにその騎馬競技の
頂点へと持ち上げよう.それをポイボスの為に
 アドラストスは,アソーポスの流れのそばで為し遂げた.それらを私は
思い出しつつ,名高い名誉によって英雄を賛美しよう,


【2005/09/23 03:49】 Pindarus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


デーイオタルス王弁護
http://blog-imgs-1.fc2.com/l/i/t/litterae/Cicero_ProRDeiotaro.html

注釈などをつけながら,以前作りかけていたものです.ブログで作業したほうが,マメに作業しそうなので,こちらに持って来ます.

【2005/09/22 23:14】 Cicero Pro rege Deiotaro | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス52歌 世も末

Quid est, Catulle? quid moraris emori?
sella in curuli struma Nonius sedet,
per consulatum peierat Vatinius:
Quid est, Catulle? quid moraris emori?

どうしたんだ,カトゥッルスよ,どうして死ぬのを躊躇しているのか?
高官の椅子に,あの腫物のノーニウスが座っているぞ,
執政官職にかけて,とヴァティーニウスが偽誓をしているぞ,
どうしたんだ,カトゥッルスよ,どうして死ぬのを躊躇しているのか?


韻律:Iambic trimeter
x ― U ― x || ― U ― U ― U U


【2005/09/22 02:11】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カッリマコス エピグラム Pf.40 (Gaw-Page 48, AP 7.728)
9Iere/h Dh/mhtrov e0gw/ pote kai__ pa/lin Kabei/rwn,
77w[ner, kai_ mete/peita Dindumh/nhv
h9 grhu%v geno/mhn, h9 nu=n ko/niv hno ....
77pollw~n prostasi/h ne/wn gunaikw~n,
kai/ moi te/kn 0 e0ge/nonto du/ 0 a1rsena, kh0pe/musa kei/nwn
77eu0gh/rwv e0ni_ xersi/n: e3rpe xai/rwn.
私はかつてデーメーテールの女司祭であり,そして再びカベイロイの女司祭となり,
 道行く人よ,そしてそれからディンデュメネーの女司祭となった
老婆だ.その私は今や灰に... (なってしまった?)
 多くの若い娘達の指導者であった.
そして私には,二人の力強い男の子が生まれ,そして幸せな老後を
 送った後,彼らの手の中で目を閉じた.行け,さようなら.


【2005/09/21 02:57】 Callimachus Epigrammata | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カッリマコス エピグラム Pf.39 (Gaw-Page 19, AP 13.25)
77Dh/mhtri th=| Pulai/h,
77th=| tou=ton ou9k Pelasgw~n
0Akri/siov to_n nho_n e0dei/mato, tau~q 0 o9 Naukrati/thv
77kai_ th=| ka/tw qugatri/
77ta_ dw~ra Timo/dhmov
ei3sato tw~n kerde/wn dekateu/mata: kai_ ga_r eu1caq 0 ou3twv.
 ピュライのデーメーテールの為に--
 その女神にはペラスゴス出身の
アクリシオスが,この祠を捧げたのだが--,ナウクラティスの人,
 ティーモデーモスが,また,地下の娘*の為にも,
 贈り物として
利益の10分の1税を捧げた.とうのも,またそのように誓っていたのであるが.


*ペルセポネー.デーメーテールの娘.


【2005/09/21 02:37】 Callimachus Epigrammata | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カッリマコス エピグラム Pf.37 (Gaw-Page 17, AP 13.7)
9O Lu/ktiov Meni/tav
ta_ to/ca tau=t 0 e0peipw/n
e1qhke:79 th=, ke/rav toi
di/dwmi kai_ fare/trhn,
Sa/rapi: tou_v d 0 o0i+tou/v
e1xousin79Esperi=tai.
リュクトス*のメニタースが
こう語りつつ 弓を
捧げた 「お取り下さい 私は弓を あなたに
捧げます そして 矢筒もです
サラピス様. 矢のほうはといえば
ヘスペリス**の人々が持って言ってしまったので.


*クレタは弓矢で有名だったが,そこの一つの町. 
**不明.恐らく,矢を使う兵隊の事(詳しくはGow-Page ad loc.).


【2005/09/21 01:22】 Callimachus Epigrammata | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ペトローニウス『サテュリカ』
 ローマ文学の中で,何が奇書といって,ネロ宮廷の趣味の判断者ペトローニウスの『サテュリカ』程,抱腹絶倒エログロナンセンスな本はないでしょうね.
 ギリシア・ローマでは余り残されていないのですが,ジャンルとしては,メニッポス風サトゥラというもので,散文に韻文が混ぜ合わせられている独特の文体です(他にはセネカのアポコロキュントシス』があるぐらいです).詩がたまにはさまれている小説といっていいでしょうか.
 全体はかなり大部なもので,現在残っているのはその僅かな部分(16,17巻らしい)に過ぎません.復元される筋は,不品行の代名詞のような主人公がなんらかの悪行で,プリアポスの怒りを買って不能となり,彼の愛人ギトーンと離れたりくっついたり間にライバル(これも相当のつわものです)が入ったりしながら,ギリシア・ローマの世界を,この神の怒りによってひどい目に合いながら旅してあるく,という話のようです.もちろん,これはオデュッセイアのパロディーである一方,ギリシアで読まれていた小説を反映するものでもあります(これらはレベル的には低く,また余りに通俗的過ぎるため,殆どが写本伝承に入る事ができず,比較的新しいもののみが残っていますが,それらも読むに値するレベルとは思えません).
 幸い,国原吉之助先生による畢生の翻訳があって,楽しく読む事ができます(岩崎先生訳も存在します).
 表面はまあばかばかしい限りの話ですが,恐ろしいのはこれらの一見ばかばかしいジョークなどが,実は膨大なギリシア・ラテンの様々な知識を下敷きにして書かれたパロディーらしく,本当の意味が分るためには,この作者ペトローニウスが持っていたであろう膨大な知識を共有していなければいけないのです.そういうわけで,研究する際には,決して甘く見てはいけない作品なのです.それから,多くの部分を占める,『トリマルキオーの饗宴』の部分は,解放奴隷の成り金たちのパーティーなのですが,これが当時の下層の人々の言語状態を反映している貴重な俗ラテン語の言語資料でもあります.もちろん,これを理解するためには,基本的なラテン語文法を確実に抑えている必要があることはいうまでもありません.
 通俗的楽しみ方から,高度な知識を要求される解釈まで,この本の楽しみ方はさまざまですが,残念ながら,入手可能な範囲では,全体の注釈はまだありません.研究するなら,かなり古い注釈を,海外の図書館に注文する必要があります.

 以下で,めぼしい資料などを……

校訂本

Müller, Konrad Ed. Petroni Arbitri Satyricon Reliquiae. Bibliotheca Teubneriana. 4.Ed. Stuttgardiae/Lipsiae: Teubner, 1995.

Buecheler, Franciscus. Ed. Petronii Saturae et Liber Priapeorum. Adiectae sunt Varronis et Senecae Saturae Similesque Reliquae. 6. Ed. curavit Guilelmus Heraeus. apud Weidmannos: Berolini, 1922.

注釈

Smith, Martin S. Petronii Arbitri Cena Trimalchionis. Oxford: Clarendon Press, 1975. Paperback 1982.
『トリマルキオーの饗宴』のみの注釈.この本が出た時に,J.P.Sullivanによる注釈作成が進行中と言われていましたが,全然完成する気配もありません.

翻訳

Müller, Konrad Ed. Wilhelm Ehlers Tr. Petronius Satyrica: Schelmenszenen. Sammlung Tusculum. 3. Aufl. 1983.
このテクストは上のTeubnerの校訂本と同じですから,一冊買うとすれば(特にドイツ語に強ければ),これだけで何とか済みます.

ペトロニウス作,国原吉之助訳『サテュリコン : 古代ローマの諷刺小説』岩波文庫 赤-122-1.東京:岩波,1991.
有り難い翻訳.これだけで楽しめます.

映画

フェデリコ・フェリーニ監督『サテリコン』イタリア,1969.
未見でしたが,最近レコード屋さんに見つけました.買ってみたらなにか報告します(というか実はこの為にのみ,投稿を作りました(笑)).


ちなみに……題名がしばしばSatyriconとなっていますが,これは本来はSatyricaが正式な題名で,これのギリシア語式の属格になって,Satyricon libriとなっていたものを,間違えてSatyriconというのが題名だと思ったようです.意味は『サテュロス的物語』というぐらいのものでしょう.

【2005/09/20 04:27】 ORATIONES SOLUTAE LATINAE | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ホラーティウス『歌集』1巻30歌

O Venus, regina Cnidi Paphique,
sperne dilectam Cypron et vocantis
ture te multo Glycerae decoram
 transfer in aedem.
fervidus tecum puer et solutis   5
Gratiae zonis properentque Nymphae
et parum comis sine te iuventas
 Mercuriusque.

おお,ウェヌスよ,クニドスとパポスの女王よ,
愛おしいキュプロスをすてて,
沢山の香を焚いてあなたを呼んでいるグリュケラの,
 美しく飾られた社に来て下さい.
あの激しい子*もあなたと一緒に,そして,
帯をほどいた『優美』たちとニンフたちも,
そして,あなたなしでは殆ど愛想のない『若さ』と
 メルクリウスも,急いで来ますように.


*クピードー.

韻律:Sapphic stanza
-U-- -UU- U-U
-U-- -UU- U-U
-U-- -UU- U-U
 -UU-U


【2005/09/20 02:30】 Horatius Carmina | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


なんだか……
ギリシア語ばかり投稿しています.看板に偽りありになってしまいそう……

【2005/09/20 01:55】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カッリマコス エピグラム Pf.20 (Gaw-Page 32, AP 7.517)
0Hw~|oi Mela/nippon e0qa/ptomen, h0eli/ou de/
77duome/nou Basilw_ ka/tqane parqenikh/
au0toxeri/: zw/ein ga_r a0delfeo_n e0n puri_ qei=sa
77ou0k e1tlh. di/dumon d 0 oi]kov e0sei=de kako/n
patro_v70Aristi/ppoio, kath/fhsen de_ Kurh/nh
77pa=sa to_n eu1teknon xh~ron i0dou=sa do/mon.
朝早くに我々はメラニッポスを葬った.だが,日が沈むと,
 乙女バシローは自らの手で死んだ.
というのも,兄弟を火の中に老いて生きることに
 耐えられなかったから.二重の不幸を
父アリスティッポスの家は見た,そしてキュレーネー
 全体が,かつて子宝に恵まれ,今子を奪われた家を悲しんだ.


【2005/09/20 01:51】 Callimachus Epigrammata | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カッリマコス エピグラム Pf.18 (Gaw-Page 38, AP 7.272)
Na/ciov ou0k e0pi_ gh~v e1qanen Lu/kov, a0ll 0 e0ni_ po//tnw|
77nau=n a3ma kai_ yuxh_n ei]den a0pollume/nhn,
e1mporov Ai0gi/nhqen o3t 0 e1plee: xw0 me_n e0n u9grh=|
77nekro/v, e0gw_ d 0 a1llwv ou1noma tu/mbov e1xwn
khru/ssw pana/lhqev e1pov to/de:79feu=ge qala/ssh|
77summi/sgein70Eri/fwn, nauti/le, duome/nwn. 0
ナクソスのリュコスは陸では死なず,海で
 船と一緒に魂も滅びるのを見た.
それは商人として,アイギナから航海した時の事.そして,彼のほうは海で
 亡骸となり,私の方は墓となって只の名前を持ち,
この全くの真実の言葉を伝える.「仔山羊座が沈んでいる時は
 船乗りよ,海と関わる事を避けよ.」


【2005/09/20 01:28】 Callimachus Epigrammata | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カッリマコス エピグラム Pf.13 (Gaw-Page 31, AP 7.524)
}H r9 0 u9po_ soi_ Xari/dav a0napau/etai;79 ei0 po_n70Ari/mma
77tou= Kurhnai/ou pai=da le/geiv, u9p 0 e0moi/.70
w] Xari/da, ti/ ta_ ne/rqe;79polu_ sko/tov.707ai9 d 0 a1ndoi ti/;
77 9 yeu=dov. 07o9 de_ Plou/twn;79mu=qov. 07a0polo/meqa.
9 ou[tov e0mo_v lo/gov u1mmin a0lhqino/v: ei0 de_ to_n h9du/n
77bou/lei, Pellai/ou bou=v me/gav ei0n70Ai5dh|. 0
お前の下にカリダースが休んでいるのか?「もしキュレーネーの
 アリムマスの子のことを言っているなら,私の下にいる.」
カリダースよ,下の方はどうなっている?「ひどい暗闇だ.」上への道はどうだ?
 「嘘だ.」では冥界は?「おとぎ話さ.」もう絶望だ.
「私のこの話は君たちに信頼できるものだ.だが,お前が安心出来る事を
 望むなら言うが,ハデスでは大きな牛が1ペッラ貨だ*.」


*最低の貨幣通貨のことを指すらしい.冥界では物価が安いということは諺的であったらしく,また,このペッラ貨には実際に牛が刻印されていた(cf.Gow-Page ad loc.).カリダースの言葉は,冥界の予想を裏切るものだが,カリダースは,最後に冗談めかして,安心させるための言葉を言っている,というものらしい.ひょっとすると,死者にペッラ貨を持たせる習慣などもあったのかもしれない.


【2005/09/19 22:20】 Callimachus Epigrammata | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カッリマコス エピグラム Pf.8 (Gaw-Page 58, AP 9.566)
Mikrh/ tiv, Dio/nuse, kala_ prh/ssonti poihth|=
77r9h~siv: o9 me_n79 Nikw~70 fhsi_ to_ makro/taton,
w[| de_ su_ mh_ pneu/sh|v e0nde/ciov, h1n tiv e1rhtai
77 9 pw~v e1balev; 07fhsi/:79sklhra_ ta_ gigno/mena. 0
tw|~ mermhri/canti ta_ mh_ e1ndika tou=to ge/noito
77tou}pov: e0moi_ d 0, w]nac, h9 braxusullabi/h.
ディオニュソス様,上首尾にやっている詩人の語ることは
 短いものです.かれは精々長くて「勝った」というものですが,
しかし,もしあなたが好意的に息をかけなかった人に,誰かが
 「どう言う調子だ?」と聞いた時には,彼は「難しい感じになっている」というものです.
この言葉は,不正を企んでいる者の
 言葉です.私のはといえば,神様,短い音節のほうですが.


※恐らく,悲劇のコンテストの際の,ディオニュソス神への,カッリマコスの祈りの言葉を再現したか,想定したもの.レニズム詩人の理想である,短い詩が最上のもの,というコンセプトを利用して,いい詩人が上手くいった時に言う言葉も短く,そうでないものは長い返事をするという,高度なウィットが隠されている.


【2005/09/19 03:41】 Callimachus Epigrammata | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カッリマコス エピグラム Pf.2 (Gaw-Page 34, AP 7.80)
Ei]pe/ tiv,79Hra/kleite, teo_n mo/ron, e0v de/ me da/kru
77h1gagen: e0mnh/sqhn d 0 o9ssa/kiv a0mfo/teroi
h3lion e0n le/sxh| katedu/samen. a0lla_ su_ me/n pou,
77cei=n 079Alikarnhseu=, tetra/palai spodih/,
ai9 de_ teai_ zw/ousin a0hdo/nev, h[|sin o9 pa/ntwn
77a9rpakth_v70Ai5dhv ou0k e0pi_ xei=ra balei=.
誰かが,ヘーラクレイトスよ,お前の死について語った,そして,私に涙を
 流させた.そして,私は思い出した,幾度我々二人が
おしゃべりに日を暮らしたかを.しかし,君自身はどこかで,
 ハリカルナッソスの友よ,ずっとずっと昔に灰となっているが,
だがお前の夜啼鶯(歌)は生きている.その歌には,全てを
 奪う死も,手を出す事はできないのだ.


【2005/09/19 02:52】 Callimachus Epigrammata | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


インデックス
http://blog-imgs-1.fc2.com/l/i/t/litterae/IndexLocorum.html

あまり量が増えると,自分でも確認するのにブログの中を彷徨うことになるので,インデックスを作りました.カテゴリーの所で,10以上の数のものを取りあえずインデックスにしています.それ以外は,カテゴリーで確認して下さい.また,新しいものはブログの新着で確認して下さい.

【2005/09/18 21:38】 VARIA | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ




PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。